スポンサーリンク

【ネタバレ】ちえまみ、二人の歪んだ関係のゆくえは?まみりこ編12話

スポンサーリンク
ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12(小学館)

『まみりこなんて潰れればいいんだよ!きらいきらい大きらい!!』

まみりこの言葉に、完全敗北を悟ったちえさん。

真実&ド正論に、居ても立っても居られず手を振り上げ強烈なビンタをかます!!

世間公認(?)の親友二人の熱いバトルに視聴者も釘付けになるが、ビンタの迫力でスマホが飛びちえチャンネルは配信停止笑

…そして漏れるちえさんの曇りなき本音。

好きだからこそ協力してきたし、嫌いだからこそ足を引っ張った。

相反する感情のようで、ちえさんは心の底からまみりこのことが大好きだったんだろうなぁ

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12(小学館)

『私が思っているように、まなみにも私を見て欲しかったのーーーーー!!』

策に嵌めようとして、策に溺れたちえさん。

いつでもなんでもまみりこは思い通りに生きてきて、自分はそう上手くいかない。

まみりこのために…と尽くして尽くして頑張っても、その視界にも入れないことがちえさんは凄く悲しかった模様。

この図式は、かつての

まみりこ→愛莉

に似てるかもなぁ。

大嫌い、ほど、大好きに近い感情はないもんね。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12(小学館)

『疲れたの…』

自分のことを下に見て、利用するだけしてきたまみりこ。

自分が思うのと同じくらい、まみりこにも思って欲しかったちえさん。

そんなちえさんの胸中を聞いたまみりこは…

『あんたなんかもういらない。』

と、切り捨てる。

きっとまみりこなりにちえさんへの愛情はあったと思うんだよなぁ。

1話時点ですっぴんのちえさんを晒したのとかは悪意あるが、

ちえさんの危機に本気でキレた時とかはまみりこが示す友情かなぁと…。

まあでも、子どもの頃からの付き合いだし、思い合うバランスが取れてなかったのは傍目から見たとしてもそうなんだろうし、自分が頑張る以上の供給(友情の証みたいなの?)が得られてなかったら、ガス欠にはなるかもねぇ。

大嫌いで、大好き。

でも、そもそも一緒にいることに少し疲れてしまった…

と、呟き泣きじゃくるちえさんの言葉がとってもリアル。

母娘も、友人関係も、女同士の付き合いは愛憎がセットになってしまうことがある。

ちえさんつらかったね…。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 12(小学館)

『炎上いただきまみりこーーー♡』

件のガラケーをちえさん宅のポストに入れ、

『ともだち0にん。』

と呟き、ちえさんと今生の別れをするまみりこ。

ちえさんには、『動画はハッタリだから存在しない。』

と言っていたけど本当は(本当に)録画してあるんだろうなぁ。

何となくだけど、それでちえさんの恨みが成仏するなら…

って情けがあるような気がする。

自分のマンションへ帰ると、芸能記者がまだ居座っていて、先ほどの動画についての反響が凄かった!と息巻いてる様子。

デリヘル時代のお客さんが参戦し、アンチも現れ混乱状態…

だけど、

何があっても自分らしい生き方を貫くと決めているまみりこ。

今シリーズの主人公は転落無し!

どっちかというと社会的ダメージを受けたのは嘯いたちえさんかな?(転落というほどではないとは思うけど…)

【感想】

次回、4月24日(金)配信分から新シリーズ突入だそうなんですが、

原案→池田先生

作画→紺ことり先生(南美ナホ先生)

だそうΣ(゚Д゚)

紺ことり先生が手がけた作品はこちら

池田先生案かつ池田先生作画で読みたい私としてはとてもびっくり&新シリーズに手を出すかは迷っています( ;∀;)

主要キャラ以外はアシスタントさんが描いている印象はありましたが、全部が違う作家さんとなると、世界観もちょっと変わってくるのかなぁなんて。

それでも好きになれるかも知れないんですが…。

ゴミトイプ、おそらく池田先生作品の中で群を抜いて発行部数が多いシリーズだと思うんですが、メインストーリーを委託するってことは他に注力したい作品が出来たor他作品と満遍なく注力していくとかの狙いがあるのでしょうか?

