スポンサーリンク

【ネタバレ有り】ついに逮捕者まで出る展開、、予想できただろうか?

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

【あらすじ】

選ばれた女の子になりたかった。

SNSの中で輝く「港区女子」に…!

憧れの世界で充実していたサヤの「映え女子」ライフは、裏切りと格差の前に崩壊していく…。

SNS依存女子の歪んだ承認欲求を描く話題作「ゴミ屋敷とトイプードルと私」(池田ユキオ)

#港区会デビュー編、第7話!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7(小学館)

『結婚していれば勝ち組になれたのに。』

『生まれなおそっか!』と言われ失意のサヤ にさらにmisakiが言葉をかけたのは、元恋人・徳井さんのこと

大手企業に勤めるやり手のアートディレクター

プロポーズまでされていた仲だったのに、港区会入信により見せかけの欲にまみれ、手堅い恋人をみすみす手放してしまったサヤを本気で疑問視する。

自分が手にしているものが『みんなに羨ましいと思われること』は魅力的だと妄信しているサヤは、

それならここからのし上がれると算段したのか、

misakiの言葉で、、

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7(小学館)

『おかえりなさい。あ・な・た♡』

!!!!!!!!!

(;’∀’)ジーザス…

仕事帰りの徳井さんの家に住居侵入をかます。

『ご飯にする?』『お風呂にする?』『それとも…』

なんてお約束のセリフを吐きながら裸エプロンで近づいてくるさまは真冬のホラー。

恐怖のあまり腰を抜かす徳井さん…どこまでも不憫…。

派遣勤務時の美咲がやっていたように、男の人が喜ぶ茶色いおかず(サバの味噌煮、肉じゃが、コロッケ←これは買ってきたやつ)をしこたま作って、やり直そうと歩み寄るサヤ。

結婚したら港区にマンション買って、こんなウェディングドレス着て、式場の話など、今までのすれ違いなどなかったかのように話す彼女に、

展開的にはホラーものなんですが、それよりサヤの尻の長さに笑ってしまった笑

まだ25歳とかだったよね…?

裸エプロン着たまる出しの後ろ姿に耐えきれませんでした(;’∀’)

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7(小学館)

『あーあれね。』

サヤの話は聞かずにしっかり警察に通報する徳井さん笑

住居侵入罪だと3年以下の懲役か10万以下の罰金刑だそうなので、さすがにクビかな??

ちなみに裸エプロンはギリギリ軽犯罪に引っかからないのかな??(公然猥褻等)

そしてそんなお話をトイレで話す詩織さん、ついでに(?)misakiを突き落とした件についても同僚に話す。

港区会では話していたけれど、職場で話すのは初めての模様。

理由は『生意気だったから』。

徳井さんの恋路の件といい、行動する動機が子供じみている詩織さん、、

営業部のボスが誰なのかをハッキリさせることに躍起になっていた。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7(小学館)

『ちゃんと謝るって言うのなら、』

misaki(美咲)は本名で、泉は偽名であり、中山物産の令嬢であることを退社のタイミングで職場にネタばらし。

そして、先ほどの詩織さんの告白を同僚女性に録音させていた美咲。

この行動が取れるということは、どこかのタイミングで詩織さんが犯人だと気づいていた…?

誰を相手に何をしたのかしっかり分からせる美咲、思った以上に根性据わっているので、女性たちの影の実力者だった詩織さんも完全降伏状態。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7(小学館)

『ストーカーの88は児玉だった。』

逮捕後、釈放された後のサヤの生活…。

会社をクビになり、かろうじて六本木にある木造二階建てアパートに児玉さんと二人暮らし!!!

zaza sityって年商5000億 もあったのに急にここまでになる…??

騒動からどれくらいの時が経っているのかよく分からないけれど、

  • サヤタイーホと同時に電報堂クビ
  • からの社会復帰
  • スーパーのパート(キャバクラの面接は落ちたらしい)

この間に児玉さんと連絡取り合って、でも彼の会社は倒産してて、家族離散からのヒモ生活…?

アパートの名義人が児玉さんなのか、この部屋がかろうじて港区なので我慢して一緒に居るみたい。

サヤ、骨の髄まで港区が好きなんだねぇ( ;∀;)

『88』はハチハチと読んでいたのですが、正体が児玉さんとなるとサヤにとっての『パパ』ということで88なのか!?

事業が失敗して家族に見放されて、おまけにヅラだったのに思いのほか元気に過ごしている児玉さんを見てたくましさを禁じ得ない…笑

サヤ、20代でこの生活って凄まじいよ…。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー7(小学館)

『見ているよサヤ…』

転落しきったサヤ。

鏡に映る自分は、キラキラしていたころとは見る影もない。

自分があの時何を欲していたのか、

どうして今こうなってしまったのか、

いまだに答えが出せないでいる…。

SNSのフォロワーは裏アカ登場時の数千人クラスから、飽きられたのか二桁台に。

それでも嘘の投稿を止めないサヤに、

コメントを寄せる謎の人物…。

この女性のもとにある花は、

1話目に出てくる明日香チャンのアカウントに使われているアイコンの花と同じもの。

ということは、

そういうことなの…?(どういうことなの?)

