スポンサーリンク

自己中4股男に怒りの鉄槌♪―ウマノリ!ガールズパーティー2nd 4話

スポンサーリンク

『ウマノリ!ガールズパーティー2nd 4話』かたおかみさお(作画)梅川陽衣(原作)ワケあり女子白書(小学館)

あらすじ

追い詰められた4股男が繰り出す、自己中勝手な言い訳の数々!

ついに女たちが制裁!!

スカッとマウンティングストーリー「ウマノリ!ガールズパーティー」(漫画/かたおかみさお 原作/梅川陽衣)2nd シーズン最終話??!

(この本の情報 より引用)

3話おさらい

翌日の会社にて真相をミカに伝えようと決心した二人が分かったのは、美人×高身長であるがゆえにロクな出会いがないミカが、実はかなり結婚に飢えていたということ。

結婚に縛られない人生でおk~とゆるーく生きていたように見えて、実はそんな自分を隠していたミカさん。

いくら婚活パーティーに参加しても、サクラだと勘違いされてパートナーが出来ない人生に嫌気が差したころ、出会ったユウト。

10歳差でも自分に優しくしてくれるユウトに心惹かれまくっているミカさんは、高価なプレゼントをねだられても、心を繋ぎとめておこうと必死!

麻衣と同じくドラマチックな出会いを果たしたユウトとミカ。

そんな折、ランチタイム同じくしてヒナコが入ってきます。

いつもは手作りなのにユウトのお店のランチboxを持っていたことで話しかけると、

『そーなんですよー。』

『彼のためにたまには売り上げ協力してあげなくちゃでー。』

といったことで、なんと、ユウトはヒナコとも付き合っていることが判明!!!

“ワケあり女子白書vol.52″を無料で読む!

U-NEXTの無料トライアルはこちらから!

U-NEXTの31日間の無料トライアルに登録して無料で貰える600円分のポイントで”ワケあり女子白書vol.52″を読み無料トライアル期間中に退会してしまえば、1円もかかりません!

地獄へ招致

はい。

これが最後の支援です、ユウト君。

手切れ金だと思ってね。

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

3話にて、クズ4股男・ユウトへの復讐を目論んでいる様子だったアカネ。

それは、ランチミーティング用の弁当をユウトに頼み、会社に呼び寄せること。

それはつまり…

麻衣、ミカ、ヒナコとも出くわすということ!

焦りつつも業務をまっとうするユウトに、ランチ代の支払いを手切れ金だとして渡すアカネ。

それでもシラを切ろうとする彼に全員がつつくと、

でもね!聞いて!

俺、彼女たちが可哀想で可哀想で見捨てられなくて…

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

と、言いだし、

麻衣は強い子を演じているものの本当は寂しがり

ミカは見栄に縛られた可哀想な人

若さしか取り柄がないと焦っているヒナコには自信をつけせた

よって、、

癖アリ?訳アリ?な彼女たちの承認欲求を満たしてあげていただけ(よって浮気ではない)だと主張し、愛しているのはアカネだけ!!

と、無理筋な主張をするゴミユウト笑

ちょうどいい

違うでしょ。

私が大手勤務で経済力もあって

家事もやって顔もスタイルもそこそこで、

なんでも言うこと聞く”ちょうどいい女”だったからでしょ。

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

ゴミユウトの主張を聞きつつ、自分の考えを曲げないアカネは離婚を切り出します。

これだけ浮つくならなんで結婚したのか尋ねると、相思相愛だからでしょ?と笑顔で媚びへつらうユウトですが、、

好きというよりは、”結婚相手として最適なスペック”を有していることを自覚しているアカネが答えると、笑顔を張り付けたまま黙ってしまうユウト笑

離婚したくない(金脈が絶えることが耐えがたい)ユウトがアカネに詰め寄るも頑として譲らないアカネ、そんな彼女の態度に、

お前らクソだな!

自分が結婚できないからって、同僚の幸せをぶち壊そうってのか!

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

主張の少ないアカネの豹変っぷりを見て、誰かが何かを吹き込んだに違いない!と思い込んだユウトは、いつものふわふわヘラヘラ顔から一変し、怒りを彼女たちに向けるという最低っぷり!

全員が勝手に言い寄って来たことだと主張します。

売れ残りのカワイソウな女たちを満たすことは、浮気ではなくボランティア、ほぼ慈善事業に近いことをやっただけだと言ってのけますが…(とんでもない言い分、、

全方位射撃

彼女たちにたまに会うだけのユウト君と、

毎日一緒に仕事頑張ってる私と、

どっちがわかってると思うの?

いいかげん皆を侮辱するのやめてくれない?