うーん詳しいことは分からない…。

さてまみりこ編クライマックスの感想を。

いやー、、、

面白かった!!!

シンプルにこれに尽きる。

あと、無事に終わって安堵の気持ちもあったりします(コロナウイルスが流行っているので池田先生にもしものことがあったら…とかまで思ってしまう作品でした。)

まみりこ編の終わり方は、やらかしつつも自分らしく駆け抜ける!

ってな感じで復活明日香編に近い終わり方。

【転落女子系】に分類されているだけに、どんな風に落ちぶれてしまうの?

という感覚でつい作品を見てしまうのですが、ある種、波乱万丈な人生を生きる女子にスポットを当てる系に変わってきているのかも?

明日香編と同じく読後が良いのも共通。

徹頭徹尾面白かったまみりこ編だけど、終わってみて感じる心残りは

  • まみりこがちえさんをどう思っていたのか
  • ↑愛や情を語るキャラじゃないと分かっていても、何かしらのサインは欲しかった
  • まみりこの生い立ち

こんなところかなぁ。

ちえさんがまみりことの幼いころを回想しているシーンで、

『まみりこの家に上げて貰ったことがない。』

と言っているんですが、まみりこがどういう親を持ってどう育ってきたのかは私的にはとっても気になっていました。

恐らく生来、頭の回転が速く肝の据わったキャラクターだとは思うんですが、それを遺憾なく発揮…というか、それを使って生きなければいけない環境とかに身を置いていたのかなぁとかは感じたり。(復讐の未亡人の密のように)

小さいころから周囲の人間性を見抜く癖がついていたり、どのポジションにいれば事が有利に運ぶか…とか、考えざるを得ないって、やっぱり少し特殊だと思うので。

キレイだけど棘がある薔薇のようというか…。簡単に蹂躙されないように武装している感じが。

クライマックスで好きなシーンは、ちえさんが最後に本音をぶちまけ、それを聞いたまみりこが突き放す台詞を吐くところ。

もう自分のことを追わないように嫌なキャラクターを演じたのかもなぁ。

ちえさんの『本当はだいすき…』って言うところにもキュンとした。

明日香、サヤは虚栄心

だったけれど、

まみりこ編はまさかの友情が壮大なテーマ。

こんな風に終わるとは思わなかったなぁ。

とっても良かった。

新シリーズ配信予定は4月24日(金)!

長くなってしまいましたが、今日もお読みいただき、ありがとうございました。

ゴミ屋敷とトイプードルと私を無料で読む方法

『書評を読んで興味は出たけど、買うほどでは無いなぁ~』

とお考えの方に朗報です!

『ワケあり女子白書(ゴミ屋敷とトイプードルと私)』を

今なら無料(タダ)で読めちゃうサービスがあります!

それは、“U-NEXT”です。



“U-NEXT”と言えば動画配信サイトの大手ですが、

最近、電子書籍のサービスに力を入れ始めています。

以前はBookPlaceという別サイトを経由しなければならず使い勝手はイマイチだったのですが、

2019年1月29日からU-NEXTに完全統合され、操作性が大幅に改善されました。

そんな“U-NEXTの電子書籍サービス”では現在、

『31日間無料トライアル』

『ポイント600円分プレゼント』

という太っ腹なキャンペーンが実施されています。

察しの良い方はもうお気づきだと思いますが、

無料登録してポイントで”ワケあり女子白書”を読み無料期間中に退会してしまえば、1円もかかりません!

とはいえ、折角ですので50,000本以上用意されている見放題・読み放題の作品無料期間いっぱいまで満喫されることをお勧めします。

乗るしかない、このビッグウェーブに!(古




※本ページの情報は2020年3月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

既刊リンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 元読者モデルをしていた明日香(あすか)は34歳の...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あら...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 とびきり...