☆20秒でわかる最終話まとめ

  • サヤ→元恋人宅に住居侵入罪により逮捕&会社をクビに
  • misaki→派遣勤務を希望退社のち父の会社へ、突き飛ばした件を詩織さんに詰め寄る
  • 詩織さん→同僚に裏切られみんなの前でmisakiに謝罪
  • 徳井さん→misakiに振られる。不憫なまま
  • 児玉さん→事業失敗&サヤのヒモになるもメンバーの中では一番元気!
  • サヤ父母→登場なし
  • 港区会→記述なし(通常運転?)

港区会、サヤのように使い捨てにされた生贄女子の存在や、内部分裂や裏切りにより何かしらの動きがあるかなぁと思いましたが特に描かれていないのでそのままなんでしょうねー。

最後のお話にもう少し時系列が入ってると分かりやすかったかも?

ともかく、

『#港区会デビュー サヤ編』これにて終幕!

【感想】

ついに終了!

最終回はわずか18pでした。

初回の7月から5か月…続いた割には分量も展開もアッサリという印象…。

そして犯罪行為に及ぶサヤの暴走やストーカー児玉さんとの関係など、かつてないほど気色悪いと感じた回でもありました、、

『勝ち組』にこだわり続けたサヤ、でもそれは誰かの力でもって成し遂げるものと思い込むあまり、自分はいっさい努力はせず元恋人の徳井さんや児玉さんにすがる姿はすごくみっともなかったなぁ。

なんか回を追うごとにサヤのIQ一桁なん???ってくらいアホさが酷かった…。

振り返って見るに4話目くらいからIQの低下が著しいような

本当にこの作品は女子が転落していくしかないんですねぇ(´ー`)逆転なし&救いがない!

そして途中から各キャラクターが目立ってきたため、彼女らの存在がサヤより気になってしまって、主人公の印象をもう少し引き立てて欲しかった感も。

息つく間もなく来月からは新章スタート!

ちょっと働かせ過ぎでは??嬉しいけど少し休ませてあげても…。

時間を置いても、池田先生のことを思えば待てる!笑

今日もお読みいただきありがとうございました。

いよいよ年が明けますね(`・ω・´)!

新章の配信日は1月25日だそう!

既刊リンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 元読者モデルをしていた明日香(あすか)は34...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 営業部に異動し、『港区会...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 ただキラキラしたかっただ...

併せて読みたい記事

『外面が良いにも程がある。』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 世の中みんな、外面第一でしょ? ...
『美魔女の綾乃さん 1巻』相原 瑛人(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 綾乃39歳、主婦。 美しくて、優しい綾乃さん...
『あせとせっけん 1巻』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メー...
『あそこではたらくムスブさん 1巻』モリ タイシ(著)ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ】 気になるあの娘...
『御手洗家、炎上する 1巻』藤沢 もやし(著)KC KISS(講談社) 【あらすじ】 代々病院を経営する御手洗家が全焼するという不幸...

コメント

  1. sksk より:

    ストーカーが徳井さんか児玉さんかと予想したskskです。
    後者だったとはね。
    詩織さんミサキ(泉)に突飛ばしの件謝罪したのは よかったけど(チャラになったけどねムショ行き、賠償金ならずに)どうなるんだろうね。

    • ポエリ より:

      skskさんこんにちは(^^♪
      児玉さん予想の方はいなかったので、びっくりでした笑

      あれが謝罪だけで済むなんて…という感じですが、部署内での詩織ヒエラルキー(ついでに威厳も)崩壊したので職場には居づらくなった=辞める結果とかになっていそうです。

      • sksk より:

        遅くなりましたが、明けましておめでとうございますm(__)m
        ありがとうございますm(__)m
        そうですね(^^;
        詩織さんミサキ(泉)突飛ばし事件が明るみになり会社辞めるんだろうなと思いますね。
        今度の物語は私の予想では詩織さん完全墜落になりそうです。
        今年は参議院選挙(過半数が今年任期ですので)ありますので沖縄かどこかの地方で議員目指す詩織さん。
        ミサキ突飛ばし事件、サヤ生け贄事件だけじゃなく他のスキャンダルバンバンと・・・・・。
        決め付けはいけないが詩織さん昔、整形してた可能性も(徳井さんに告白できなかった原因のひとつバレたら怖い)
        今度こそ明日香ちゃん、ハゲダヌキ出て欲しい。
        ミサキさんもまた出て欲しい。
        あとサヤと落ちぶれ児玉さんもね。