殴りたくなるから。

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

浮気を慈善活動とかつまんねーこと言うな!と返す麻衣には、

  • 上から目線
  • 耳年増
  • 屁理屈
  • 空っぽ
  • 偉そう

だとし、婚活失敗続きの乾いた生活を埋めてあげてたでしょ?と返し、

侮辱されたショックで沈黙する麻衣を気遣ってミカがユウトを制止しますが、

  • 上品ぶってる
  • 高く見積もったゆえに売れ残り
  • セレブ気取り
  • 見栄っ張り
  • 蒲田に住んでる痛いおばちゃん

だとし、でもまぁそんなあなたにも需要はあるよ?という思いで接していたと話すユウト。

そしてアカネをふたたび懐柔しようとしたユウトに話しかけるヒナコですが、

  • ぶりっ子
  • 男に夢見すぎ

王子様を演じてあげてたから十分でしょ?と、ヒナコも黙らせてしまいます。

全員がショックを受けつつも…なんとかユウトに反撃しようとする麻衣ですが、

陰では会社とか同僚の悪口言いまくってるえげつな~~~~い女なんだから。

あ、その同僚ってもしかしたらアカネちゃんのことだったかも。

怖いよねー。

だから アカネちゃんの家庭も壊そうとしてるんだよ。

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

麻衣の本性を教えてやっているつもりのユウト。

麻衣にそそのかされて離婚なんて言いだしたということにしたいユウトが、女たちの絆にヒビを入れてなんとか心を変えさせるべく画策しますが…。

そんな手に乗らないアカネ。

そして、

領収書も全部保管してあるわ。

ふたりで夢を叶えた時のため「夢の歩み」の記録をつけてたのよ。

こんな役の立ち方するとは思ってなかったわ。

あとは正式に弁護士から通知行くからね。

引用元:ウマノリ!ガールズパーティー2nd

今までユウトに注ぎ込んだお金の明細を渡し、慰謝料として請求することを告げます。

ユウトの夢を夫婦の夢とし、身の回りの全てを切り詰め残業を積極的にしていたアカネ。

そんな細かいお金の流れをちくいち記録し、そのすべてを清算させようとします。

それでも食い下がろうとするユウトに、ついに下される鉄槌…!!!

それをお見舞いしたのは、4人のうち、誰…!?笑

意外な結末をお見逃しなく♪

2ndシーズン4話目:感想

堂々完結!

1stシーズンよりも短い話数でしたね、2ndシーズン。

今回は、愛した男が共通だったというシリーズ。

1stほどの女子らの絆は感じないかなぁ?と思っていたのですが、ちゃんと存在していました!

転落女子にして、友情や絆を感じられるって嬉しいです。

読後がいいので…。

2ndシーズンも綺麗に纏まっていて、最後までテンポよく読むことが出来ました。

もう次のシリーズが始まるようで、新章スタートは1月28日(金)!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!!

本年も、よろしくお願いいたします。

ワケあり女子白書vol.52を無料で読む方法

『書評を読んで興味は出たけど、買うほどでは無いなぁ~』

とお考えの方に朗報です!

『ワケあり女子白書vol.52』今なら無料(タダ)で読めちゃうサービスがあります!

それは、“U-NEXT”です。


“U-NEXT”といえば、動画配信サイトの大手ですが、

最近、電子書籍のサービスに力を入れ始めています。

以前はBookPlaceという別サイトを経由しなければならず使い勝手はイマイチだったのですが、2019年1月29日からU-NEXTに完全統合され、操作性が大幅に改善されました。

そんな“U-NEXTの電子書籍サービス”では現在、

『31日間無料トライアル』

『ポイント600円分プレゼント』

という太っ腹なキャンペーンが実施されています。

察しの良い方はもうお気づきだと思いますが、

無料登録してポイントで”ワケあり女子白書vol.52″を読み無料期間中に退会してしまえば、1円もかかりません!

とはいえ、折角ですので50,000本以上用意されている見放題・読み放題の作品無料期間いっぱいまで満喫されることをお勧めします。

乗るしかない、このビッグウェーブに!(古

U-NEXTの無料トライアルはこちらから!

※本ページの情報は2022年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

既刊リンク

『ウマノリ!ガールズパーティー』かたおかみさお(作画)梅川陽衣(原作)ワケあり女子白書(小学館) ウマノリ!ガールズパーティー:あらすじ...
『ウマノリ!ガールズパーティー2nd 3話』かたおかみさお(作画)梅川陽衣(原作)ワケあり女子白書(小学館) あらすじ 妻のランチ仲...

併せて読みたいおすすめ作品

『しょせん他人事ですから ~とある弁護士の本音の仕事~ 1巻』左藤真通(著)冨士屋カツヒト(作画)清水陽平(監修)黒密コミックス(白泉社)...
愛されず育った主人公・栞の抱える孤独に共感する一方で、魚男でイケメン・伊達くんのほがらかさに癒されたり、彼に影響されて実は天真爛漫な栞の性格が見え隠れしたりして、色んな要素が詰まった素晴らしい作品です。