スポンサーリンク

友情、恋愛、結婚…刺激的な人生を追体験!?『和田 海里』おすすめマンガ5選♪

友情、恋愛、結婚…刺激的な人生を追体験!?『和田 海里』おすすめマンガ5選!

【概略】

レディコミと言えば(?)和田海里先生!

ゴミトイプでおなじみの”ワケあり女子白書”を読んでいるうちにすっかり好きになってしまいました(∩´∀`)∩!

大好きな先生の作品に縛って、

刺激的~~~(ikkoさんボイス)

と感じた作品を、5つ集めてみました♪

⑴ベースが読者投稿

⑵お値段は各作品100円台

⑶絵も綺麗で読みやすい

と思うので、サクサクお読みいただけると思います(`・ω・´)!

なんでこういうの好きかって、

踊るさんま御殿の視聴者投稿とか、あと結構昔ですけどフジテレビのこたえてちょーだい!とか、読者投稿系が三つ子の魂百よろしく惹かれるものがあるんでしょうね…(?)

自分の世界線にはない、他人の刺激的な人生を追体験しましょう!

『彼女と私の温度差』和田 海里(著)本当にあった女の波乱万丈人生(竹書房)

あらすじ&内容紹介

ともだちだと思っていた?

女子力皆無の自分にも、やっと恋愛の芽が…そんな私を応援してくれていたはずなのに、一体どうしてこんなことに?

(この本の情報 より引用)

同期社員の詩歩と投稿者の吉田さんは、すべてにおいて対照的な性格。

それでも友だちのように仲良く付き合い、仕事のフォローもしてもらっていたけれど、ある時から冷たくされ、ありもしない噂を詩歩に流され、あげくの果てには意中の人を奪われるまでに!

一体になにがどうしてこうなった???

和田 海里:彼女と私の温度差(竹書房)

ベクトルの異なる女子たちの噛み合わない友情

元気いっぱいで女子力皆無だけど、企画や発案に優れる吉田さんは上司から一目置かれる存在。

同期の詩歩さんはそんな彼女を羨ましく思い、吉田さんができない仕事をフォローしたり恋の応援をしたりしていたけれど、いつもあっけらかんとし、事が上手く運びがちな吉田さんを妬ましく思うようになって…という感じで関係が徐々に冷え込んでいきます。

同じ環境で境遇が近いだけで、この二人は相性は良くなかったんじゃないかなーという印象のお話。

女子の友情にはあるあるかも?女子力高いけれど陰湿な詩歩さんに注目です笑

『食虫花』和田 海里(著)ブラック主婦SP(竹書房)

あらすじ&内容紹介

どうしてこんな女と友人付き合いを始めてしまったのか…

今となっては後悔しかありません。

(この本の情報 より引用)

お互いにイベントコンパニオンをしていたことで友人となった、亜衣と投稿者の美果さん。

問題の友人、亜衣は未果より5つ上であったにも関わらず天真爛漫で実年齢にそぐわないほどの超美人。

そんな彼女の特殊な性癖とは……。

和田 海里:食虫花(竹書房)

【色狂い女被害報告】

というキャッチコピーが面白過ぎてつい読んでしまいました笑

文字通り、色狂いな亜衣さん。

ただそういうことが好きなだけならいいんだけれど、『相手が人のモノであるほどに燃える(奪えたら所有者より自分が格上ということだから)』という困った性癖の持ち主で、誰彼構わず奪っていきます…(`・ω・´)

これでは女の子と友人関係など築けるわけもなく、投稿者の未果さんしか友人がいない状況でした。

未果さんも幾度となく被害にあっていて、彼女の性癖にはうんざりしていたのですが、縁を切れない理由があって…。

そんな関係をずるずる続けていたことにより、最悪の事態まで引き起こしてしまいます。

人間関係で人生決まるってホントねーとつくづく思うお話…身近に居てほしくないタイプで間違いなし!(`・ω・´)

『運命の赤い綱』和田 海里(著)本当にあった主婦の黒い話(竹書房)

あらすじ&内容紹介

監禁・執着の末、自殺した元カレが私に遺した負の遺産とは…!?

これが愛なの!?

壮絶ラブゲーム45ページ

(この本の情報 より引用)

今から25年前、とあるカップルの間に起きた壮絶なデートDV模様。

20歳と付き合う35歳の彼は、善人を装ったとんでもないメンヘラ男で…!?

和田 海里:運命の赤い綱(竹書房)

甘くて苦い、激情をはらむ恋愛が読みたい~~~

って時に、このお話はうってつけでした(`・ω・´)!

投稿者の英美子さんは、20歳のころに同じ職場で15歳年上の壮平さんという男性と付き合っていましたが、同棲をきっかけに彼の真の姿を目の当たりにすることになります。

優しいと思っていた彼の本当の姿はあまりに残酷で卑劣で脆くて、英美子さんは地獄のような日々を送るように…。

結果的にこの彼は亡くなってしまうのですが、その後も苦しめられたり、でも当時を懐かしく・愛おしく思ったり、英美子さんの心は彼の激情が伝染したかのように揺れ動きます。

同じ目には絶対に遭いたくないけれど…ここまで想ってくれる(自己愛も含んでいたとしても)恋人に愛されるのも少し、ドラマチックよね…なんて…。

『伯母の人生』和田 海里(著)本当にあった女の波乱万丈人生(竹書房)

あらすじ&内容紹介

いつまでこんなことが続くの…?

父の死、母の死…家の没落・最低の婚家に子供の障害!!

切れることのない不幸のスパイラルが始まる

(この本の情報 より引用)

戦前生まれの伯母の人生は、母の死、父の死、裕福だった家の没落に最低な結婚と不幸続き。

長女だったこともあり、はやくに働きに出て妹や弟を育てているうちに行き遅れ、お見合いで知り合った人と結婚したことがすべての始まり。

和田 海里:伯母の人生(竹書房)

本当に本当に信じられないほど最低な時代

と吐き捨てたくなるほど、有り得ない結婚生活が覗けます。

不幸な結婚をした主人公の伯母が作中で、

『(離婚に関して)誰もがしないことだったから、した人はとても目立つし、ひどくウワサもされたし、まともな女じゃないと言われたものよ』

『独り身になってもろくな仕事もなかったしね』

と、投稿者の姪御さんに語っているのが印象的。

もし今結婚生活がつらいとか悩んでいる人がいたら、読めばもう少し頑張ってみようかな…と思えるくらいにはどん底。

昔は

男=労働力

女=産む機械

婚姻関係を結ばせ、それぞれに重い役割を課しては、外圧も含めてそれを生涯担わせたというのがよく分かります。

今がいかに恵まれた時代か、強く実感するお話。

『めざめの日』和田 海里(著)本当にあった女の波乱万丈人生(竹書房)

あらすじ&内容紹介

何も考えずになった風俗嬢。

若気の至りとはいったもので、いろんな無茶もしてきた…けれど、今となってはいい教訓になりました!

(この本の情報 より引用)

結婚前にホステスをやっていた小夜子さん。

ある時雑誌で、中学の時に憧れていた先輩がホストをしていることを知り、お店を訪れるようになったのがすべての始まり。

和田 海里:めざめの日(竹書房)

真面目ホステス×理不尽ホストの最低な結婚生活

投稿者の小夜子さんは、特に理由はないけれど水商売に勤しみ、コツコツお金を貯める堅実な人生を送っていたところ、中学の先輩であるリョウさんと再会。

お互いに同じ業界に居ることもあり意気投合し、いつしか恋人同士になり、妊娠&結婚。

恋人の時は店でお金を沢山使い、妊娠して仕事を辞めたあとも指名が減ったという彼の給料を補填するように、小夜子さんの貯金を切り崩した生活。

いつしか小夜子さんのお金や実家のお金をたかるようになり、彼女名義で借金されていたりと、リョウさんのだらしなさが浮き彫りに…。

離婚を決意した小夜子さん、これ以上実家の両親に心配をさせないため、旦那さんに勘付かれないため、破産して子供に迷惑をかけないために…

一人で考え抜き、鉄の意志で行動&逆転する様がカッコいい!

辛い状況にあると思考停止したり、流されるように生きてしまいそうだけれど、小夜子さんは何とかやり遂げた(`・ω・´)

波乱万丈でありつつもこのお話はスカッと系♪

誰しも間違った選択をすることもあるけれど…いつからでもやり直せる、そんな風に思わせてくれるお話でした。

【感想】

以上です!

今回は作者さんしばりでご紹介しましたが、テーマ別などでもまたまとめ記事を投稿してみたいです(∩´∀`)∩!

引っ越しをして身辺が落ち着かなかったこと、Wi-Fi環境が無かったことなどから投稿が空いてしまいました。

また再開していきたいと思いますので、よろしくお願いします!

今日もお読みいただきありがとうございました♪

既刊リンク

併せて読みたい記事

『深夜のダメ恋図鑑 1巻』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 「俺は可愛くもないババアのATMになる...
『着たい服がある 1巻』 常喜 寝太郎(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 「ロリータ服を着たい」 それは、女子大生・...
『自分勝手な女たち このベビーカー見えませんか?』河東ますみ(著)家庭サスペンス(笠倉出版) 【あらすじ】 夫を会社に送り出したら、...
『50歳からの人生逆転術』 伊東爾子 (著), 庭りか (著), 川島れいこ (著), 神崎順子 (著), まるいぴよこ (著) 本当にあっ...
『外面が良いにも程がある。』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 世の中みんな、外面第一でしょ? ...