スポンサーリンク

一難去らずにまた一難!罪が危機を次々呼び寄せる緊迫感に、手汗が…!

スポンサーリンク

『マイホームヒーロー 2巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社)

【あらすじ】

推理小説好きのしがない会社員・鳥栖哲雄は、

愛する一人娘の零花を守るため、娘の彼氏・麻取延人を殺した。

延人が所属する半グレ集団から疑われる中、全てを知り受け入れてくれた

妻の歌仙とともに、家族を守る終わりなき戦いが幕を開けるーー。

限界突破の危機的状況を前に、夫婦は諦めない!

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「緩やかに腐臭が強まりつつある…」

木曜日に、零花の彼氏、延人を殺した哲雄の日常は変わった。

犯行現場である娘の部屋に、彼女が戻るのは4日後の金曜日。

月曜日の仕事終わりに部屋に寄っては腐臭の処理Σ(-᷅_-᷄๑)

このシーンのお陰で、臭いのつく理由、どうしたら臭いが取れるか分かった笑

貼り付けた新聞紙の見出しから、罪を何度も意識しては犯罪の穴が無いか再考する哲雄の心理描写がとにかくリアル。

どう殺すか→どう隠すか→どうバレないようにするか

と、段々と思考が変わっていっています。

「そう ナイフだ」

帰宅時に拉致される哲雄と、家に侵入した何者かによって拘束される歌仙!

延人が見つからないことで焦った組織が二人に急接近…!

この作戦のリーダーである恭一、哲雄と同じくらい頭の回転が早く察しも良いので、この夫婦が怪しいという読みは当たっている。

「……どっちだ……!?」

拉致された哲雄に、暴行しながら詰問する恭一。

自らの置かれた状況を想像しつつ、質問の意図や真意を探りながらやりとりする哲雄は本当に度胸があるΣ(-᷅_-᷄๑)

こんな目に遭ったらパニックにならない自信がないくらい怖いし、読んででドキドキが止まらなかった。。

自分の言ったこと、周りとのやりとりを思い出しつつ、抜け目が無いように慎重に受け答えする哲雄。

理不尽な暴力の中で必死に模索する。。

「二人で金曜までに延人さんの行方を見つけましょう!」

組織に目をつけられ生き残る正解を見出せない哲雄

延人が生きている証拠を上に出せず、八方塞がりの恭一

なら、表向き正解(延人は生きている)という嘘(実際彼は死んでいるが、組織の目を逸らすことで自分たち家族が生きる道)を作り上げて逃げ切る作戦を思いつく哲雄

一見荒唐無稽と思えるこの共闘作戦に、聡明な恭一が乗ったのかはこの時点では不明。

突破口になるか、より窮地に立たされるのか…?

「それを…延人さんから聞いたんですか?」

これはキツい(´;ω;`)

娘を持つ親にとって、娘の色恋や性事情を何の感情も無しに聞けない笑

うちも娘がいるので…

恭一との共同戦線にて、延人のオンナ(キャバクラ嬢)に延人の情報がないか聞き出す二人。

哲雄の記憶力と話術が凄くて、短時間で相手が心を開いてしまう…さすが営業!

しかしこの店に足を踏み入れた事で、ふたり纏めて更なる窮地へ立たされてしまう…

少なくともしがないサラリーマンの経験することじゃない…

哲雄の罪は、更なる暴力の世界へ、強制的にステージが上がる羽目に。

あっという間に死んでしまうんじゃないかと思えるスリリングな展開に興奮が止まらない!

【感想】

2巻を買うまでだいぶ日が開いてしまったので、1巻を読み直しながら書きました。

やっぱりこの漫画面白い!

展開が怖いけど、リアルな人物描写も魅力のひとつってくらい、細やかに描かれている。

哲雄サイドが主軸かつ主人公なのでつい肩入れして読んでしまいますが、彼はやはり殺人犯なんですよね。

誰しも自分たち、愛する人が助かりたいと思うものですが、その延長線上に殺人があるのが悲しい。

自分たちが死ぬか相手を殺すしかなかったのか、今は分からない。

作中で、「暴力(ちから)が強いヤツが正しい」という言葉を恭一と哲雄が交わしますが、暴力で延人を殺めた哲雄も、暴力で組織を維持している恭一の組織も、結局は同じ存在なんじゃ…?と自問するシーンが印象的。

それぞれが味付けをしているだけで大前提一緒で、暴力の先にある罪、嘘を受け入れる覚悟がある者だけが振るうことを許されているのかも。

この家族、組織はどうなってしまうのか…3巻を早く読みたい!

既刊リンク

『マイホームヒーロー』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 一人娘の零花を愛するしがない会...
『マイホームヒーロー 1巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 一人娘の零花を愛する...
『マイホームヒーロー 3巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 さあ…虎穴… ...

併せて読みたい記事

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) ゴミ屋敷とトイプードルと私:あらすじ いつもみいんなに憧れ...
『ラララ1巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 突然リストラされてしまった ...
『人生を逆転する名言集』福本伸行 (著)竹書房 【概略】 金は命より重い…! その認識をごまかす輩は 生涯地を這う…! (本文...