スポンサーリンク

【ネタバレ有り】misakiの正体と港区会の真実、物語は結末へ向かう!

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

【あらすじ】

ただキラキラしたかっただけ…!

枕営業を暴露する偽造裏アカにより崩壊したサヤの『映え女子』ライフ。

追い詰められたサヤは憧れのmisakiへの感情がエスカレートし…。

話題作『ゴミ屋敷とトイプードルと私』(池田ユキオ)

#港区会デビュー編、第6話!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『何…言ってんの…?』

前回のお話 で、いつも一緒にパーティーをしている港区会の女の子たちに、いつの間にかのけ者にされ、

『生贄おつー』と突如言われたサヤ。

今回で明らかになった港区会の全容というのは、

  • モデル
  • 読者モデル
  • ミスコン出身者
  • 有力者のコネを持つ娘

などなど、カーストのトップにいる女の子と、

  • 会社経営者
  • 役員クラス
  • 成金
  • ↑このあたりに当てはまる既婚男性

の、マッチングの場のようなものらしく…。

ポイントは男性側が大金を使ってでも遊びたいと思わせる魅力(相対的なランクの高さ、希少性等)が女の子側には不可欠という点。

ルックスの良さ、何かしらのコネなど、他の娘と比べてなんにも持っていないと思われるサヤが、この会で発揮できる利用価値と言ったらカースト上位の女子たちが避けたい、男性側との体の関係を持つ代わりの要員。

サヤにとっては、体を差し出すことで仕事をゲットでき、人よりキャリアを積んで優位に立てていたつもり。

しかしはじめっから全て知っていた周囲は、サヤを好きにしていい代わりにおじさまたちのお金で遊んでいたもよう。

簡単に体を許したサヤを面白がって、なおかつ社会的に嵌めるために裏アカを運営し、数々の枕関係を暴露したのも詩織さんをはじめとする港区会の娘たち。

サヤの転落は、会に誘われた時から決まっていたとも言える(´ー`)…。

サヤのルックスでカースト上位じゃないとかどんだけwww

読モも微妙なラインじゃ?

ていうかミスコン出身者のはずだけどそれはダメなの?(4話にそんなエピソードが)

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『だましたの!? なんであたしを…』

元をたどれば港区会に誘ったのも、

おじさまたちに体を差し出すのは普通と言ったのも、

詩織さん。

彼女がここまでサヤに恨みを募らせた理由、

サヤが徳井さんと付き合っていたことや、なめた態度で仕事をしていた事が心底気に食わなかったみたい。

サヤが港区会で枕をして仕事ゲットをしていた頃、周囲は正規ルートで着実に努力をしていた訳だし、

そんな彼女らを馬鹿にしていた節はあったので、この辺は正直詩織さんの指摘通り。

まわりに対して抱く感情は、絶対に表に出さないようにしない限りは滲み出てしまうもの…。

途中から胡散臭い雰囲気の詩織さんだったけど、サヤのお花畑や交際相手の徳井さんのことを言うあたり、ちゃんとサヤを見ていたんだなぁ。

まあ指摘が正しくても完全に妬みでしかない。。。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『てめえっ、』

サヤが枕営業をした証拠の裏アカの運営、合成写真の捏造、それによって会社の信用を失墜させ、停職にまでなってしまったこと。

そして泉さんを突き落としたのも、それをサヤになすりつけたのも詩織さんだと分かり(彼女が自らすべてを喋ってくれたので)、

とことん奪われ、馬鹿にされたサヤ、、、

絶望し、詩織さんに襲い掛かる!!!

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『あら、お疲れさまです、西村さん。』

騒ぎを起こしたことで店を追い出されたサヤ。

ただ、キラキラしたかっただけ、

それだけなのに、どうしてうまくいかないの…。

道端で脱力し、悲しみにくれるサヤの目の前に止まった一台の高級車。

そこから出てきたのは、周囲から『misaki』と呼ばれる見知った顔、

泉さん…!

