スポンサーリンク

【まとめ記事】ゴミ屋敷とトイプードルと私

スポンサーリンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

ゴミ屋敷とトイプードルと私シリーズが当サイトで一番読まれているので、一括で読みたい方のためにまとめ記事を作ることにしました!

すべての始まり、明日香チャンから、最新のまみりこまで一挙にまとめていこうと思います(‘ω’)ノ☆

初代SNSモンスター!明日香:全1話

ーーすべての伝説はここから始まったーー

SNSモンスターって表現が好きなので積極的に使っていきたいですね(笑)

広告から漫画を読むようになったきっかけでもある作品で、ここからゴミ屋敷とトイプードルと私シリーズと当サイトのお付き合いが始まったとも言えるでしょう。

時代を反映するかのような、

  • SNS映えを意識して生きる女性
  • 身の丈以上の生活を求めて破綻

という描写がとにかく秀逸で、あっという間に転落していきます。

明日香チャンの場合は普段の素行がアレなので、仮にSNSがなかった時代でも転落していたんじゃないかなぁという生き様です(笑)

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) ゴミ屋敷とトイプードルと私:あらすじ いつもみいんなに憧れ...

明日香の後輩、港区に憧れたサヤ:全7話

そして、明日香編で出ていた後輩・サヤが、まさかの主人公になってシリーズ続投したのがこちら、皆様おなじみの港区会デビュー編!

明日香編ではまともそうな立ち位置だったサヤが、明日香と同じかそれ以上に業の深いSNSモンスターとして描かれています。

憧れの存在、misakiと肩を並べるべくお仕事(という名のパパ活)に精を出す描写が、当時パパ活が流行りだした時代背景もあって興味深く読める作品でした。

まさかの黒幕が一番身近に居たり、憧れの存在の人間としての格が違いすぎたりと、それに気付けないサヤのオツムが心配なシリーズでもありましたね(笑)

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 もっと見て!あたしはみん...

スピリチュアルヒーラーとして返り咲いた明日香:全3話

サヤ編では、詩織さんやmisakiという魅力あふれるキャラクターが登場したことから、次のシリーズは彼女らでは?という推測がありました。

しかしまさかの初代主人公明日香の再登場!

落ちぶれたサヤが、同じように落ちぶれているのでは?と思った相手、明日香に会いに行くあたり、リアルだしサヤはサヤだなぁという感じがしつつ…

お話の繋がり方としてとても自然なのが印象的でした。

一番初めの作品では明日香=アホというイメージでしたが、スピリチュアルについて実は微塵も信じてはなくて、どうにか人目に付きつつキラキラしていたいという狡猾さや制御できない自己顕示欲の強さを感じる人物だという印象に変わった作品でもあります。

首謀者は逮捕され真の黒幕は操り人形を変え、そして明日香もまた渡り鳥よろしく逃げる様が、短いシリーズのテンポとして非常に上手くまとまっていたし、疾走感を感じる展開が魅力的でした。

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #ラブと癒やしとホントの私1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 一度はすべてを...

配信者キャラとして歴代イチの切れ者、まみりこ:全12話

次は誰のお話なんだろう?と思っていた矢先に始まった新シリーズは、前編にまったく関係のない新キャラ、まみりこでした。

SNSモンスターの次は動画配信へと趣向を変えたシリーズでもあります。

明日香、サヤ、詩織さんと主要キャラを見てきたなかで、賢さでいえばmisaki寄りかキャラクター随一では?と評価されたまみりこが、配信者から芸能人となり転落するまでを描かれています。

まみりこがどう転落するかというよりは、刺客(聖子さん、七香)を倒し、全編通して付き合い続けてきた友達・ちえとの関係にいつの間にかシフトしていましたね。

こちらのシリーズはゴミトイプ史上最長でもあり、途中やや中弛みした印象もありました。

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 私は どん...

まみりこ編で人気だったキャラ復活シリーズ:全6話

タイトルの通り、人気だったあの3人のリターンズ編!

トップバッターはちえで、聖子さん、かなえさんと続きます。

ちえ目線で描かれるまみりこはやっぱりまみりこなんですが(良くも悪くも)、とても新鮮でしたし、なんだかんだお互いが必要なんだろうなぁこの二人…感が個人的にはとっても良かったです。

でも結局ちえはどういう道を歩むのか描かれていなかったので…やや尻切れトンボな感じもしました。

聖子さんは相変わらずどころかモンスター感が増してるリターンズでした。

子ども放っておいてママ活に精を出すとか、ネジ何本飛んでるんだ?という感じの毒親っぷり。

まあちゃんが不憫でならない…。

そしてかなえさんはというと…。うん…。

環境が変わっても生き方を変えるのって簡単じゃないからこそ、もっと頑張れという言葉を送りたくなるキャラクターでした。

誰かを妬む暇があったら仕事で精を出すか旦那さんを捨てよう!

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 とび...

そして再びスポットの当たるまみりこは、配信者として返り咲くのか?

そして現在配信されているシリーズ、まみりこ億女編。

シリーズ冒頭で、無関心な親といじめてくるきょうだいの存在に傷ついた幼少期のまみりこが、そのままそれを引きずり

『私は自分で、億を稼いで姫になる。』

と、独白するシーンがあります。

実際配信者って億稼げる人がどれだけいるのか調べてみたのですが、対象をYouTubeにして日本人のチャンネルに絞った場合、億万長者はヒカキンクラスだけのようですね。

参照元:日本のYouTuber年収ランキングTOP10

ヒカキンさんはYouTubeにおいて10年選手で動画配信に関してはスペシャリストですし、手掛けるチャンネル数とその内容を見てもトップの登録者数や年収を誇るだけの実力を持っていると言えそうです。

他のランクインしてる配信者の方を見ても、皆それぞれが独自性や世間に対しての需要がある配信を行っているとは思うんですが、まみりこには明確な戦略がないんですよね。

これは前シリーズでも感じていたことですが…。

野心が物凄いある割にはその辺の分析や、トップをガチで狙う執着心をあまり感じられないキャラクターでもあります。

恐らくシリーズの構成上、やらかして炎上→一気に話題を集める&それに登録者数や年収が上がるパターンかもしれませんが、例のごとく、一気に膨らまされた風船のようにあっという間に弾ける(転落)予感もしています。

ややネタバレですがチームZも、本気でシェアハウス内の誰かを成功させようなんて微塵も思っていないでしょうしね…。

このシリーズはまだ続いていますので、どういうお話になっていくのか最後まで見守りたいと思います!

このシリーズでゴミ屋敷とトイプードルと私シリーズは卒業かなぁとなんとなく思っています。

いや、何だかんだ卒業できないかも知れませんが…笑

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #億女tuber まみりこ 1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらす...

おわりに

今日も貴重な時間を使って読んでくださってありがとうございました。

読んでくださる方に支えられて、サイト運営を頑張れています。

次は【復讐の未亡人】のまとめ記事を作ろうかと考えておりますが、取り上げて欲しい作品や、まとめて欲しい記事があったらぜひコメントやお問い合わせフォームにお寄せいただければと思います!

いつも本当にありがとうございます。

併せて読みたいおすすめ作品

『オタクだよ!いかゴリラの元気が出るマンガ』いか ゴリラ(著)ホーム社書籍扱コミックス(ホーム社) 【あらすじ】 読めばとにかく元気...
『ウマノリ!ガールズパーティー 1』かたおかみさお(作画)梅川陽衣(原作)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】...
『裏アカ破滅記念日 17巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 専業主婦歴16年。 ...
『崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1』池田ユキオ(原作)紺ことり(作画)ワケあり女子白書(小学館) 【あらす...