スポンサーリンク

こんな美魔女と暮らしたい…!天然食いしん坊な主婦の癒し溢れる日常♬

『美魔女の綾乃さん 1巻』相原 瑛人(著)モーニングKC(講談社)

【あらすじ】

綾乃39歳、主婦。

美しくて、優しい綾乃さんなんだけど、ときどきちょっとアレなんです!!!

新鋭美麗漫画家・相原瑛人が描く、モーニング人気連載中のアラフォー美魔女日常コメディ

しっとりドキドキ第1巻。

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『母の綾乃です』

美しすぎる母親・綾乃、39歳

息子の裕晴(ユウセイ)は高校生で、友達の小滝 慎は綾乃に一目惚れ。

二人はマンションの高層階に住んでいて父親は不在の様子。

美人で上品な印象の綾乃さんだけど、その中身はとっても天然!

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『8点で…2320円です』

買い物に出てきた綾乃さん。

よく行くらしいお気に入りのパン屋さんの匂いに惹かれて、つい入店。

買い物前なので小腹を満たすために一つだけ買うつもりが、

なぜか8個…!?

焼きたてのパン屋さんでだったら想定以上より買っちゃうの、あるある(?)ですよね?笑

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『ねぇ裕晴くんあの人……』

どうにか息子のバイト先に行きたい綾乃さん。

だけど思春期なのかもともと母に冷たいのか、裕晴はキッパリ拒否!

刑事もののドラマにヒントを得て、変装して息子のバイト先へw

バレた後でもガラケーを取り出し盗撮(?)を続行!

39歳に見えないくらい綺麗な綾乃さんだけど、中身は年相応な振る舞いが多々…笑

いくつになっても子どもは可愛い!

ので、どんな姿でも見たいと思う親心は分かるなぁ笑

そして裕晴のバイト先、どう見てもドトールw

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『綾乃さんは、ウチのモノということですよ』

大好きなパン屋さんこと、ベーカリーハラダが定休日だったので、

近所で開いている洋菓子店、ロルムでケーキをまた大量購入した綾乃さん笑

パン屋の常連のはずが、ケーキも食べる綾乃さんの姿を見てロルムの店主は

『洋菓子こそが高貴な彼女には相応しいのでは?』

と喧嘩を吹っ掛け、なぜかブリオッシュで勝負することに笑

そんな熱い彼らの傍らで、お米を食べて落ち着く綾乃さんw

毎日美味しいなにかを大量に食べている綾乃さんの胃袋がブラックホール過ぎる笑

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『綾乃さんと文乃さん…双子じゃないんですか!?』

2歳下の文乃さんは37歳独身。

見た目がそっくりだけど、中身は文乃さんの方がサバサバしていてあけすけな印象。

こんなに美人なのに…という慎を尻目に、

勝手に人の家の冷蔵庫を開けてビールを飲みだす文乃さん笑

結婚したいのに独り身、寄ってきた男がみんな離れていくという、

文乃さん、

酒癖が相当悪いみたい…笑

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『超ツラーイっ!!』

いっぱい食べてはちょこちょこ運動している綾乃さん。

きちんとスポーツウェアに身を包み、

雑誌を参考にヨガマットの上でヨガに取り組むも、あっという間にギブ!

それでも地道に続けていって、いつの日にかヨガインストラクターになっちゃったりして…

と夢見る綾乃さん。

食べるのが好き、でも体型に響くし運動も少しは…っていう女性の日常、リアリティあるけど、

体形がオールグリーンだよ!!!

むしろ何もしていなくてこのスタイルをキープできているならめちゃくちゃエネルギー効率のいい体とか腸内細菌が優秀かと思ってしまうわ…笑

この辺は作者さんの夢がつまってるw

相原 瑛人:美魔女の綾乃さん 1巻(講談社)

『だって僕は今とっても幸せなんですから…』

フリマにやって来た綾乃さんと、息子の友達の慎♬

出品する物も二人で選んでいたりと仲良さげで微笑ましい(*‘ω‘ *)

慎には下心があるけどこの二人の組み合わせ、のほほんとしていて癒される笑

そのあと合流した文乃さんによって、

《顔が可愛い》という理由で女装させられてしまう慎笑

そんな慎にトゥンクしてしまう裕晴、

よその方のブースで置物を買い、その創作主のハートを射貫いてしまう綾乃さん、

ただのフリマだけど割と盛り上がってたw

綾乃さんに想いを寄せる慎とパン屋のオヤジでトリプルあいあい傘、

文乃さんと4人でジェンガ、

夕飯をメニュー化してお店ごっこ、

わちゃわちゃした日常に癒される…!笑

【感想】

とっても綺麗な絵と私の好きな主婦・人妻モノに惹かれて購入!

雰囲気は少しおくさんに似ている感じで、主婦のゆるっとした日常が好きな方、美しい女性や女体が好きな方にはグッとくるはず!

とにかく絵が上手…!見惚れてしまいます。

天然な綾乃に対比するようにクールな息子、サバサバした妹がツッコミを入れつつ、息子の友達と仲良くフリマをやったり顔なじみのパン屋さんと戯れたり(?)と、癒しに溢れています笑

1話が4、5ページほどなので、サクサク読めちゃうのも魅力的。

食いしん坊で自分の食欲にしょっちゅう負ける綾乃さん、

そんな彼女に惹かれて翻弄される男たちの哀愁が面白くて堪らないです笑

癒されたい夜にぜひ♬

今日もお読みいただきありがとうございました!

夜もお昼もしっかり寝たらだいぶ体が軽いです笑

既刊リンク

併せて読みたい記事

『ゆうべはお楽しみでしたね 5巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 ついにゴローさ...
『あいだにはたち 1巻』 さおとめ やぎ(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 高校3年生の夏。 受験勉強に励む18歳の男子...
『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 儚くも美しい官能物語ーー開幕。 天涯...
『あそこではたらくムスブさん 1巻』モリ タイシ(著)ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ】 気になるあの娘...
『ラララ 7巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 近所の放置子だった三宅くんを引き...