併せて読みたい記事

『極主夫道 4巻』おおのこうすけ(著)BUNCH COMICS(新潮社) 【あらすじ】 買い物中、猫に荷物を...
『SNSに堕とされる女たち』廻(著),青咲るそう(著),縛(著)(NINO) 【あらすじ】 嫉妬に駆られた同僚の陰謀...
『すぐ泣く女に機関銃』和田 依子(著)恋するソワレ(ソルマーレ編集部) すぐ泣く女に機関銃:あらすじ 『毎日つまらな...
『信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~』池田ユキオ(著)ストーリーな女たち(ぶんか社) 【あらす...
『君に愛されて痛かった 4巻』知るかバカうどん(著)BUNCH COMICS(新潮社) 君に愛されて痛かった 4巻:あ...

コメント

  1. 碧水 より:

    ポエリさん、こんばんは。今回も更新お疲れ様でした!
    最終話がハッピーエンドで良かったです。
    ちえの魂胆=復讐じゃなかったのは少し残念でしたが。(^_^;)
    転落エンドじゃなかったのは、まみりこがしたたかで抜け目のない性格だったからだと
    思いました。
    ポエリさんが指摘した通り、まみりこの境遇が全く描写されていないので
    何故あんな性格になったのかが気になります。
    とはいえ今回のシリーズは本当に面白かったので、『ラブと癒やしとホントの私』編と共に
    書籍化して欲しくなりました。
    それでは!

    • ポエリ より:

      碧水さんおはようございます♪
      シリーズ内では比較的穏便な終わり方でしたね、まみりこ編。
      転落についても、メジャーデビューの道を失った際に落ちかけたので、あれがまみりこにとっての挫折なのかも?(それくらい抜け目のない性格と言うのは、確かにそうだと思いました。)
      まみりこの生い立ち気になりますよね〜やっぱり、、(´-`).。oO
      聖子さん、かなえさん、香さん、ちえさんしかり、周りの人の人生掘り下げエピソードはあったけど、主人公であるまみりこは最後まで無し…?
      という気持ちに笑
      このシリーズもいずれ纏まって欲しいですよね、池田先生とってもお忙しそうで、まだまだ先になるのかなぁと思っていますが(∩´﹏`∩)
      コメントありがとうございました!

  2. サシス より:

    想像以上に、重苦しいクライマックスでした。
    予想通りというか継父の件に関しては、ちえさんの思い込みがあったようですね。でも娘に性的に手を出したりしてたから、誤解されるのも仕方ないと思いますけど。
    ちえさんが汚く酷くなっている一方で、まみりこの方が潔く綺麗になっているというのが、すごい皮肉でした。
    明日香、沙耶と違って、本人なりに前向きに再起しましたけど、しかしラストシーンで、トイプードルに嫌われて噛まれているのが、思わず苦笑いしちゃいました。

    来月から新シリーズ突入ですが、まみりこ編の新章か、あるいは、また明日香、沙耶編の再開なるか予想も付かないですけど、また凄まじい波乱劇が見れると思います。
    コロナ騒動で怖い毎日ですが、これからも応援しております!

    • ポエリ より:

      サシスさんおはようございます!
      継父の件は、ちえさんの願望も見え隠れしていましたよね(´-`).。oO
      酷いことをしてきた相手を憎いまみりこが消したことにしたかったというか…。
      最後のシーンでちゃんとトイプー出てきたのには私も笑いましたw
      しかしやはり出番は少なかったパルフェʕʘ‿ʘʔ

      来月から新シリーズ&新作画なのでドキドキです…何だかんだで読んじゃう自分がいそうですがε-(´∀`; )
      有名人の急逝により、いっそうコロナウイルスが怖いこの頃ですが、サシスさんもご自愛ください!
      コメントありがとうございました♪

  3. ブタロー より:

    ポエリさん、こんにちは。
    こんな結末は予想できませんでした(^_^;)
    でも改めて考えてみて、作品を通して言いたかったことはズル賢く世渡りしようとするのは、虚栄心の塊みたいな聖子さんや実力が中途半端な香には勝てても、やはり愛莉のような本物には勝てないということ示していると思いました。そして最後にはちえさんも失ってしまった。個人的には結末がちょっと悲しいなと。せめてちえさんともう少しコミュニケーションが取れてたら、お互いにいい関係になれたのにと思わずにはいられませんでした。続編に期待ですね(^^)

    • ポエリ より:

      ブタローさんおはようございます♪
      ゴミトイプの世界での時間軸で言えば芸能人スキルというか、向いているかははあくまでアマチュアレベルだったまみりこですが、リアルのポジションでは矢口真里みたいにまあやらかしてもいつか何かの形で再起するんじゃないかなーとは思いました笑
      芸能界は外野(一般人)からバッシングも受けやすいですが、キャラクターは多種多様で間口が広い印象です。
      覚醒剤をやっていても復活する&受け入れる環境ありましたしねε-(´∀`; )
      愛莉ポジションは無理でも、向いてる枠は有りそうというのがまみりこに対するキャラクターへのイメージです!

      新作はどんなお話になるんですかね、過去ヒロイン復活か新キャラ登場か…楽しみです♪
      コメントありがとうございました( ^ω^ )

  4. とむ より:

    こんばんは、今さらすぎますが更新お疲れさまです。
    今回はまみりこは一度転落したけど踏みとどまり、ちえさんも立ち直る希望がありそうな終わり方で、いわゆるビターエンド?な感じでしたね。
    しかし、キラピカママと小競り合ってた時からは想像もつかない終わり方でしたね(1話から見返したら、聖子さん会社持ってたのにコンビニバイトしてるし…ある意味この人が一番転落…)
    まみりこの過去もすごい思わせぶりな感じだったのに謎なままでしたね。
    小学生の頃からあのクレバーぶりだしバニミン解散後も実家に頼れず極貧生活、という辺りから想像はつきますが、答え合わせが欲しかったところです。
    んでも正直、連れ子に手を出すようなオッサンの元へ単身乗り込むとかやめてーーーってなりました…ちえの事だと激情に流されやすいあたりは、やっぱりまみりこなりの友情の証なのか…

    ゴミトイプが池田先生の代表作になりつつあるタイミングで作画を他の方に任せるというのは不思議ですよね。詩織さん編読みたかったけど、作画が変わるなら舞台もまたガラッと変えてきそうです。
    私も次を買うかは未定です(まみりこ編も買わないつもりが、ポエリさんのレビューが面白くて買っちゃったわけですが…)

    世間は次から次へと慌ただしい日々が続きますが、ポエリさんもお身体ご自愛くださいますように。またレビュー楽しみにしています。

    • ポエリ より:

      とむさんおはようございます!
      まみりこ編、転落女子とは?と思わなくはない終わり方でしたが、あの二人のことを考えると妥当というか、しっくりくる終わり方でしたよね。
      ちえさんはともかく、まみりこに隙が無くて転落させるのが難しかったのかも…なんて思ったり( ;∀;)
      聖子さんと香に関しては自業自得とも思える終わり方でしたよね、まみりことを関わってその破滅が早まっただけというか笑
      確かに聖子さん、曲がりなりにも個人事業主でしたよね、転落するときはみんな著しくIQが下がってしまう傾向にw

      やはりまみりこの過去は気になりますよね、私ももう少し描写して欲しかった派です。
      やっぱり主人公ですし…。
      ゴミトイプは池田先生の代表作であり、一番売れている作品だと私も思っているのですが、やはり作画委譲は謎ですよね( ;∀;)
      ゴミトイプの売り上げが落ち着いてきて、ほかの作品にも注力するための布石なのか…。

      とかいいつつ池田先生の魂が入っているならばやはり買ってしまいそうな私がいるので、ぜひレビューをお待ちくださいw(いつもありがとうございます!)

      世の中がゴタゴタしていて不安にならない日はないですが、こうしていつも通りサイト更新ができて、皆様に読んでいただけることが殊更に幸せに感じます( ;∀;)
      とむさんもご無事で何よりです。
      コメントありがとうございます♪