スポンサーリンク

さらなるブラッシュアップ!コンプレックスにこそ綺麗になるヒントあり♬

『もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました』わたなべぽん(著)コミックエッセイ(KADOKAWA)

【概略】

目指すは“隠さなくていい女”になること!

気になる歯ならび
むっちりウエスト
ぽっこり内もも
しつこいシミそばかす
ぷよぷよ二の腕
副乳!

あと5キロ痩せようと決意した日

いつものウォーキングにも一工夫!

停滞期の原因は週末だった!

体も心も美人になれるスリ真似ダイエット、第二弾!

(裏表紙、帯より引用)

【みどころ】

PART 1『隠さない良い女』って?

わたなべぽん:もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました(KADOKAWA)

『隠したい部分には 自分が変われるヒントがいっぱい!』

通販で買った服か、ファストファッションを日頃身に纏っていたためか、

オシャレなショップの洋服が着られず…

1年9ヶ月かけて30キロ痩せたとはいえ、まだまだスリム美人ではないのでは…?と思い至るぽんさん。

隠したい部分も沢山あるし、自分に自信だって持てない(´;ω;`)

どうやったら、

『自分に自信を持った真のスリム美人になれるか』

と考えたすえ…

『隠し部分に向き合うべく、コンプレックスと向き合う』

と決めたぽんさん!

コンプレックスと向き合うのは、若くても大人でもとても勇気の要ることだけど…

隠したい部分、自信の持てない部分を解消していけば、

自信も身につくんじゃ?と持ち前の前向きな性格で決意するぽんさんは素敵だなぁ(`・ω・´)!

私も、他の部位と比べてお腹がふっくらしている事にコンプレックスを感じているし、隠したい、見られたくないと常に意識しているので、

ここを隠さなくてよくなるほど自信が持てたら楽しいだろうなぁと純粋に思う…。

努力して自己改革したところやそんな自分に対して、もっと愛したくなるし敬意だって生まれる。

それがスリム美人の持つ自信なのかなぁ。

PART2 もう一度初心に返って

わたなべぽん:もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました(KADOKAWA)

一度大きく痩せてから、ここ最近は減らない体重…

でもそんなに食べてたっけ?

という『無自覚な生活習慣』を洗い出すべく、一週間の食事をレコーディングしてみると、驚愕の結果が!

  • 土日は食べる量が増える
  • 家事も休んでゴロゴロしがち
  • 深夜まで飲む
  • ↑このため次の日に起きるのは昼過ぎ

太ってしまうのは、生活がだらしないから

生活がだらしないのは、思考がおデブ脳だから

(※いっぱい食べること、ダラダラすることに幸せを感じる)

『週末だから』を合言葉に、思いきりダラダラして好きなものを食べていたことに気づけたぽんさん。

なかなか痩せない…んじゃなくて、

平日の運動や食生活で痩せた分を、土日で帳消しにしていただけだったそう。

結局、変えたい体重をキープできるくらいズボラな生活を送っていたことが一番の元凶!(´;ω;`)

わたなべぽん:もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました(KADOKAWA)

『リバウンドする人ってどんな人?』

気を付けていたはずの生活が、週末には解禁されていたことに恐怖を覚え、このまま続ければ、

節制していたはずの平日までなし崩し的にだらしない生活に戻っていたかも…と焦るぽんさん。

これがリバウンドの恐怖(´;ω;`)

そもそも、

リバウンドが起きる、起きないの分かれ道ってなんだろう?

と疑問を持ったぽんさんが調べた結果、

リバウンドしやすい人は、目先のことしか考えていない

のだそうΣ(-᷅_-᷄๑)

⑴今の自分に強いコンプレックスを持っていて、一刻も早く結果が欲しいから無理をする

⑵ダイエット自体が無理な方法だったりする

⑶当然続かなかったりする

痩せないorより太る>< BAD END…

と、行き当たりばったりな方法を試しがち。

リバウンドを繰り返していた頃に考えていたこと、

そもそもリバウンドしない人や、

スリムをキープしている人が考えていること、

その違いもここでは書かれているので、必見です!╰(*´︶`*)╯♡

価値観の違いが結果の違いを生むんだよね…

美は一日にして成らず!

