スポンサーリンク

人には言えない「秘め事」――3人の19歳が織りなす、欲望と葛藤

『ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻』 峰浪 りょう(著)ビッグコミックス(小学館)

【あらすじ】

周囲から男っぽく見られている女子大生・由樹(ユキ)

彼女は誰にも言えない秘密の儀式を行っていたーー。

燻り続ける己の欲望に苦悩する日々を送る由樹。

一方、同じ大学に通う佳人(カイト)未果子(ミカコ)の2人も他人には明かせぬ「秘密」を抱えていてーー。

「ヒメゴト」を持つ3人の19歳が繰り広げる「ヨクボウ」と「セイフク」の物語ーー。

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『櫟原さんの会話聞いてると、本当に男の子みたいなんだもん。』

櫟原由樹は、19歳の大学一年生。

整った顔立ちにも関わらず、ノーメイクかつ身だしなみに無頓着&男っぽい言動から、周囲からは(性別どっち?な意味で)異質な存在として浮いていた。

由樹(ユキ)という名前も、中高と一緒で大学でも常に行動を共にしている男友達・根本祥男らしく!という意味合いを込めて『ヨシキ』と呼ばれていたため、新しい環境でも従前どおり呼ばれる由樹。

大学進学を機に、知り合いを居ない場所を選んだつもりが祥がついてきて、

『以前のままの名前(や、男っぽい役回り)』をまたこなさないといけなくなって、

ウンザリしてしまう。

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『…またやっちゃった。』

女らしい服を一着も持っていない由樹は、

高校のころの制服であるスカートを一人暮らしの部屋にも持ってきて、こっそり履くのが習慣になっていた。

男っぽい性格なのは生まれつき。

だけど年頃になると段々それを『演じている』自分に気付き、新しい環境では『女らしく(自分らしく)』ありたい感情を素直に出そうと思うように。

しかし大学でも高校のようなノリが始まり、どうしていいか分からない由樹はただ葛藤し、持て余した性欲をスカートを履いて慰めていた。

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『私は、自分が今日も”高い存在”であるかを確認したくて、』

由樹に話しかけた相手、永尾未果子

天然の黒髪にノーメイク、美しい顔立ちの持ち主。

大学へは実家から通い、門限も設けられている箱入り娘である彼女は、異性に興味を持たず、友達からのコンパの誘いも断り帰宅する真面目でおっとりした女の子。

…のはずが、

彼女にも『秘め事』が。

それは、15歳として体を売ること。

行為そのものには実は興味がなく、

相手が自分を、『少女』とみなして『(体を売る)対価をきちんと払ってくれること』に価値を置く。

男を騙せたという安堵感、騙された男の滑稽な姿を確認しては悦に浸る、未果子。

今日は15歳として騙せたけど、明日は分からない。

少女として見られているか、自分の価値を確認したくて行為を続けている。

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『誰ぇ?今の男の子。超キレー。』

由樹、未果子と同じ学年の、相葉佳人

雑誌のストリートスナップによく載る人気者で、学内でも人気の男子。

祥とは友達で、由樹の美しさを既に見抜いていることから彼に、『男友達』とか『ヨシキ』と呼ぶことで『女らしく振舞えない由樹』のことを解放してやれと気にしている。

見た目爽やかだけど思っていることを正面からきちんと言うタイプの性格。

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『そう、カイトには、女装癖がある。』

カイトには年上で社会人の彼女がいて、彼女名義のカードを好きに使わせてもらっているツワモノ。

そのカードで買うのは未果子とおそろいの服。

女の子代表みたいな清純派な未果子に心酔している彼は、彼女が着ているもの、持っているものをチェックしては身に付けて”女の子”に属している。

…19歳という年齢が、日々”女の子らしいもの”を似合わなくさせていることに気付いているカイト。

だからこそ、今許された時間を、大事に噛み締める。

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『…あれ?永尾さんにしては背が高…』

未果子の友達、梨奈と杏。

大学内で会った由樹に、人数合わせにコンパに誘う。

しかし由樹のその見た目から

女子にモテそう

ジャニーズっぽい

などなど参加者から好き勝手言われ、不快になり抜け出してしまう。

夜の渋谷を歩く由樹の視界に入ってきた、未果子が今日履いていたスカート。

門限があるはずだから飲み会には来ない彼女を心配して声を掛けると、その相手は…

カイト(女装ver)!?