        あとひとつの予想は徳井さん またまた変な女に絡まれる。

        • ポエリ より:

          skskさんこんばんは、そして明けましておめでとうございます。
          詩織さん、今作の中でも悪女度が高いので…あれだけで済むとは思えないので、今後の新章に何かしらの絡みがあるといいですね!
          主人公以外は過去が明るみにならないので、彼女の背景も気になりますよね~
          次こそ明日香チャンが出そうですね、作者様のツイートにそんな気配が…(`・ω・´)

  2. より:

    うわああああぁぁぁああぁああ
    みんな怖えええぇぇぇええ((((;゜Д゜)))))))

    misakiさん最後のサヤへの言葉、後でサヤが暴走するよう仕向けて掛けたのかそれとも…

    詩織さんの公開処刑、ボスをハッキリさせるどころか逆に格の違いを見せ付けられていて爽快でした(^_^)
    会話を録音していた同僚は、港区会と無関係の子でしょうか。
    別サイトでは中山物産にヘッドハンティングされたと書いてあったし、泉さんと仲良くなって、“misaki”とお近づきになったのかな、と推測。
    サヤも初動で泉さんと仲良くなっていたら…のIfストーリーを垣間見た気分です。
    流石に社員引き抜くのはどうかと思うけど(;^_^A

    それにしても末路がまさかのケツアゴおじさんと同棲とは…
    港区マンション渋ってたのも、3話の時点で会社が傾き始めていたからだったのかな。いま思えば。
    ひとまず“港区に住む”願望は叶ったようで何より(+_+)

    そして気になるのは新章ですね!
    こんな感じで予想してみました(´▽`)ノ
    ①しおりん主婦編
    徳井さんと結婚して子どもを設けるが、若い頃の生活を忘れられず、SNSにどっぷり浸かり、ママ友カーストにも翻弄されながら転落してゆく…
    ②明日香VSサヤ潰し合い編
    復活した明日香ちゃんの復讐劇、開幕…

    長くなってしまいましたが、今年も1年お疲れさまでした。
    新章も記事楽しみにしています٩(๑❛ᴗ❛๑)۶

    • ポエリ より:

      陸さんコニチハー(^^♪
      段々ドロドロ度が増してきてちょっとのことじゃ驚かないぞ?と思っていたんですが予想以上の展開でした笑
      美咲含めてみんな怖えええぇぇぇええ((((;゜Д゜)))))))!

      人を見る目に長けている美咲なので、サヤの魂胆も分かった上であの言葉をかけたのかも知れませんね。
      品のある人だと思っていたけれど、間違いなくなめてかかったら不味い人物でした…(顔は怖かったけど好感度上がりました笑)

      詩織さんの行動基準がいちいち子供じみていて呆気にとられましたし、事前に録音を協力するなど完全に美咲のが一枚上手でしたね。
      職場の女の子たちも港区会メンバーだと思っていたんですが、この一連の流れを見るに無関係の子も居たみたいですね。
      悪事を暴露されてキレた詩織さんが同僚女性に向かって『あんたどうなるかわかってんの!?』と凄むんですが、
      『中山物産にヘットハンティングされたんで有休消化のち退社しーます』と返す展開でした(;’∀’)
      確かにもしサヤが美咲と仲良くなっていたらと思うと雲泥の差ですよね…サヤ…。

      ケツアゴおじさん笑
      そうか初対面時からめちゃくちゃ儲けて羽振りも良かったわけじゃなくて、もう既に経営が傾いていたとも取れますね(マンション契約怪しい会話だったので)。
      仕方なく一緒にいるとはいえあの展開は予想できなかったので個人的には生々しくてちょっと気味が悪かったです( ;∀;)オエー

      ①と②どちらも面白そうなやつじゃないですか笑
      最後の人物が明日香チャンだとすると濃厚なのは②の展開でしょうが、サヤに闘えるカードが残っていないのがネックなんですよねぇ。
      上位にいたはず、キラキラしていたはずの女子が転落するところに話題性を持たせている作品なので、底辺同士を戦わせる意味とははたして…?笑
      そして次こそ不憫イケメン徳井さんが報われて欲しいですね!( ;∀;)

      最後までお付き合いいただきありがとうございました♪
      新章記事でもお会い出来たら幸いです!
      良いお年を(*^^*)

  3. ブタロー より:

    ストーカーは徳井さんかなと思っていましたが外れました(^^;
    それにしてもすごい結末ですね。個人的には一番怖いのは泉さんだと思いました。サヤや詩織さんはやること酷くても動機が単純というか幼稚。それに対して泉さんはシレッと徹底的にやり込めているあたり怖いです。もし彼女と結婚して、浮気でもしようものなら散々泳がせたあげく、100倍返しくらいされそうです。能力あるのは認めますけど。

