スポンサーリンク

生きる目的を見出せないエリートと、最愛の妹を失った姉の、形式上の恋愛関係

『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社)

【あらすじ】

妹の思い出を辿るため、

夏美は『妹と二人で行った場所にわたしを連れていってほしい』という条件を付け、

妹の婚約者だった冬吾との交際を承諾する。

愛する妹を奪った男と二人、

巡る季節がはじまりーーー…。

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「その人の目的は簡単に言うと見合いだった」

立花家の二人姉妹、夏美と春に突如やってきた見合い話。

二人の実の父親の血筋と、訪ねてきた女性の生まれは同じ分家であり子孫なのかな?

女性の家系の血を絶やさぬ様に、どちらかの女の子を嫁にということらしい。

それが彼女たちと、柊 冬吾(ひいらぎとうご)、訪ねてきた女性、柊家の末子との出会い。

「春のためならなんでもできた」

両親の不仲により母親は出て行き、不安定な幼少期を過ごしてきた二人。

妹である春の不安をぬぐい去るように行動してきた姉・夏美の想いはいつしか、姉としての立場以上のものになっていくーー。

しかし見合い話により現れた男、柊 冬吾に、妹は奪われてしまい殺意すら抱く夏美。

ーー春が死ぬと今度はわたしが冬吾さんと付き合うことになった」

妹の婚約者と付き合うのは罪悪感があるものの、この付き合いは家同士の付き合いでもあるため、無下にも出来ず、ひとつ条件をつける。

それは、大好きだった妹の思い出をめぐるため、

「妹と行った場所に自分も連れて行って欲しい」と冬吾にお願いすることだった。

これが二人の交際の条件。

「実際はその女の姉を無意識に探っていた」

春と冬吾が交際して2年、春の病気が発覚した。

入院生活を送る春の見舞いにやってくる冬吾、彼女のためというよりは実は、見合い話で最初に会った時から気になっていた、姉の夏美に会うためだった。

春や夏美はそれに気づいているのかいないのか、冬吾自身もなぜあの女が気になるのか?と自覚していない様子…。

「じゃあ今から一緒に行ってみます?」

夏美(`・ω・´)!

夏祭りに行ったことがないと言う冬吾。

春ともデートで行った事がないらしい。

それならばと閃いた夏美は、冬吾をお祭りに誘ってしまう。

二人が交際している条件は、「春と思い出の地を巡るため」

思い出の地以外のデートはいわば条件外の行動であったりルール違反とも取れるわけで…

条件を出した夏美自身がそのことに気付いていないので、戸惑う冬吾。

でも本当は、春と行った場所がそもそも多くないのと、夏美と少しでも長く一緒に居たいので、罪悪感を覚えつつも付き合ってしまう…。

春と冬吾の交際期間は2年。

デートした場所も尽きてきた時、夏美と冬吾の関係はーー?

というところで1巻終了。

薄々感じていた冬吾の思い、夏美はどうする?

【感想】

絵と雰囲気が暗いなぁというのが第一印象でした。

それでもネットの広告で度々表示され、気になって気になって…ついに読んで見ました。

人が死んでいることや歪な関係性から、やはり作品全体の雰囲気は暗いのですが、端々に、ことの真意や登場人物の慕情の醸し出されるような得も言われぬ空気の虜に。。

それをうまく言い表す力がないのでもどかしいのですが、この作品が好きだし、訳がわからないくらい惹かれるものがあります。

好きな人はとても好きでしょう。

死人の春、春を愛した夏美、冬吾の本意などそれぞれの思いがどうなっていくのか、2巻も近いうちに!

既刊リンク

『春の呪い』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、 夏美...
『春の呪い 2巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 たとえ、呪い殺されても。...

併せて読みたい記事

『凪のお暇 1巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! ...
『恋は雨上がりのように 1巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 橘あきら17歳。高校2年生。 感情表...
『ライアー×ライアー1巻』金田一蓮十郎(著)KCデザート(講談社) 【あらすじ】 私×義弟×女子高生姿の私=三角関係!⁉...