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『…櫟原さん、どうか…した…の?』

翌日、女装の件について即釘を刺すカイト。

しかし由樹はカイトと気付いていなかったので墓穴を掘ることに…。

元々カイトのことを、祥が好きなゲイだと思っていたので、それにプラスオカマだっただけだろ?というと、

アンタとアタシは性別は逆でも同族でしょ

と由樹が悩んでいる事について突き詰める。

さらに、男っぽく振舞っていることの”女の無駄遣い”を、日頃からイラついて見ていたカイトは、由樹に掴みかかり…

そんなところを、未果子に偶然目撃されてしまうハメに。

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『友達になろう。女友達。』

誤解を受けない為に、(未果子の手前)付き合っていることになったカイトと由樹。

由樹を待ち伏せして突如現れ家にまで押しかけてくるカイトは、

憧れの未果子に誤解を持たれてしまったこと、

昼間言った通り、女を無駄遣いしている由樹に腹が立つ、

と、いつまでも喧嘩腰。

突っかかられている意味が分からなかった由樹も、カイトの主張に納得し、

そんなに言うなら女の子になる方法を教えて

と、友達になることに!

カイトの目から見て由樹は腹が立つほど元が綺麗

由樹の目から見てカイトは女の子に負けないくらい”女の子”

峰浪 りょう:ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻(小学館)

『「男の子」に慣れる練習させてーー』

19歳になった未果子。

騙しているはずの客から”15歳を騙っている”とバレていたことも重なり、憂鬱な気分に。

今のままで完璧なはず、男から必要とされるためにも客は選ぼうーー。

と決めた矢先に、カイトと衝突してしまう。

1秒でも男から見下されたくない彼女は、とっさに救いの手を差し伸べてきた由樹にときめく。

周囲が言う男っぽさをむしろ感じず、爽やかで下心のない由樹の性格を『少年』と表現し、

『男の子』に慣れるためにもーーと、突然キスを迫る未果子。

普段は数多くの男と接する未果子だが男嫌いは事実。

少年のような心を持った由樹に惹かれ、

由樹に『男っぽい』と呪いをかけ、好意をひた隠し、しがみつく祥をーー。

ンー

みんなかわいい(`・ω・´)

【感想】

峰浪りょう先生と言えば、溺れる花火が好きで好きで、ヒメゴトも出て即買った思い出があります。

ただ…子どもを持つにあたって、見せにくいコミックや本はことごとく処分してしまったので、kindle版を買うということに気付くまでに1年以上かかりました笑

なんで気付かなかったんだろう…?

三者三様の人間模様、キャラクターの濃さがとにかく面白い作品で、当時から物凄くハマりました。

誰かに感情移入というよりは、各々が持つ悩みや、繊細だったり傲慢だったりする部分に対して、若さゆえのあるあるだなぁとしみじみ感じたり…。

みんな段々嘘をつくのが上手くなっていくんですよね、このくらいの歳って。

本当のことを言えなくもなっていくし。

そういう拙さもリアルで好きです。

今日もお読みいただきありがとうございました!

既刊リンク

併せて読みたい記事

『着たい服がある 1巻』 常喜 寝太郎(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 「ロリータ服を着たい」 それは、女子大生・...
『あそこではたらくムスブさん 1巻』モリ タイシ(著)ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ】 気になるあの娘...
『あせとせっけん 2巻』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 女性に人気の化粧品&バス用品メーカー・リリ...
『さめない街の喫茶店 1巻』はしゃ(著)コミックス(イースト・プレス) 【あらすじ】 淹れたてのコーヒーの香り、焼き菓子の甘い誘い、...
『Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防』ゆきた志旗(著)集英社オレンジ文庫 【あらすじ】 さいたま新都心に位置するホテルブライ...