    絵としても泉さんのあんな顔は見たくなかったなあ。華やかさなんて無くてもいいので、始めの頃のイメージのいち派遣社員だけどしっかり頑張ってる感じの女の人が個人的には好きです。徳井さんもそんな彼女が好きだったのかと。女は怖い…そんな感覚を植え付けられる作品でした。明日香ちゃんは可愛いもんだったなと改めて思いました。

    • ポエリ より:

      ブタローさんこんばんは(≧▽≦)
      意外な人がストーカーでしたよね、、未だにショックがでかいです笑

      美咲は誰よりもやり手でしたね、性格も怒らせたら間違いなく一番怖いはず…。
      今にして思えば色々と抜かりなく立ち回っていたので、頭もとってもいいんでしょうねぇ。
      しっかりとした女性という印象を私は受けましたが、人によってはイメージダウンにも繋がってしまったようですね( ;∀;)
      最終回だからか、美咲もかなり感情が露わになっていて最初の印象とはだいぶ変わってしまったしまったのは間違いないです。

  4. ブタロー より:

    私の予想する新章は、
    ①泉さんの今後の転落話。ああいった性格にちょっと表裏がある人は転落することあると思います。
    ②今回転落する前の詩織の話。今の部署で女ボスになるまでの道のり。いろんな人間を陥れてきてると思うので。
    ③明日香ちゃんとサヤの転落者同士の足の引っ張りあい。

    こんな感じですかね。他に何かありますでしょうか?

    • ポエリ より:

      ②と③は面白そうですが、①はどうでしょう??
      如才ない美咲のことなので、はたして転落することがあるかどうか…(`・ω・´)?
      詩織さんの過去と、今回の最後が明日香チャンにつながっているとしたら再来あるかなぁとは思いますが(。-`ω-)
      完全新作も読みたい気がしますが、どこか港区会やら電報堂にゆかりがある人が出てくるのが面白いと思っています。

  5. ぴーち より:

    前回は丁寧に返信をして下さり、ありがとうございました。

    あのトチ狂ったサヤの裸エプロン姿、下手なホラー映画より怖かったです。ってか、もう精神科行って治療してもらった方がいいような…日常生活に支障をきたすレベルだと思いました。徳井さん、一生のトラウマになりそう(T_T)

    泉さん、突き落とした詩織さんに対して謝罪で許しちゃうとか、悪どい顔の割にはすごい寛大な処分でしたね。詩織さん、傷害か下手したら殺人未遂に問われたかもしれないのに、命拾いしましたね。まぁプライドはズタズタに引き裂かれて職場からも追われるんでしょうけど。女ボスと言われてたけど、同僚の女の子が泉さん側に付いた所をみると、同僚からの信頼はあまりなかったみたいですね。

    88は児玉さんでしたか。お金があったときは相当頑張ってメンテナンスしてたっぽいですね。それにしてもあのピエロのトレーナーダサい…ZAZACITYってちゃっかり書いてあるし、あれは売れないでしょ(笑)
    サヤ、住所は確かに港区だけど、古いアパートに落ちぶれたオッサンと同居してスーパーでパートって、それは果たして港区女子と言っていいのか…?六本木の物件調べたら、この手のアパートは月4〜5万(築50年、ワンルーム、風呂なし)みたいです。東京の郊外とか千葉、埼玉にいけばこの賃料でもっときれいな部屋借りられるのに…。まだ25だし働く意欲あるんだから、港区に拘らなければ、十分やり直せそうなんだけどなぁ。

    最後の女性、髪型とあの花から推測すると、明日香っぽいですね。最後は太って老け込んだけど、何かキラキラしていた頃の明日香に戻ってる…?ひょっとしてお父さん亡くなって、仕事始めてオシャレできるようになったのかな?なんて思ってしまいました。来月から始まる新章が楽しみです。

    年末の忙しい時期に、長々と失礼しました。

    • ポエリ より:

      ぴーちさんこんにちは(*^^*)!
      こちらこそコメントありがとうございます♪
      別れたとはいえ元恋人のあんな姿見たらトラウマモンですよね…。
      サヤ、もう完全に精神的におかしくなっていたんでしょうね(。-`ω-)

      詩織さんへの罰が謝罪で済むなんてと少し腑に落ちなかったんですが、ボス気取ってた人がみんなの前で悪事バラされてその相手に土下座してたらもうこれ以上の仕返しはないですよね笑
      間違いなく職場には居づらくなるだろうし、それが一番効果的だったかも?と思いましたw
      88こと児玉さんのトレーナー、ぴーちさんのコメントで気になって、画像をよく見てみたらほんとに書いてありましたw今まで気づきませんでした笑

      そして物件調べたんですねw住所載ってましたもんね( ´艸`)
      築50年でワンルーム風呂なしに4~5万は割高…さすが(かろうじて)港区…。
      サヤがアパートの自室から六本木ヒルズを撮っているんですが、2階からあの景色が見えるのか疑問が笑
      この土地に拘らなければ住まいも仕事も十分やり直しききますよね、若いんだし…。
      その執着心こそがサヤの転落の元凶でもあるので、手放せないし気づかないんでしょうね( ;∀;)

      やっぱり明日香チャンっぽいですよね、全盛期の頃のクオリティに戻ってる!?と一瞬嬉々としてしまいました笑
      彼女の家や身辺にも何かしら動きがあって、復活の展開なんでしょうか…?
      あれで電報堂や彼女たちにゆかりのない新キャラだったら笑いますw
      最後までお付き合いいただきありがとうございました♪
      新章記事でもお会い出来たら幸いです!
      良いお年を(*^^*)

  6. サシス より:

    この漫画の結末が気になって、最後まで購入して読み進めました。色々衝撃的な作品で、しばらく忘れそうにありません。
    あの裸エプロンシーンとか、完全にホラー漫画みたいになっていて唖然としました。徳井さんは、これから女性不信になったりしないか心配です。

    中山さんは犯罪級に酷い事を詩織にされたのに、最後に怖い顔で凄んでましたけど、土下座で許してあげるなんて、だいぶ優しいなって思いました。いやむしろ、プライドへし折って会社での立場を無くさせる方が、最も屈辱的な仕打ちかも知れませんが、詩織が制裁されたのはスカッとしました。結局沙耶は完全に心が壊れてドン底まで落ちましたが、やはり擁護できる要素がひとつもないです。自己愛と承認欲求が強いだけなら良いですけど、平気で他人を見下したり、見え透いた嘘ばかり付いていたので全て自業自得でしょう。詩織に騙されてとはいえ、沙耶も港区会のパーティー楽しんでましたし。

    自分が特別だなんて思わないで、他人に気遣いを出来ていたら幸せになれていたのに、中山さんの言うとおり本当に「可哀想な人」でした。
    アホな話になりますが、最近流行りの異世界転生でもして、一国の女王様にとかならないと心は満たされないでしょうね。

    そしてストーカーの正体が、実は港区会の元セレブだったとは意外でした。まあ彼も自分の財力に物を言わせて女をオモチャにしてましたし、『金持ち』というステータスを失った、転落っぷりがあまりにも酷すぎて溜飲が下がりました。

    そういえば、ラストのコマの「見ているよ」は、やっぱり明日香なんでしょうか?どういう訳か小綺麗な姿になっていたので、落ちぶれてから復活した模様。
    前作で実家に戻ってから猛省して真面目に働いてたら、運良く金が転がり込んで来たとか。そこだけ気になりますね。

    何はともあれ、完結お疲れ様です。「ゴミ屋敷とトイプードルと私」は来月に新章が始まりますので、楽しみにしております。それではよいお年をどうぞ。

    • ポエリ より:

      サシスさんこんにちは(`・ω・´)!
      最後の最後まで多くの方にショックを与えたであろう本作品、私もいまだに衝撃が…笑
      中でも裸エプロンはひと際衝撃が大きかったですよね、大体皆さま同じリアクションを取られていますw
      不憫な徳井さんが最後まであんな目に遭ってしまって、どこかに救いがなかったのかと悔やまれます( ;∀;)

      詩織さんへの罰が謝罪のみで済んで私も納得できなかったのですが、あの部署であんな仕打ちというのが彼女にとっては何よりの罰なのかも知れませんね。
      職場を追われる結果にもなりそうですし。
      私はサヤに対しておバカで性悪くらいに思っていたので、どこかで打開の展開がないものかと思っていたんですが、港区会で楽しんだりmisakiに仕事を押し付けたりと自業自得と言えるシーンも確かにあったので、擁護出来ない派も多そうな印象です。
      みずから幸運をつかみ取る頭の無いサヤなので、異世界に飛ばされてアホこそチwヤホヤされる世界線でなら上手くやっていけるかも!?w

      最後の女性が明日香チャンなのかそうでないのか、すごく気になりますよねぇ。
      実は少し転落女子ものに食傷気味なんですが、明日香チャンが出てくるかもという希望だけで新章待てそうです笑
      こちらこそ、最後までお付き合いいただきありがとうございました!
      新章記事でもお会い出来たら幸いです!
      サシスさんも良いお年を(*^^*)

  7. とむ より:

    こんばんは、先日はコメントにお返事いただきありがとうございます。
    そしてレビューお疲れ様です、最終回は怒濤の超展開でしたねw
    伏線消化するのにこんな駆け足になるなら、ストーカー=児玉のエピソードは要らなかった気も…そしてもう来月から新連載ってw
    詩織さんのやったことはガチ犯罪だけど、警察にしょっぴかれるより高額な慰謝料請求するより、「花形部署の女ボス」の鼻っ柱をへし折られるのが本人にとっての痛手だとわかってやってるのがまたすんごい。
    それにこの出来事を逆手にとって、電報堂と中山物産の間に決して覆せない力関係を作れたのも寧ろラッキー程度に思ってそう。
    逆に、ド厚かましいけど悪いことはしてないサヤに対してはあくまで「アドバイス」してるんですよね…いや若干煽り気味だけど、さすがに裸エプロンで不法侵入までは誰も予想できないでしょうw
    私は中山さんについてはこのまま辣腕女社長となって楽しくやっててくださいと思います。次の転落ストーリーはイヤですね…そうなったら会社ごと転落しかねないし…
    そしてキモい女にキモく迫られることに定評のある徳井さんwシリーズのオチ担当なんでしょうか、女性不信になってもおかしくないwww
    キラキラ女子の「上がり」=高スペック男性と結婚、の式がこの漫画で崩されない限りは徳井さんに平穏は訪れないのかもしれません…

    明日香のエピソードは「こんな人どっかにいるかも」ぐらいのリアリティがあったけど、サヤ編はキャラのぶっ飛び具合も顔芸も凄すぎてもはや妖怪大戦争を見てる気分でしたw
    雑誌の傾向なのかもしれないけど、バカな女を嗤って消費する作品ばかりでちょっとお腹いっぱいになりそうです。
    次回もポエリさんの解説を見て面白そうだったら買おうかなとw
    いつも楽しい考察ありがとうございます。良いお年を〜。

    • ポエリ より:

      とむさんこんばんは(^^♪
      やはり駆け足&詰め込み気味でしたよね、これだけ続いたのでもう少しページ数割いて丁寧に描いて欲しかった感も…( ;∀;)
      88こと児玉さんエピ、やはり最後はハゲオヤジを出さないと気が済まないタチなんでしょうか…?笑

      詩織さんの罰が謝罪で済むなんてと当初は思っていたんですが、あのステータスを自分の悪事で瓦解させる事こそもっとも彼女にとってのダメージがでかそうですよね。
      そこまで分かった上で詰め寄ったのかも知れないですよね。
      力関係を構築し、社員の引き抜きまで公然とやってのけるmisakiが恐ろしいです笑
      サヤには焚き付ける意味であの言葉をかけていたら…と考えると恐ろしいですが、煽る意味合いも多少はありそうですよね。
      サヤはそれ以上のことをしでかしましたがw

      misakiはこの回で終了が望ましいですよね、見られるなら普通のお話。私も彼女が転落する様は見たくないですし…( ;∀;)
      徳井さんがシリーズのオチ担当に笑いました笑
      キラキラ女子にとってのステータスに結婚があって、その前段階に高スペック男性との交際があるなら彼は欠かせない存在ですよね、いつか必ず報われて欲しいです(;´∀`)

      誰もが口にしていますが、明日香チャン編は可愛いものと思える展開でしたよね、サヤ編…。
      妖怪大戦争www前作と比較してえげつなさが格段にアップしたのは間違いないですよね、いろんな意味で。
      女子がひたすら転落することが主軸なのは分かっていても、私も少し食傷気味ですwでも読んでしまう…。
      新章も頑張ってレビューしたいと思いますw
      こちらこそ、最後までお付き合いいただきありがとうございました!
      新章記事でもお会い出来たら幸いです!
      良いお年を(*^^*)!

  8. ここあ より:

    裸エプロンってもっとう、男性にとってロマンのあるものだと思うんですけど…ホラー漫画かな?ww
    何かサヤってそのうち逮捕されそうだな〜と思ってたんですが、本当に逮捕されてて笑いましたww
    父親に続き娘まで逮捕とはお母さん気の毒ですねぇ…
    いやもっと気の毒なのは徳井さんか…

    やっぱり泉さん、もとい美咲さんは自分を突き落とした犯人が詩織さんだと見抜いていましたね!
    5話で犯人について「西村さんではないと思ってます」と言ってた時の笑顔がなんか怖いな〜って感じたんですが、それって「だって犯人は目の前にいるもの」って意味の笑顔だったんだな、と。
    それにしても、階段から突き落とされるって下手したら死んでいた可能性もあったのに警察にも突き出さず土下座だけで許してあげるなんて、上の方も仰ってますけど相当優しいですね。それでも社会的にキッチリと制裁を受けているという。
    そして美咲さんは絶対に敵に回してはいけないお方だということが分かりましたね…笑

