スポンサーリンク

過去キャラ復活にチェーン展開で、魅力マシマシ!―らーめん滑皮さん 2巻

スポンサーリンク

『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん 2巻』真鍋 昌平(著)山崎 童々(作画)ビッグコミックススペシャル(小学館)

らーめん滑皮さん 2巻:あらすじ

仁義なき暴れ食い!

麺まみれ!

最恐ヤクザ滑皮!

ウシジマキャラ多数登場!

(帯文より引用)

1巻おさらい

1話目から登場するのは情報屋・戌亥

仕事の合間に入ったラーメン屋さん、スープがお湯レベルで薄いて酷すぎる笑

少し可哀想な描写が多いけど、どこかクスッと笑えて、この作品の殺伐とした雰囲気を和らげているので欠かせない存在。

あまりに登場するので彼が主人公かと思っていたけど、本作はあくまで…というかタイトルにもある通り、最凶ヤクザ・滑皮が主人公!

若琥会若琥一家二代目猪背組、幹部候補生。

ウシジマ作品の最新では、死体処理班という獰猛・残虐なキャラクター

男らしい、いい食べっぷりと言いたいけど、まぁはっきりいって食べ方は汚い笑

『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん 1巻』真鍋 昌平(原著)山崎 童々(イラスト)ビッグコミックススペシャル(小学館) 【あらす...

g10くん×滑皮さん

『テメエを試してやる』

G10くん生きてた!!!!!

Gと10で(ゴト)と読みます笑

彼は本編の16巻『楽園くん』に登場する、雑誌モデルのカリスマ的存在・オサレ皇帝(エンペラー)←当時は造語にもなったんですよ(`・ω・´)!

気になる方はコミックやアプリのマンガワンで是非読んで欲しいのですが、何者でもない自分を変えたい一心で、ファッションの世界にのめり込んだ主人公の、恋と友情と転落の悲劇…

結末が狂おしく切ない青春シリーズで、それまでヤクザや水商売や借金苦や薬物など、大人が主人公で重く凄惨なテーマの印象が強かったウシジマくんの作品イメージがこのシリーズで変わりました。

↑このテーマが子どもの世界とも繋がってしまっている部分ももちろんあります。

成り上がる力も方法も無いイマドキの若者にスポットが当たったシリーズなので、そこから同世代と比べてしまう焦りや物欲に駆られ道を踏み外してしまう様や作品の爽やかさ、絵も格段に綺麗になり展開もリアルで面白く、読んでいてドキドキゾクゾクするシリーズです。

G10くんはそんな彼らのカリスマ的存在なのですが、今回滑皮さんのところに捕まった動機のように、黒い噂を持っていたりも…。

彼はかなりのキーマンです。

滑皮さんはG10くんのことは当初は知らないのですが、…

そんなに凄い人物ならと、ネットで彼の影響力を試した挙句、ラーメン爆走族・愛』の宣伝担当に任命笑

意外過ぎる組み合わせだけど悪くない…(`・ω・´)!

夜に羽ばたく

『この街で女貫いてきたんだろ?姉さん。』

お次は瑞樹ィィーーー!!

彼女が出てくるお話もまたとても良いんですよ…。(闇金ウシジマくん 5巻

『フーゾクくん』編の登場人物の一人で、ぽっちゃりアラサーの見た目をして、とある風俗でナンバーワンという実力者。

彼女の仕事に対する頭の使い方やキメ細やかさは夜職でも昼職でも見習うものがあると思うし、このシリーズでも友情や恋などもあり、忘れられない回です。

G10くんに続き本編では悲惨な目に遭ってしまうキャラクターなので、こちらで無事で何より笑

時間軸上滑皮さんと接点は無いので、設定をそのままにこちらの世界に登場させ、馴染んでいる様が凄い!そしてニンニクラーメン美味しそうや(`・ω・´)♡

作ってるのもヤクザというあっちもこっちもヤクザ状態の街の屋台だけど。

情報屋とは透明人間

『おっラッキー。』

情報屋、戌亥の日常(?)回。

特定の誰かと関係を持たず、印象にも残らない生き方を貫く戌亥。

存在感を出さないことこそ、人との間で情報屋として生きられると経験上分かっているからこそなんでしょうが、少し切ない…。

戌亥自身も孤独を認識はしていますしね。

からあげ欲しさに誰かに誕生日を認識され、滑皮さんからきたLINEで

『今日、誕生日でした はは…』

と送ってみたりと、

最小限の関わりを持とうとする戌亥ちょっと可愛いな…笑

ラーメン爆走族・愛のチェーン展開でひと悶着ありつつ青春交えつつ社員が増えたり

またしても過去キャラ登場でライバル店争いに発展したり、

おまけ漫画が入っていたりと今回もマシマシに!

本編ではそこまで好きじゃなかったけど、愛沢が良いキャラ過ぎて惚れそう…笑

本作きっての良心だわ…

知ってる方が楽しめるけど、知らなくてもまあ大丈夫な内容になっている安定感もいいなー╰(*´︶`*)╯♡

麺まみれ!

【感想】

2巻はG10(ゴト)くんに瑞樹と、本編で色々あったキャラクターが出てきてこの世界をさらに盛り上げてくれています!

この二人はそれぞれ別の話に出てくるのですがどちらも好きな話だったので、こちらで元気に生きているだけで嬉しくなりますね本当に笑

絵のタッチも作風も限りなく本編に近いのに、どこか笑えてシュールなコメディの雰囲気がかなり好き。

滑皮さんが主軸の世界なのでもちろん痛い目に遭ったりする人が絶えないのはあるのですが、、

こちらの世界が『ラーメンネタ』でどう動いていくのか楽しみです♫

3巻も読んだらアップしていきます!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!



ラーメン、つけ麺、汁なし、などなど、お店の味を自宅でそのまま楽しめる宅麺.com

濃縮なしのストレートなスープ、一食につき1枚という丁寧な作り方ガイドのおかげで、お店のクオリティがそのまんまなのが本当に凄い。

ラーメン好きな家族にとにかくウケがいいので、コロナで外食自粛でもおススメです!

既刊リンク

『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん 1巻』真鍋 昌平(原著)山崎 童々(イラスト)ビッグコミックススペシャル(小学館) 【あらす...

併せて読みたい記事

『極主夫道 1巻』おおのこうすけ(著)BUNCH COMICS(新潮社) 【あらすじ】 裏社会に数々の伝説を残した最凶ヤクザ、その名...
『ワカコ酒 10巻』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店) 【あらすじ】 村崎ワカコ26歳。 酒呑みの舌を持って生ま...
『孤独のグルメ 1巻』久住 昌之 (著) 谷口 ジロー(作画)SPA!コミックス(扶桑社) 【みどころ】 「ウン うまい」 ...