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『本物のmisaki!?』

misaki(こと泉さん)がこの地に降り立った理由、それはフォトスタグラムのフォロワーさんとの交流女子会が開催されるから。

misakiいわく、フォロワーさんにはいい家柄のお嬢様が多いそうで、港区会とはまた違った、というより、品性はかなり安定した会の様子。

彼女の素性は一流企業の令嬢らしく、親の会社を継ぐための社会勉強として他社への派遣勤務をしていた。

家柄も立派で、それに甘んじることなくめちゃくちゃ努力家でもあるmisaki。

派遣社員の時からそれは一貫していた。

どこかのタイミングで、泉さん=misakiだとしたら、派遣勤務はお嬢様の社会勉強だろうなぁとうっすら思ったんですが案の定でした。

婚約者もいるmisakiは天に二物以上与えられている気がしてならないけれど、どれもこれも、失わないように彼女自身がその価値を重く受け止め頑張り続けたからこそ手の中に収まっているんだと思います。

誰かや何処かから与えられるものだけが=優れているもの、幸せだと思っているサヤにはそれがまだ分からない。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『いくら理想を追い求めても、あなたの心は満足しない。』

サヤがどんなに愚かで哀れでも、それを決してなじらないmisaki。

ヒートアップするサヤをmisakiの同行者らが制止するなか、いつもと変わらず真摯に向き合う姿は本当に人格者だと思う…。

大嫌いだったはずの泉さんがmisakiだと分かり、

交流会への参加を、そして親しい友人になることを要求するサヤ。

SNSに上げている生活レベル、キラキラ具合、いずれも同じくらいのレベルでしょ?

と致命的なカン違いをするサヤにmisakiは、

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー6(小学館)

『私と同じになるには、生まれ直さなきゃ無理よ。』

と、吐き捨てる…。

【生まれ変わった気持ちでやり直せ】という鼓舞激励なのか、

本当に言葉の通り、【来世に期待】的な意味なのか、、

いずれにせよ、

詰み切ったサヤの人生。

誰の助けもないまま、どう終わる!?

【感想】

怒涛の展開の6話でした!

こちらの雑誌の表紙に『いよいよクライマックス』と書いてあったので終わりを意識したのですが、まだまだ謎は残ったまま!

ストーカーの存在、あと当初は匂わせていた明日香チャンの再来はないのか?など。

明日香チャン編と違って、サヤverは登場キャラクターが個性豊かなので、若干サヤの存在感が薄い気がしないでもない…。

ここまでのお話が港区会に所属したサヤにとっての『港区会デビュー編』なら、詩織さんがこの会に属した理由や詩織さん視点、misaki視点でも見てみたい!

特に詩織さんはかなり歪んだ本性を持っているので、ここに至った経緯とか知れたらなぁ。

案外サヤと同じ様な目に遭ってたりして?(なので嵌める側になってしまったとか)。

サヤの家庭環境、あまりに不遇で薄暗いものだったんですが、それを跳ね除けるように這い上がってきた経験があるにも関わらず、どうしてここまで根性がなく考える力がなくアホでもあるのか…(´ー`)…。

自ら何かをしようとはせず、港区会で関わる人らのステータスを自分の価値だと信じ込んだり、そんな風にしてキラキラ出来た経験をmisakiと同レベルと信じ込んだりアホの極みと言う外なく…。

周りの女の子たちが言うように、確かに何も持っていないように見えるかも知れないけれど、これをきっかけに努力をしたり、一目置かれることは不可能ではなかったはず(仕事で武功を上げるなど)。

misakiが優れているのは、生まれた環境によるものがかなり大きいのは確かだけれど、家格を下げないように、家の事業に相応しい人間であれるように、と、派遣社員をやっていた時から一貫して努力していたからで。

もしこの立場がサヤと入れ替わっても、サヤは幸せにはなれないとは強く思う。

誰かが幸せにしてくれることを待ち続けている以上は、絶対に満たされることはないんだよなぁと思う次第です。

今日もお読みいただきありがとうございました!

次回の7話配信は12月28日!

11月は記事数が少なくてすみませんでした、12月は更新頻度上げたい(。-`ω-)!

既刊リンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 元読者モデルをしていた明日香(あすか)は34...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 営業部に異動し、『港区会...

併せて読みたい記事

『外面が良いにも程がある。』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 世の中みんな、外面第一でしょ? ...
『美魔女の綾乃さん 1巻』相原 瑛人(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 綾乃39歳、主婦。 美しくて、優しい綾乃さん...
『あせとせっけん 1巻』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メー...
『あそこではたらくムスブさん 1巻』モリ タイシ(著)ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ】 気になるあの娘...
『御手洗家、炎上する 1巻』藤沢 もやし(著)KC KISS(講談社) 【あらすじ】 代々病院を経営する御手洗家が全焼するという不幸...

