スポンサーリンク

悪魔と彼女の、すれ違う純愛…。

『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社)

【あらすじ】

儚くも美しい官能物語ーー開幕。

天涯孤独の少女・淑乃(よしの)は、

古本屋で見つけた1冊の本から悪魔を呼び出してしまう。

呼び出した悪魔・ベリアルから提案された契約は、

一つ対価を支払えば、一つ願い事を叶えてもらえるが、

淑乃が死ぬまでずっと悪魔と共に過ごすというもので…。

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「一つの願いにつき 一つの対価ーーー」

両親に愛されて育った少女、淑乃。

ところが突然、彼女が13歳の時に両親が交通事故に遭い他界してしまう…。

損害賠償に父の事業での借金も加わり、億単位の負債を抱えた彼女を温かく迎え入れてくれる親戚はなく…

施設が見つかるまでの間、親戚の家を転々とするも幾度となく性的虐待の危機にも出くわし、人生に疲れきっていた。

そんな折に出会った†悪魔召喚の書†

「これで契約完了ですね……」

それが彼、ベリアルとの出会いだった。

†契約内容†

  • 一つの願いにつき、一つの対価を支払う
  • 対価→キス
  • 願い事がなくても月に一度は対価を支払う
  • 許可なく貞操を奪うことは出来ない
  • 死ぬまでずっと一緒にいる
  • 人命に関わる願いは貞操と魂を捧げる

本当は貞操を捧げないといけないところを、淑乃は両親に

「愛する人に出会うまでは清いままで」と言われたのを忠実に守っていたので…

ベリアルが根負けした形に(`・ω・´)!そんなのアリ?

「死んだ親の代わりに絶対的に守ってくれる存在になってくれた事…」

人間に化けて(?)法的にも淑乃と家族になったベリアル。

甲斐甲斐しいベリアルと、甘えん坊淑乃のやり取りがほっこり(*´꒳`*)♡

対価がキスだけで良いのは18歳まで。

18歳になった日からはディープキスも!

途中まで家族愛だったけど、そこからは???

見てる方も淑乃も、混乱しないのかな???

「お前の肉体も魂も全て私だけのもの…」

兄であり父のような存在であったベリアルにキスという対価を支払うにつれ、やはり私たちは家族ではなく、悪魔(堕天使)と契約者であることを認識する淑乃。

家族を亡くした彼女は、「いつか本物の家族が欲しい」と懇願する

悪魔と契約している以上、彼とずっと一緒だし対価は毎月必要だから土台難しいんじゃ…と思ったんですが、淑乃は契約内容をよく理解しているのかいないのか…??

「…バアルは何一つ…間違ってはいない……」

同じ学部の旭(あさひ)を好きになってしまった淑乃。

デートを重ねるうち、「普通の人と普通に幸せになりたい」と望むように…。

「悪魔と契約した女が幸せになれるとでも?」と吐き捨てるバアル

旭に言えないことをしている時点で、彼との未来は無いようなもので。

かつて自分がベリアルと契約を結んだこと、対価を支払い続けてきた事実が彼女に重くのしかかる。

ベリアルは、何があっても淑乃を手放す気はないし、他にも魂胆がありそう…。

謎多きまま1巻は終了!

ベリアル…何者???

【感想】

こちらもネット広告で試し読みをして気になっていたので!

そういう経緯で買うことが多いけど、同じように気になっている人も多いのでは?

春の呪いとか、凪のお暇とか、実際面白い作品があの手の広告に多いのも事実なので、素敵な作品を知れて有難い限りですが♫

描いている作家さんは男性だそうですが、女性的な繊細さというか情緒にグッとくるシーンも多く、ベリアルと淑乃の家族愛にもほっこりします。

全然気持ちが通じ合っていないように見えて根底の願いは一緒なのかも…というところも大好きな部分。

2巻も近いうちに!

既刊リンク

『この愛は、異端 2巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 そのまま快楽に溺れてーー私に心を委ねろ ...

併せて読みたい記事

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 いつもみいんなに憧れられる存在でいたい…!...
『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、...
『凪のお暇 1巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! ...