スポンサーリンク

『未亡人』にすり寄る影と処世術――行動から読み解く心理

『復讐の未亡人 番外編』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社)

【あらすじ】

「Sweet revenge story」復讐の未亡人番外編!

高校の同窓会に出席した密は旧友の桃代と再会した。

ただ、一見元気そうに見える桃代も、最近夫をがんで亡くして未亡人となっておりーー。

「私も未亡人なの」、こう打ち明けた密の真意とは!?

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

黒沢R:復讐の未亡人 番外編(双葉社)

『昔は黒髪でロングで時々眼鏡をかけて…』

高校時代の同窓会に参加した密!

時系列的に妊娠する前かな?

最新刊に出てきた通り、地毛を染めて学校生活を送っていたらしい密。

友人の桃代は同級生でクラスも一緒だった女性のようす。

黒沢R:復讐の未亡人 番外編(双葉社)

『夫の部下がこうして毎日連絡をくれるのだが』

桃代は、3ヶ月前に夫を胃ガンで亡くした未亡人。

夫の部下である小松という男性から、夫がらみの件で言い寄られては、その対応に手を焼いていた。

優しくて思ったことをなかなか口にできない彼女は、はっきり意思表示をしたり、人の好意を踏みにじることはできなかった。

黒沢R:復讐の未亡人 番外編(双葉社)

『20代の未亡人をそっとしておいてくれる人はいないのだろうか』

母親の店で働いている桃代。

友達も少ない大人しい性格の彼女は、肉親にさえ心の領域を土足で踏み荒らされ、店の男性客である末尾をあてがわれる始末。

意思表示が明確でない彼女は、周囲からの好奇や好意に振り回されていた。

夫の死についてこれ以上誰かに漏らすことを避けようと思っていたのに、つい口にしてしまったが、

密は、『私も未亡人なのよ』と告げる。

真言と一緒になって、妊娠前くらい?

真言と一緒になる前?

それによってどちらなのか違ってくるが…。

ここでの展開は、自分の手の内を見せることで桃代の心を開示させようとした狙いもありそうな?

黒沢R:復讐の未亡人 番外編(双葉社)

『これは 私の想像でしかないのだけれど』

密のことを、『人の心が読める人』と高校時代から認識していた桃代。

密たちのクラスを支配し、学年で一番発言力のあったある女の子。

その子に目を付けられ嫌がらせを受けていた密だけど…

ある日彼女がトイレに行って、そのあと戻ってくることはなかった。

まわりは密がやったと疑っていたが…。

密は、その人がまとう色(感情を表すオーラみたいなもの?)と表情でまわりの人間の気持ちが分かったそう。

黒沢R:復讐の未亡人 番外編(双葉社)

『あなたの拒否を 3回無視する人は あなたを操ろうとしている人』

夫の死。

そしてそれによって困った事態が引き起こされてしまった桃代。

そんな彼女を見透かすように、周りの人間が本当は何を考えてすり寄って来ているのかを教える密。

自分の意思を表示するのは簡単なことではない。

女性ならなおさら、報復や恨みを買うことを恐れてしまう気持ちが少なからず、

というか多分に漏れずある。

そんな連中に搾取され続けていいのか、彼らの本心を代弁する密。

立ち向かえ!桃代!

【感想】

番外編を偶然見つけて即購入!

コミックスだと番外編は新刊に収録されていたりするので、電子書籍はこういうとき直ぐに手に入れられるのが嬉しい(`・ω・´)

単話で売るということはこのお話は新刊やその後の続刊には載らないんでしょうね多分。

今回で密の年齢が29歳であることが判明!

アラサー付近だと思っていましたが思ったより若かった笑。

『私も未亡人』と言っているところから、真言と寄り添う前かも知れませんね。

密の言葉はどこまで本当で嘘か分からないところがあるけれど、親しい人を前に偽っているとは何となく思いたくないような笑

本編とは違ってだいぶマイルドな雰囲気でしたが、短いページ数の中にいつもの密、

身近にありそうな困った事柄、密の学生時代のことなどぎゅっと詰め込んでいて読み応えは十分にありました!

黒沢先生はいつも、描写やセリフに無駄がなく状況の伝達が上手だと感じます。

密の、棘のない、でも芯の通った人間性から出る言葉も魅力的。

本編も早く読みたいけど番外編もこうして時々出たら楽しいなー

今日もお読みいただきありがとうございました!

既刊リンク

『復讐の未亡人』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 復讐は気持ちがいいーー とあるIT企業に勤務する、有能な...
『復讐の未亡人 7巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 密と同じマンションの最上階に住む謎の少女・美花。 ...
『復讐の未亡人 8巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 謎の少女・美花は、今は亡き優吾と密が...

併せて読みたい記事

『ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻』 峰浪 りょう(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 周囲から男っぽく見られている女子大生...
『アンサングシンデレラ 病院薬剤師 葵みどり 1巻』 荒井 ママレ (著), 富野 浩充 (医療原案) ゼノンコミックス(徳間書店) ...
『御手洗家、炎上する 1巻』藤沢 もやし(著)KC KISS(講談社) 【あらすじ】 代々病院を経営する御手洗家が全焼するという不幸...
『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、...
『マイホームヒーロー 6巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 僕たちはみん...