コメント

  1. より:

    怖えええええええぇぇぇぇ
    女怖ええぇぇぇええええぇ((((;゜Д゜)))))←2回目

    カースト上位って、きっと高校までの間陰湿ないじめを繰り返してきた人たちなんでしょうねー、港区会の女どもって。
    絶対こんな会社で働きたくないって思いました(((;゜Д゜)))))
    犯人の詩織さんも、そのうちしょっ引かれて欲しいなあ。罪は罪。

    って、そういえばサヤもミスコン決勝まで出ていませんでしたっけ?結果は知らないけど優勝とかしないと駄目なのかな。
    そう考えると、読モをやっていたという20代の頃の明日香さんは、港区会の参加資格はあったんでしょうね。

    泉さんも、配属当初はサヤさんに「仲良くしてください」と声掛けていたけど、あの時はフォロワーのサヤとして認識し、興味をもってくれた上での声掛けだったんだろうか…そしてその時泉さんを選んでいれば、豪華なフォロワー会に呼ばれることはあったんだろうか。
    そして、まさかの徳井さん失恋確定www

    何とか年末で締め括られると良いのですが…

    • ポエリ より:

      陸さんこんばんは(*‘▽‘ *)!

      怖えええええええええええ( ;∀;)ですよね笑
      このような世界があることにおそれおののいています…(今更)。

      港区会、本当に陰湿ですよねぇ。
      読んでいて面白いことは確かなんですが、なんかこう、同じ世界線に居たくない怖さというか。

      詩織さんの罪は重いし、裁かれて欲しい気持ちもあります。
      サヤがしていた事は確かに事実なんですが、サヤの認識上は【暗黙のルール】として行っていたというのがあり、
      ⑴それらがなりすましのアカウント(裏アカ)で暴露され→⑵停職→⑶日常生活が困難になったということは、
      詩織さんの社会生活こそリーチかかってる感あります(。-`ω-)
      名誉棄損や個人情報漏洩にもあたりそうですが…。

      サヤ、ミスコン出ていたしルックスも良いので、あの会で下位扱いなのがいまだに納得いかないです笑
      港区会の参加条件で私も明日香チャンのことを思い出してましたw

      泉さんがもし、フォロワーとしてのサヤを知ったうえで配属初日に声をかけていたら…というif、とっても面白い発想ですね!(*‘ω‘ *)
      サヤがあそこで見た目で判断していなかったら、まったく違ったルートになっていたはず…。
      仲良くなったら仕事でも一緒に向上して、本当の友達になれたらサヤにとっては最高の展開。
      サヤの未来はサヤ自身が変えてしまったんだよなぁと思うと居たたまれないです。

      徳井さん、不憫イケメン過ぎてそろそろ誰かと一緒に(詩織さん以外で)なって欲しいです( ;∀;)笑
      詩織さん、サヤや泉さんを蹴落としても自分にスポット当たるわけじゃないの、さては分かってないな…?

      これ年内で完結するんですかねぇ、して欲しいようなもう少し浸っていたいような自分がいます笑

      コメントありがとうございました(^^♪

  2. I(アイ) より:

    この話で詩織さんとmisaki(泉)さんの決定的な違いは詩織さんは泉を怪我させてサヤに対して陥れる悪質。泉さんは最初仕事サヤに仕事押し付けられても、よほど仕事早く終わらせてその後盗撮してたらわかるが、厳しく見下すも一種の警告のようなもので、そこまで悪質さが少ないからまだまとも。
    だから、次は詩織さんと仲間達が転落する話を作って欲しい。逆に泉さんが転落する話は見たくない。

    • ポエリ より:

      Iさんこんばんは(*‘ω‘ *)!
      misaki(泉)さん、厳しいけれど今のサヤには必要な存在ですよね。
      最後のセリフは彼女に深く突き刺さったはずですが、そうじゃないと意味がないですもんね…。

      詩織さんはオイタが過ぎるので、私もそんな話を読みたいと思っています!w

      こめんとありがとうございました(≧▽≦)♬

  3. ここあ より:

    サヤの今の状況って最早生きていけなくなるレベルのドン底っぷり笑ですけど、全てサヤ自身が今まで選んで行動してきた結果なんですよね…
    オジサンからの要求だって断ろうと思えば断れたハズですから。

    枕現場を隠し撮りされてネットに晒される、
    という最悪の事態を回避することも十分可能だったのにそれをしなかったのは泉さん(ことmisaki)の指摘通り、サヤが目先の誘惑に目が眩んで後先考えずに突っ走ったから。

