スポンサーリンク

良いことをすればするほど自分が大好きになる!最強のイライラ解消法

スポンサーリンク

子育て中のお父さんお母さん、おじいちゃんおばあちゃん、毎日お疲れさまです!!

子育てって、目に入れても痛くないほど可愛いわが子の存在に驚愕しつつ…本当に大変ですよね。

きっとこの世の中で一番大変な仕事(難易度的に)なんじゃないか?と思う方も多いはず笑

人一人育てるって難しすぎますよね。

子育て中の皆様にはおなじみ、きっとご存知の方も多いであろう、現役保育士、てぃ先生。

【子育てのイライラ】を減らすことができる、今すぐ始められる簡単な方法

こちらの動画を観たことで記事を書こうと思いました。

本当にびっくりするくらい日常のイライラが減ったというか、そもそもほとんどイライラしなくなりました笑

動画の内容を簡単に説明すると、

イライラしやすいのは余裕のないとき

余裕をなくしやすい原因は自己肯定感、自己幸福感の低さ

自己肯定感、自己幸福感は簡単に高めることができる

引用元:子育てのイライラ最強の解消法

余裕のないときにイライラしやすいっていうのは凄く当てはまります。

仕事をしなきゃならないのに、出来ない状況にイライラしてしまうタイプが私です…。

自己肯定感、自己幸福感はどうやったら高めることができるのか?

それは、陰徳を積むこと!

陰徳とは、誰にも気づかれないであろう善行でも、積極的に行うということ。

動画内では、

  • 誰かに気づかれる親切(お弁当を作る、掃除をする)
  • 誰にも気づかれない親切(コップをこぼれない位置に移動させる、枕カバーを替える)

とわけて考えられ、後者の、誰にも気づかれない親切(良いおこない)こそどんどんやろう!と言われています。

誰にも気づかれないのになぜ大事なのか?

誰にも気づかれない=自分しか知らない

ということですよね、でもこの、自分しか自分のやったことを知らない

という状態こそが、とっても大事だそうなのです。

素晴らしいことをしていると認識した時、人の中では、

『自分はなんて良い人間なんだ!』

と、幸福感(自分を肯定する気持ちも)高まることが分かっているそうです。

褒められなくてもどんどん幸せになる方法

察しの良い方はもうお気づきかとは思いますが、誰かの評価を気にせずどんどん幸せになれる、気付かれない親切を積む方法、

最強すぎませんか?

これまで子どもに、

『ありがとうは?』と言わせようとしていた自分が恥ずかしくなりました…。

同時に、気付かれなくても褒められなくても、評価を気にせず行動できるから不安になったりイライラすることが格段に減って本当にびっくりしています。

上記のような状態を他者依存(評価によって自分の価値も決める状態も含まれているような…)というそうなのですが、他者依存から脱却できると、育児はとても楽です。

具体的な方法としては外だったら、

  • スーパーの商品棚から落ちたお菓子
  • 間違った棚にある商品を戻す
  • 公共のトイレを綺麗にして出る
  • 道端のゴミを拾う

家の中だったら、

  • タオルをこまめに交換
  • おもちゃの電池を交換
  • ソファや枕のカバー交換
  • 家族の好物を用意しておく

とか…

いっぱいやってる!と思っていましたがそうでもなかったです笑

もっと出来ることがないか探しまくります。

ストレス解消になるし、家族も喜ぶし、いいことづくめ過ぎる…!!

てぃ先生いつもありがとうございます!!

イライラしてしまう方、ぜひお試しください(^^♪

↓重版出来!

併せて読みたいおすすめ記事

『ママも子どももハッピーになる! がんばらない子育て』 高見 知日子 (著) 単行本(すばる舎) マ...
過去にあったつらい出来事、この先の心配。人生のステージによって悩みは色々ありますが、こういう事を夜に考え出すと止まらなくなっちゃうんですよね…。瞑想法を繰り返すことで、⑴より調和的な選択を繰り返す⑵物事を前向きに解釈する⑶自分自身の思考を整理するなどなど、ストレスに対する自分自身をコントロール可能になるわけですね。
昨年暮れから土鍋ご飯生活を始めて以来すっかりハマってしまい…お役目のなくなった炊飯器に対し『キミ電気いる?使わないしコンセント抜いたろ』と冷ややかな私です。
『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~ 1巻』左藤真通(著)冨士屋カツヒト(作画)清水陽平(監修)黒密コミックス(白泉社)...
愛されず育った主人公・栞の抱える孤独に共感する一方で、魚男でイケメン・伊達くんのほがらかさに癒されたり、彼に影響されて実は天真爛漫な栞の性格が見え隠れしたりして、色んな要素が詰まった素晴らしい作品です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク