スポンサーリンク

回り始めた恋の歯車! 自分を再構築していくのって楽しい♬

『凪のお暇 2巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店)

【あらすじ】

私、人生やり直し中。

他人に合わせすぎて、自分を見失っていた大島 凪。

すべてを捨ててはじめた新生活は人間関係も心地よく…

でも、新たな恋の予感に胸がざわついて?

28歳無職女子のリセットコメディ!

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「空気読んだだけだし」

凪の元カレ、我聞慎二。営業部のエース。

彼のモラハラ具合に嫌気がさして別れた(というか凪が一方的に逃げた)のですが、実は空気を読んで笑顔でいっぱいいっぱいになる凪を尊敬していたし、凄く好きだったという…、、

じゃあなんで嘘ついたり嫌がることしてきたん??

慎二の言葉がきっかけで過呼吸起こして退職&住んでいた所も引き払うほどの人生のリセットをした凪にとっては、相当な出来事だったんじゃないか?

なんで普段から優しくして、凪が辛そうにしてたら手助けなりしてやらなかった?

慎二の行動、本当にこれが好きな相手にすることなんか…とドン引き( ˘ω˘ )

ファンの間では慎二好きと嫌いで意見が真っ二つだそう。

そうだろうなぁ笑

「そのままでいいんだよ」

身勝手かーい!笑

凪はそれで仕事を押し付けられたり、ミスの濡れ衣かぶったり、好きでもない人に迫られたり大変な思いをしてるんだけど…。

そのままが良いって言うなら出来る範囲で守ってやらなきゃ。

自分にとって都合の良い性格って言うのは本当の愛情か分からないよなぁ…

慎二は仕事は出来るけど理想の女性像が幼稚というか結構歪んでいる。

「男にたよってしか生きられない人ってイヤよねーー」

おまいうwww

凪のお隣さん、うららちゃんのお友だちのママさんたち(専業主婦)に、うららちゃん家がシングルマザーの為、

「お母さんが働きに出ていてかわいそう」
「構ってもらえなくてかわいそう」
「(うららちゃんのママが美人だから)男の人を味方につけるのが上手い」

などなど言われたい放題_(:3 」∠)_…。

柔らかい絵柄で人の汚い部分を描くのが本当に上手い。

心配したり羨む体でバカにしたりマウントする手法はリアル過ぎて震える(´;ω;`)

「めっちゃくちゃ人が見てます」

上に乗ってる(?)のもお隣さんのゴンさん(正式名称不明)笑

長髪、刺青、イベントオーガナイザー、とかなりファンキーな出で立ちだけど中身はシンプルで、ゆるキャラ_(:3 」∠)_♡

周りに居ないタイプらしい凪に独自の距離感で急接近!

凪も当初は見た目にビビりつつも…温和な雰囲気のゴンに徐々に惹かれていく…。

「変わるんだ!!」

ここの凪の顔好き♫(`・ω・´)

会いに来た慎二にいつもの調子で飲まれそうになるけど、ゴンのひと言がきっかけで変わる勇気を持とうとする凪。

出会う相手次第で人は変われるし、自分のことを好きにもなれたりする。

ゴンの存在が吉と出るか凶と出るか…?

少なくとも、今の凪には必要な存在みたい。

危険な相手でなければ凪が自分らしく生きるのを後押ししてほしいな。

職安で出会って友達になった坂本さんと何故か婚活パーティーに行き、何故か元職場の同僚と出会いいざこざが起きて…?

というところで2巻は終了

割とドロドロしてたなー

【感想】

慎二の本当の思いを知れたのは良かったけど、当の凪が全く知らないんじゃ意味がない…。

この二人は復縁するのかなー

実は慎二と凪の温度差が別の意味で凄いので、その可能性は薄そう。

凪がこのお暇中に何をしたいのか、どうして行くのかはまだまだ不透明。

仕事が決まるよりも恋愛沙汰が身近なので、そっちが誰かとくっ付くか?

ありそうで無かったリセットコメディ、ふわふわ描かれているけど結構えぐい描写が多いのでクセになるな

既刊リンク

『凪のお暇』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! 場の...
『凪のお暇 1巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! ...

併せて読みたい記事

『恋は雨上がりのように 1巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 橘あきら17歳。高校2年生。 感情表...
『ラララ1巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 突然リストラされてしまった ...
『部屋は自分の心を映す鏡でした。』伊藤 勇司(著)日本文芸社 【概略】 部屋は自分自身。 片付けとは自分を知る作業です! ...