    仕事に関しても詩織さんの言う通りで、ただオジサンのオモチャにされてるだけなのを自分の実力だと勘違いして努力もせず、周りを見下して調子に乗るからこうなるんだ、と。
    婚約破棄されたのもサヤがパーティに夢中で徳井さんを蔑ろにし続けたせいですし。

    モチロン詩織さんのしたことは到底許されることはではありませんが、仕事は真面目にやってたんですよね彼女…
    詩織さんはサヤのそういう性格だと分かった上で港区会に誘ったのかもしれませんね〜

    それにしても泉さんが本物のセレブかつmisaki本人だと分かった途端サヤのあの見事な手のひら返しww
    一番最初の顔合わせの時「仲良くしてください」と言う泉さんを散々見下して馬鹿にしてきたというのに急にシッポを振り出した時はホント救えない女だな、と…

    クライマックスということで詩織さんの本性も泉さんの正体も判明しましたし、次回例のストーカーの正体が判明しそうですね。
    嫌がらせ行為はサヤが原因で職場をクビになった明日香の復讐かな?と。

    • ポエリ より:

      ここあさんこんばんは(≧▽≦)!

      サヤ、メンタルめっちゃ強いですよね笑
      顔と本名と住所と枕具合晒されてそれを=フォロワー増となれる頭がスゴイw

      まわりの悪意は強烈でしたが、サヤがもう少し慎重に生きていたら、また、目先の誘惑に負けていなかったら、という可能性を考えてはまったく違った人生になっていたことは確かだよなぁと本当に思います。
      栄光に憧れる前に自分を磨いたり高めない限りは人からは、必要とされないのが世の常と言いますか( ;∀;)!

      港区会はきっかけに過ぎず、サヤの迂闊で表面的な生き方が浮き彫りになった経験とも言えそうですよね。
      徳井さんとお釈迦になったのも、泉さんが奪う以前にサヤ自身、彼を大事にしていなかったですもんね(> <) 泉さんことmisakiへのあの対応、本当に上辺だけでしか人を見れないんだということがよく分かる描写で滑稽でしたよね; 手のひらくるっくるで恥ずかしい…笑 ストーカーと嫌がらせをしてきている人は別人なんですかね?(ここまで読んでいて自信ない) 明日香チャンの線はありそうですね! というかどんな形でもいいからもう一度彼女を出して欲しい程度には明日香ファンです笑 コメントありがとうございました(*‘ω‘ *)♬

  4. ヨシュア より:

    あああー!!
    コメント欄でどなたかが予想していたとおり、やっぱり、ミサキ=泉さんだったんですか!
    身をやつすってやつですね
    ごめんなさい
    見下していた派遣社員が実は憧れのセレブって・・・陳腐です・・・

    • ポエリ より:

      ヨシュアさんおはようございます(^^♪

      泉さん、misakiオーラを消すために(?)あえて地味目だったりすっぴんのようなナチュラルメイクしてたんだろうなぁとか今なら思います笑
      ネットでの交流、職場で顔を合わせて、その後正体が分かった時など、泉さんはサヤに対してどんな気持ちなんでしょうね…。
      傍からみている分にはめちゃくちゃ恥ずかしいですよね(。-`ω-)

      コメントありがとうございました!

  5. みさこ より:

    「親がお金持ちでお嬢様」は普段シンプルに生活してて周りとあまり変わらない。と聞いたことがありますが正に泉さんはそのタイプですね。
    サヤも「自分が見下してた相手が憧れの人」なんてショックでかいでしょうが手の平返しの仕方は流石な感じもしました。まだどこかで「こいつなら利用できる」と言った見下し感がバシバシ出てきてます
    詩織さんも突き落とした相手が自分よりレベルが上だと知ったときにどんなリアクションするか見てみたいです

    • ポエリ より:

      みさこさんこんばんは(๑╹ω╹๑ )!

      泉さんレベルの階級の人、身近にいないので肌感覚で全く分からないのですが、そういうお金持ちの人も居るんですね!
      お金持ちだからこそお金の価値を分かっていそうですよね。

      サヤ、misakiが人として好きというより【お金持ち】として好き、仲良くしたい感じがダダ漏れですよね…。
      泉さんはそういう人を沢山見てきてそうです๛ก(ー̀ωー́ก)

      確かに詩織さんのリアクションも気になります!
      どんな反応するんだろうw

      コメントありがとうございました!