PART3 ストレスの溜まらない人なんて居ないよね?

わたなべぽん:もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました(KADOKAWA)

『ストレスを感じた時、何をしたくなる?』

ダイエット中のドカ食い衝動、たびたび起こっては困っていましたが…

ストレスがあるからこそ=沢山食べてしまう

と思い込んでいたものの、どうやら違うみたい(´;ω;`)

そもそもドカ食いをしないスリム美人さんたちは、食べることでのストレス発散はしない』

という事実!

いっぱい食べたところで、幸せになったりスッキリしたりという事も少ないですよね。

少なくとも私はそうで、むしろ自己嫌悪感が高まることさえ…。

一番手っ取り早くストレス解消をするのに物を食べるというのは心理学か医療面で証明はされているそうなんですが、

やっぱり直したい。

ドカ食いしにくい人はリバウンドもしにくいそう

食べること以外でもストレス解消法を確立したいところ!

PART4 ダイエットは理想に自分を近づけること

わたなべぽん:もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました(KADOKAWA)

『いつも自分のこと見て見ぬふりしていたけど』

隠さない女になることを目標に、頑張ってきたぽんさん。

痩せて体のラインが出る服が着られたこと、

人から痩せたことに気付いてもらえたことを喜ぶほかに…。

自信が持てない自分、たびたび起こる嫌悪感を感じていた気持ちそのものに、ゆるやかな変化が起きていたことに気付く。

ダイエットとは無関係に、コンプレックスだった歯並びやシミさえ気にならなくなったぽんさんの心境とは…!

わたなべぽん:もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました(KADOKAWA)

各章の間に、『スリ真似 ダイエットのコツQ&A』という、読者さんから寄せられたであろう、疑問とそれに対するぽんさんの回答が載っています♫

沢山苦しんで、試行錯誤したからこそ得られた見地から述べられるアドバイスはどれも参考になるものばかりでありがたい╰(*´︶`*)╯♡

私はぽんさんのシリーズを読んで、

  • 体重が安定しない理由
  • ドカ食い衝動
  • 便秘がちのワケ

などに気付けました…笑

一年以上も肉体改造&体質改善に取り組んでいれば色々と気付きがありますよね、私は挫折がちだったので、継続的に努力されている人の体験談は本当に参考になる情報がいっぱい!

隠さない女に!

【感想】

前作で大きな変貌を遂げたぽんさん、しかし反動からか生活態度がだんだん緩くなっていき、

あと少しのサイズダウンがなかなか果たせずにいました。

『普段頑張っているからこれくらい…』は、

私も普段よく思うので、ダイエットや節約生活にストレスを感じている時にありがちだと痛感しました。

  • 自炊して節制した食事をしても反動でおやつに手が伸びたり、
  • 運動を頑張った翌日は運動が0だったり、いつも以上に怠けてしまったり、

心理学ではこれを『モラル・ライセシング』と呼ぶそうです。

『良いことをしたという理由で悪いことがしたくなる』とか。

そんな自分の態度を見直して、更なる減量を目指すぽんさんは本当に凄い。

頑張っていてもつもりだったら努力は積み重ならないし、成果も出ない。

分かりきっているようで、現実は自分の生きた通りという事実を受け止められなかったりします(自戒)

前作よりもさらにブラッシュアップされた細やかな内容を是非!

今日もお読みいただきありがとうございます♫

既刊リンク

『やめてみた。』わたなべぽん(著)単行本(幻冬舎) 【概略】 これまで当たり前の使ってきた道具や、 こうしなきゃ…と思っていた...
『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』わたなべぽん(著)コミックエッセイ(KADOKAWA) 【概略】 ダ...

併せて読みたい記事

『はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん』たかぎ なおこ(著)コミックエッセイ(文藝春秋) 【概略】 何かおいしいもの...
『部屋は自分の心を映す鏡でした。』伊藤 勇司(著)日本文芸社 【概略】 部屋は自分自身。 片付けとは自分を知る作業です! ...
『脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術』剣持まよ(著)サンクチュアリパプリッシング 【概略】 続かないのには理由があったーー...