    というかストーカーの正体がまさかの児玉さん…88=パパが伏線になっていたのかもしれませんが、もう少し児玉さんとのエピソードがあれば良かったですね。

    来月から新章スタートらしいですが、今度は誰が主役になるんでしょうね?
    正直美咲さんの転落劇はあまり見たくないですね…だって美咲さん、別に転落に繋がるような悪いことは一切していないので…。
    明日香は蝶よ花よと育てられた結果の見栄っ張りワガママ勘違いオバさん(動物虐待)で、サヤはプライド激高で人を見下す割に低脳&無能女と、両者とも言動に問題があったので転落していく様を見て「自業自得ざまぁww」と思えたのですが…

    かといって詩織さんも今回でキッチリ制裁されましたし、最後の明日香らしき人物が明日香だったとしてまた明日香の転落劇??って感じにもなっちゃいますし…
    完全新キャラとかですかね〜?

    • ポエリ より:

      ここあさんこんばんは(^^♪
      25歳なのにロマンのかけらもない裸エプロンで戦慄しました笑
      そういえばお父さんも前科者でしたね、お母さんが気の毒ですが、もちろん徳井さんもやはり不憫なまま…。

      5話でサヤじゃないと否定していたので、あのあたりで見当ついていたんでしょうね、口元は微笑んでいたけど目が笑っていないのであのシーンは私も怖いと感じました(;´∀`)
      misakiは穏やかな雰囲気をまとっているにも関わらず徹底した性格かつ頭もいいので、敵に回したら怖い存在でしたね…。
      詩織さんへの罰も軽いように感じましたが、今にして思えばボスである彼女の立場を揺るがすというのが一番ダメージが大きいのを分かっていたんでしょうね。

      児玉さんがストーカー、なるほどと思いつつそれ以上の感想がないので、設定上そこまで必要だったかは疑問が少し(;’∀’)
      港区会にいた頃に関りがあったというくらいで、エピソードが弱いですよねぇ。
      私もmisakiが転落していく様は見たくないですね~(> <) 最後の方は喜怒哀楽がハッキリしていておだやかmisakiさんとは打ってかわってはいましたが、仰る通り悪いことは何もしていないので…。 最後の女性、見た目は明日香チャンっぽいのでまだ出てくるのかと喜んでいるのですが、サヤvs明日香なのか、完全新キャラなのか今から楽しみです(*^^*)w

  9. まいこ より:

    はじめまして
    いつも楽しく感想拝見しています(*´ω`*)

    前作で明日香とクライアントのハゲダヌキとの関係を拡散して同僚と笑っていたサヤが枕営業を拡散されて謹慎→ハゲダヌキと同棲という明日香よりさらに末路を辿ったのはちょっとかわいそうでしたが、因果応報とはこの事だな…と思いました(児玉さんヅラは明日香の件のハゲダヌキとリンクさせるために必要な設定だったのでしょう)

    徳井さんほったらかしにしたり、ミサキさんに仕事押し付けたりしないでコツコツキャリア積んで頑張ればここまで破滅には至らなかったでしょうに…(´・ω・`)

    サヤでこれなら新作ヒロインはどんなエグい堕ち方をするのだろうか…と恐ろしくなりました

    • ポエリ より:

      まいこさん初めまして!
      コメント&お読みいただきありがとうございます(*^^*)!
      確かになんか結末のシチュエーション似ていますね、今気づきました笑
      しかし明日香チャンと比べるとサヤの方が悲惨度合いが違うというサヤの業の深さよ、、(;’∀’)
      ハゲダヌキのリンクに笑いました笑

      異動したくてきた営業部なのに、大してまともに仕事していませんでしたよね、港区会を楽しんだだけ…。
      misakiに協力した同僚女性は中山物産にヘットハンティングされたという雲泥の差。
      新章の内容が気になりますよね、どんなひどい目に遭ってしまうのか(;’∀’)

  10. ごんちゃろふ より:

    はじめまして

    いつもネタバレと感想楽しく拝見してます

    最終話、怒涛の展開でビックリしました笑

    1番の驚きはストーカーの正体ですね
    予想だにしない(というか途中から存在を忘れていた)人物だったので。

    サヤは自分の落ちぶれた原因がまだわからないのもある意味すごいですね。
    わかっているけど目を背けてるのかもしれませんが…

    続編も楽しみです。
    多分続編の主役は今回出てきた女性キャラの誰かでしょうけど、スピンオフ的な感じで徳井さん主役がみてみたいです。
    明日香サヤ詩織とヤバめの女性ばかりが寄ってくるあたり、彼もどこかしらが破綻している気もします笑

    • ポエリ より:

      ごんちゃろふさん初めまして(*^^*)
      いつもお読みいただき&コメントありがとうございます!

      児玉さん、途中からフェードアウトしたかと思いきやしっかり主人公と絡みありましたねw
      設定が少し弱い気がしないでもないですが、意外な人物ではありました。
      サヤ、最後の最後まで『どうしてこうなったのか』と言ってるのがすごいですよね、大体自業自得なんですがいつ気づくんだろう…?

      徳井さんメインの話も読んでみたいですね、もちろんハッピーエンドで笑
      新章楽しみですね(*^^*)

  11. アクエリ飲みたい より:

    とりあえず全体を通してどうしても言いたい事は
    シオリハヤシダザマァwwwwwwwww

    中山さんにあんな事しなければ言葉通りトップの座に居座れたのにバカな事をしましたね笑笑
    サヤちゃんは結局残念な結末になりましたが、ストーカーがまさかの児玉さんだったのは意外でしたね。
    新章ではどんな感じになるんでしょうかね。
    中山さんはダークヒロインみたいな感じなので、個人的にはSNSでの勘違い女を中山さんが何らかの制裁を下すみたいな話が見たいですね!

    • ポエリ より:

      アクエリさんおはようございます(`・ω・´)
      年が明けましたね~
      詩織さんはかなりの悪女だったので、きっちり制裁されてスカッとしたという人が多いようです笑
      misakiがダークヒロインというのは面白いですね、賢いうえに真っ当なキャラクターなので、結果的にそんな役回りでしたね、今回は。

  12. あきすとぜねこ より:

    こんにちは。
    この本のタイトルは「ゴミ屋敷とトイプードルと私」ですよね。
    ゴミ屋敷も私も誰のことかわかりますが…トイプードル=児玉さん⁉︎と思いましたσ^_^;

    • ポエリ より:

      あきすとぜねこさんはじめまして!
      可愛いお名前ですね、個性的で羨ましいです(`・ω・´)
      トイプードルがまさかのwww
      児玉さん、、

  13. 名無しの88 より:

    はじめまして。
    この度レビューサイト初めて拝見いたしました。
    他の方のコメントやポエリさんの考察など、自分とは違った考察があり『#ごみ屋敷とトイプードルと私』をさらに楽しむことができました。

    【misaki】泉さんの正体が令嬢だから、『(あなたたちの泥沼任侠話なんて)私には関係ない話ですから』って言えたのでしょうね。

    【シオリ】朝から晩までヒールも神経もすり減らして頑張ってるのに、チャラチャラした奴が好きな男性と結ばれるのなんて許せないしおりんの気持ちはわかりますが、やり過ぎな気がします。misakiさんが制裁してくれてスッキリしましたが、彼女は営業課のボスにこだわりすぎたが故に失敗したのかなぁと思います。

    【トクイ】不憫www。明日香編の時から不憫な人だと思いましたが、次章では報われて欲しいですね。
    【asuka】父親に『誰だ』と言われ見るかげなくなった彼女ですが、ラストに『インターネットで拾った写真でキラキラし続ける(略』とあるので、虚栄心の塊のような彼女がそこら辺の名も無き花なんかアップロードするかなと疑問です。(本当は『みているよ。』はsayaの母親だったりしてw)

    バットエンド物は自分の大好物なので、明日香、さや共に楽しめました。
    次章のレビューも楽しみに待っています。

    最後に
    ただ感想だけ書くのもアレなので、私なりの次章の予測ですが

    ①sayaの母親が承認欲求を爆発させる

    ②中山物産にヘッドハンティングされた女子社員の転落人生

    ③misakiの転落話(実は自分磨きの浪費が凄くて経費にまでてを出してしまう)

    ③は無さそうですが、今回のasuka編のときsayaは賢そうだったのに、今回酷いIQの持ち主だったこと考えるとありかなぁと考察しました。
    合っていたら嬉しいですよね(笑)

    • ポエリ より:

      名無しの88さん初めまして!
      お名前に88と入れるということは児玉さんファン…?
      コメントをしてくださる方が多く、私も驚きつつそれも含めて作品を楽しめているので、同じように思ってくださるならとっても嬉しいです(*^^*)!

      詩織さんに話を振られた時のmisaki(泉さん)のあの顔とセリフ、今なら理解できますよね笑
      詩織さんは営業部では真面目に頑張っていたようですが、やり方がだいぶ不味かった…。
      徳井さんのことも今後何気に気になりますよね、ここに来られる皆さん口を揃えて『不憫イケメン』と言っていて個人的にツボです笑
      明日香チャンはサヤ編では出てきませんでしたねぇ、再来を匂わせてはいたと思うんですが…。
      バッドエンド物がお好きなんですね、私はいつかどこかでちょこっとでも救いが欲しかったです(;’∀’)
      次回も面白くレビューできるように頑張ります!
      ⑴サヤ母も我慢や苦労をしてきた人ですから、有り得なくないかも(?)転落女子ものなので、ちょっと年齢的にギリギリかもですが…笑
      ⑵と⑶はありそうで怖いですね、でも私はないと願っています( ;∀;)