  6. ふぇいく より:

    でも実は港区女子、サヤに
    「あんなおじさんの相手なんて絶対無理!やですやですー!」
    なんて茶番をやって考え直す機会を与えてるんですよね…
    完全に自己責任です、これ…

    「生まれ直さなきゃ~」は激励じゃないかなと思います
    優しく言っても多分サヤには伝わらないでしょうし
    泉さん、サヤのことは許しても(多分相手にもしてないけど)
    詩織さんのことは許さないでほしいなぁと思います
    もう次回作の主役が詩織さんで死ぬほど酷い目に遭いますよ!
    と言われても納得出来る位のことやらかしてますもんね…

    それにしても、本当に徳井さん不憫すぎて…
    いえ、もしかしたらとんとんと話が進んで婚約者になったのでは…?
    それはそれでサヤにとっては絶望感半端ないですけども

    • ポエリ より:

      ふぇいくさんこんばんは(≧▽≦)!

      確かに、港区会に参加当初のころそんなやり取り(茶番)ありましたよね笑
      あそこで踏みとどまらなかったサヤには、抵抗はあったもののそれ以上に…仕事をもらえるとか人のお金でキラキラ出来るという魅力があったんでしょうね(。-`ω-)

      サヤへの激励へを思わず期待してしまいました( ;∀;);
      そんな展開だったら胸熱…!と思ってしまったし、過去の池田ユキオ先生作品でジェットコースターのような激動をはらんだ友情作品があったので、そんなストーリーも見てみたい気持ちになってしまって(> <) 詩織さん、ここまででかなり罪が重いことをやらかしていますよね、、次は詩織さんの転落ターンを期待する声が多くて、私もだんだん期待値上がってきています笑 突き落とした件も含めて詩織さんには泉さんから何かしらの展開があると思いたいですが…。 徳井さんが確変起こして泉さんの婚約者になっていたらちょっと報われますよね!w ハイスペック同士お似合いなはず(*‘ω‘ *)♬ サヤに今後の救いが無いとしても徳井さん、彼だけは…笑

  7. ふぇいく より:

    連投ごめんなさい
    サヤが他力本願になったのは、本人が努力してきたことを
    全て親が否定してきたせいではないかと思うのです
    努力してミスコンに選ばれて一流の企業に入って
    イケメンにプロポーズされて…
    「ああ、やっと報われた。もう頑張らなくていいんだ」ってなった隙を
    港区女子に付け込まれたのではないのでしょうか。
    そう考えるとサヤもかなり不憫な子ですよね

    • ポエリ より:

      港区会に入るまではかなり頑張っていたし、生い立ちとは打って変わって華やかな人生をちゃんと自力で手に入れていましたよね。
      物凄く世間体を気にして、サヤの努力や魅力を蔑ろにしてきた親の罪も、サヤの人生上無視できない存在だとは思います。
      あそこまで強く否定されてこなければ、必要以上に(という表現で適切か分かりませんが、)泉さんの言う『見せかけの輝き』に心を奪われることもなかったのかも、とは確かに思います…。
      選ぶ選択肢次第で大きくルートが変わっていたであろうサヤの人生、どうしてこうなったっていうのは誰しも思いますよね( ;∀;)
      ゆえに、サヤが名誉挽回出来る可能性が残されていないかなぁと…。

  8. ヨシュア より:

    こちらこそ、いつも、コメント返しして頂いてありがとうございます
    うれしいです(*´艸`*)

    これは漫画でフィクションだけど

    女性版2ちゃんねるのガールズちゃんねるに
    ZOZOTOWNの社長と剛力彩芽さんのデート記事のトピックのコメントに
    この漫画みたいって書きこみがありました
    同じトピに
    インスタのキラキラ女子はほとんどがパパ活だという書きこみも!

    これは漫画でフィクションですが

    現実味、リアリティがありますね!

    • ポエリ より:

      喜んでいただけて私も嬉しいです♬コメントくださる皆さまのおかげもあって運営頑張れています( ;∀;);;

      あのお二人の交際がこの作品のような要素を持っているとしたら、今後そういう目で見ちゃいそうですが、違うと信じたい自分も笑
      インスタのキラキラ女子アカウントの中には、知り合いからのタレコミや分不相応過ぎる生活で周囲とのズレを生んでしまって→P活バレする人も居るみたいですよね…。
      大学生、若い社会人の子が多そうなイメージがありますが、たまに高校生や未成年の子も居たりするみたいで、色んな意味でハラハラします(。-`ω-)

      この作品は現実のお話が盛り込まれている要素も恐らくあると思うので、リアリティが増した分やはり面白いですよね(*‘ω‘ *)!

  9. ヨシュア より:

    泉さんは
    地味で垢抜けない見た目なんですよね
    初対面のとき、そういうセリフがあります

    電子書籍が読めないので、こちらのサイトがあって、本当に助かっています、本当にうれしいです
    こんな素敵なサイトを開設してくださってありがとうございます!

    サヤ、枕営業をしているって、netgeekみたいなネット新聞に写真が載っちゃったんでしょう?
    うわー・・・
    致命的な状況ですね!!

    前作の明日香のほうがマシでしたね
    性格の悪さに応じて悲惨度が上がっていく、そういう勧善懲悪のシリーズなんでしょうか?

    他の方のコメントにも出ていますが
    次回作のヒロインはサヤをハメた詩織で

    サヤでこうなんだから詩織の結末はー

    • ポエリ より:

      派遣勤務の泉さん、地味めな見た目でサヤも安心しきっていた(?)っぽいですよね、初対面で確かにそんなやり取りがありました!

      広告で気になっても読めないってもどかしいですよね!めちゃ分かります(>_< ) コミックスになるにはタイムラグがあるし…。 そう言っていただけるととても嬉しいです(*^^*)♡ 感謝され慣れていないので上手く言葉をお返しできずすみません、こちらこそいつもありがとうございます! そう思って読んでくださる読者さんがいると思うだけで、これからもずっと頑張れそうです笑 サヤの枕営業、詩織さんによって盗撮され、裏垢の作成&まとめニュースになってしまいました…。 サヤがSNSにうpしたクライアントの資料も流出し一時大変な騒ぎに(>_<) 明日香チャンの方がストーリーはシンプルでしたし、退職にはなったもののネット上の傷はまだ浅かったと思います。 このシリーズのコンセプトは明確には分からないのですが、主人公の身の振りによって状況も悪くなっていっている感は確かにあります! これが連鎖して、明日香チャンを陥れたサヤ、サヤを陥れた詩織さん、という具合に、また次の作品に結び付きそうですよね…!

  10. ぴーち より:

    はじめまして。いつも楽しく読ませていただいております。

    詩織さん、サヤを嵌めた理由が徳井さんて…狙ってた男性を取られたからみんなでハメるとか、中学生かと。生贄になった女の子、サヤ以外にも沢山いるんでしょうね。

    泉さん、散々見下してしつこくブスと書き込みしてきたサヤに対して冷静に論破するあたり、さすが会社を継ぐだけの器のある人だなぁと思いました(そもそもレベルが違いすぎて、最初から相手にしていなかっただけかもしれませんが)。泉さんは経営者として会社を維持し、社員やその家族の生活を守るという多大な責任を課せられる立場の人。SNSではキラキラ輝いている部分しか見えないけど、そのキラキラ生活は努力と責任の上に成り立っていることを、サヤは考えたことなんてないでしょうね。泉さんがサヤにかけた一連の言葉、「もうSNSなんかやめて、自分としっかり向き合いなさい。」と伝えているように感じました。

    今後の展開について、サヤはどん底に突き落とされたので、少しは救われて欲しいと思います。泉さんが中山物産で雇ってくれるとか。
    詩織さんはサヤ以上に悪人なので、制裁がありそうな予感。電報堂と中山物産の間で何か契約を交わしていたけど、詩織さんの悪業がバレて契約が白紙になり、詩織さんも懲戒処分を受けるとか。
    88の正体が全く見当つかず、次回が気になります。

    余談ですが、港区会ってあまり若い女の子じゃなくても参加資格あるんですね(詩織さん、どんなに若くても30歳くらいだと思うので)。それなら、元読モの明日香も港区会に参加していれば、借金抱えずに遊んでいられたんじゃないか…と思ってしまいました(笑)

    • ポエリ より:

      ぴーちさんはじめまして(*‘ω‘ *)!

      こちらこそ、お読みいただきいつもありがとうございます(*^^*)♡
      詩織さんの策略が恋路が発端ということで私も意外というか、大人がやることか?と肩透かし感は少しありました笑
      サヤ&泉さんを蹴落としたところで詩織さんが選ばれるのか疑問ですし(;’∀’)・…。
      サヤ以外にも被害者居そうですよね、港区会の実態がもっと知りたい…!

      泉さんは本当に人格者ですよね、最初から最後まで、サヤのしたことを咎めずにきちんと向き合ってくれているので…中々できることじゃないと思ってしまいます。
      前作明日香チャンにはその立場の人がいなかったので、転落にも歯止めが効かなかったわけですし(> < ) 家柄として恵まれていることは確かなんですが、それを維持できるかは本当に努力の差ですよね。 いずれ責任を負う立場になること、周囲に広く目を配れる隻眼や困難に耐える胆力があるか、勉強も含め自分を高め続けられるかなど…別格の器を有しているとは私も感じました。 SNSではキラキラした生活や交友関係しか見られないけれど、それを維持できるだけめちゃくちゃ努力しているからであって。 詩織さんのしでかしたことは犯罪レベルかなぁと正直思うので、何かしらあって欲しいですよね(> <) 泉さんのところと取引があったとしたらという展開は面白いですね!設定を真面目になぞるなら、そんなストーリーも見てみたい。 裏垢の運営とストーカーを当初は同一視していたのですが、違うとなって正体は謎のままなので気になりますよね! 一番最後に分かるのかなぁ…。 そうなんですよね笑 みんなより少しお姉さんと仮定して、あと参加資格を見るに詩織さんは何枠なんだろうとか気になりました。 明日香チャンがいた頃から港区会があったとしたら参加出来ますし、いい思いもできたはずですよね笑

  11. みさこ より:

    お返事ありがとうございます(*^^*)
    ツッコミ所満載でしたね
    手の平返しした後のサヤがあまりに図々しすぎて笑うしかありませんでした
    「中山さんと私の仲じゃない」←どんな仲だ
    「親友になれるっていったでしょ?」←言ってたのはサヤだけでmisakiは言ってない
    私から見たら詩織さんもサヤと同じ様なレベルにしか感じられなかった(´-ω-`)そんな中でmisakiと取り巻きの方々がお店に入っていったら詩織さん達は完全に浮いちゃう気もします。「misaki=泉」と知ったらサヤのようにすり寄るのか、苦虫を噛んだような顔をするのか…
    泉さんは最初の挨拶の時点で「SAYAってこんな見せかけなんだ」と気づいてあの表情だったのかな?泉さん視点の話も見たいですね

    • ポエリ より:

      みさこさんこんばんは(^^♪

      サヤ、あんな絶望して道端でぽつんしてたのに、misakiが来たとたん元気になっちゃいましたよね笑
      そこ私も笑いましたし、みさこさんのツッコミめちゃくちゃ面白いですw
      一方的な誹謗中傷コメント送っておいて、手を握って懇願なんてハートが強すぎるサヤぴ…笑

      詩織さん、いいお姉さんキャラが剝がれてもう品性下劣でしたよね( ;∀;)
      港区会女子連はmisakiグループと比べてややギラギラしてそう…笑
      泉さん視点のお話も見てみたいですよね、サヤやまわりをどんな風に思っていたんだろう…(> <)

  12. みさこ より:

    またまたお返事ありがとうございます(*^^*)
    サヤが「ネットで書いてる事はmisakiと同じ」と言ってましたが『「リア充キラキラ女子」と「偽装キラキラ女子」は全くレベルが違いますから!』としか言いようがないです(´-ω-`)misakiは地道に頑張って来た結果であり、サヤは表面だけですからね。しかも「misakiの親友になって詩織さん達に一泡吹かせてやろう」て利用することしか考えてないし(´-ω-`)
    しかし「生贄」をなくした詩織さん達「港区女子」達も笑い事じゃないと思います。だって次は自分達の内の誰かが「パパ」に狙われるかもしれないんだし…そこまで考えてないのかな?だとしたら浅はかすぎですね。

    • ポエリ より:

      みさこさんー(≧▽≦)こんばんは!
      こちらこそいつもありがとうございます、コメント頂けるの嬉しいです(^^♪

      サヤ、最後の方のセリフを本気で言ってるんだとしたらかなり痛いですよね( ;∀;)
      サヤのフォロワー以外、misakiとサヤを同レベルと思ってないハズ…。
      仮に本当にmisakiが好きで好きでお友達になりたい気持ちがあったとしたら、いつかはなれたかも知れないけれど、あくまで現時点でのサヤは、『自分もキラキラするために(威光を借りたい)仲良くしたい』って魂胆が見え見えなんですよね、、(> <) それ私も思いました、虐めと一緒で結局、あの会の中でまたターゲットが変わるだけなんじゃ…と。 誰かがやらなきゃいけないことなら、押し付けあって内部崩壊したら面白いですね(`・ω・´)!

  13. アクエリ飲みたい より:

    初めまして!
    男ながら1話から読んでます。
    サヤちゃんにも落ち度があるとはいえ、詩織さんがあまりにも陰湿すぎて動機も最悪ですね。
    要するに単純に生意気だったからって…。
    詩織さんがあそこまでクソだったとは序盤は全く思ってませんでしたので…。
    最初は気に入らなかったサヤちゃんですが、なんとか再起をして欲しいですね。
    逆に詩織さんには港区会の全貌が公になって地に落ちますように笑

    • ポエリ より:

      アクエリさんはじめまして!
      男性でも楽しめるんですね、好きな作品だけに嬉しいです笑
      サヤぴもアホですが、詩織さんは明らかにやり過ぎですよね…。
      港区会で好き勝手出来るのはリーダー格とかなんですかね?最初はいいお姉さんだと思っていたのに( ;∀;)
      サヤに何とか挽回のチャンスがあるといいんですが…明日香チャンのようにはなって欲しくないです(> <) 詩織さんの転落話読みたいですよね、そう望む方が多いみたいで私もだんだんその気になってきました笑

  14. みさこ より:

    おはようございます(*^^*)早朝に失礼します
    UーNEXTなどで読みたいのですが環境が合わずここで読ませてもらい想像してます。UPしてくださりありがとうございます(*^^*)たすかってます
    これからサヤはどうなっていくんですかね?墜ちるとこまで墜ちたら這い上がるだけですが、サヤの性格では泉さんの言うように「生まれ直して」いく雰囲気はなさそうです。サヤがストーカーからカップ麺やら生理用品を送られて気味悪がってましたが、ちょうど給料日前だった私は「こんだけあれば暫くの間お金使わなくて済むわ~」と低レベルな事を考えてしまいました(^o^;)
    詩織さん達は内部分裂か泉によるさりげない復讐で壊れそう…「無傷ですんだ」なんていってますが崩壊待ったなし。かもしれませんね

    • ポエリ より:

      みさこさんこんばんは~(≧▽≦)!
      そうだったのですね、そう言ってもらえると嬉しいです♡
      もっと面白く、興味をそそられる書き方が出来るように頑張ります(`・ω・´)!
      現状のままだと、サヤは本当に転落ルートですよね…。
      そういう女の子たちのストーリーだと分かっていても、何か分岐点や逆転があって欲しい…。
      箱いっぱいに来たらかえって助かるかもですよね笑
      カップ麺も生理用品も長期保存可能だし、嫌がらせのようでいて、意外と差し入れっぽかったり?w
      サヤにも落ち度はあるけれど、彼女の人生ここまでめちゃめちゃにした彼女らにも罰はあって欲しいですよね。
      じゃないと報われなさすぎるし、泉さんにだって被害は出てるんだし…(`・ω・´)!

  15. ブタロー より:

    これ一話から読んでますが、女がどんどん陰湿になっていく気がします。明日香チャンはサヤには良くしてたのに。でも詩織さんはサヤよりもっとひどい。サヤはたまたま見かけたのを写真撮って拡散しただけだけど、詩織さんのは計画的にやってるあたり陰湿すぎる。サヤも手のひら返しとかアホすぎるけど、これ以上不幸にならずどこかで救われて欲しいです。

    ストーカーの正体ですが、個人的には元カレの徳井でないかと思ってます。サヤに怒り持ってるだろうし、元カレなら生理の日とか好きなカップ麺くらい知ってるし。明日香チャンのSNSをサヤと笑いものにしてたから明日香チャンのSNSからそれっぽいセリフ持ってくるくらいできると思うし。でも給料なくて大変だろうから脅かし半分でカップ麺差し入れとかしてるなら許せる範囲内と思う。

    続編では詩織さんがヒロインになって地に落ちていくのを見たいです。さすがにこの女はひどすぎる!

    • ポエリ より:

      ブタローさんこんばんは!
      なんかいまのところ酷い人ばっかりですよね、登場人物…。
      詩織さんの本性から比べると明日香チャンのって偽キラキラしていただけで、可愛いものと思えてしまいますよね(;´∀`)

      ストーカーの正体が徳井さん!(`・ω・´)!
      だとしたら意外過ぎますが、生理周期の把握やサヤと交際していた事から明日香チャンぽいキャラを演じることは可能という考察は確かに!と感じました。
      彼の性格が描かれるシーンが多くはないので、サヤに執着するようなタイプのキャラクターなのかは疑問ですが、ストーカーの一人称が『ワタシ』だったので、女性だと思いたいような…。
      詩織さんの転落話読みたいですよね、とても売れている作品なのでさらなる展開を描くことは可能だと思いますが(*‘ω‘ *)!