スポンサーリンク

JKジムトレーニング&ギャグに、あなたも必ず体を鍛えたくなるはず!笑

『ダンベル何キロ持てる? 1巻』MAAN (イラスト) サンドロビッチ・ヤバ子(原著) 裏少年サンデーコミックス(小学館)

【あらすじ】

「ひびき…お前、また太った?」

“食べること”が大好きな女子高生紗倉ひびきは友人の一言をきっかけに

ダイエットを始めようと決意する!!

運動を一人では続けられない彼女が入会したのはスポーツジム

そのジムで、同級生でお嬢様の奏流院朱美と出会うのだが…!!!

理想のカラダを目指すため、彼女のトレーニングが始めるーー!!

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「お前、また太った?」

女子校に通う紗倉ひびき、17歳の趣味は食べ歩き。

褐色の肌に金髪ツインテールという分かりやすい見た目の彼女は、ある日友達から体重増加&体型の崩れを指摘され、ダイエットを決意する。

最後のコマで分かる通り、変顔というか写実的なイラストが多いです笑

「街雄トレーナーの筋トレ講座」

危機感を覚えたひびきは、一週間後にジムを訪れる。

駅前に新しくできたその名も『シルバーマンジム』ゴールドジム

学校からも近いらしく、同じ学校で生徒会長、お嬢様の奏流院朱美と遭遇!

容姿端麗、実家も超が6つはつくお金持ちらしいんだけど、そんなにお金持ちなら自宅にジムを造りトレーナーも雇えそうだけど…笑

付き人がついていたりとお金持ちらしい要素は今のところなしΣ(-᷅_-᷄๑)!

朱美はガチの『筋肉フェチ』らしく、世界一の設備を誇るシルバーマンジムに入会しようと考えていた様子。

割とすぐにトレーニングの解説が始まるので実用漫画っぽくなる笑

「一生懸命に頑張る人を誰も笑ったりしないさ!」

ひびきと朱美の二人にトレーニングを教えてくれる、街雄鳴造(まっちょなるぞ?)という爽やかイケメントレーナー。

見た目だけじゃなく性格も優しくて真面目でかなりいい人!(`・ω・´)

ひびきは彼に惹かれて入会を決めたようなものなんだけど…。

「はいッッッ!! !! サイドチェスト!! !!」

ひびき曰く『合成写真みたいなゴリマッチョ』らしい笑

筋肉やトレーニング関連の言葉を連想しては服を破いてポージングする街雄トレーナー

爽やかイケメンに早々に騙される漫画(´;ω;`)

この漫画はずっとこんな感じです笑

「ストレッチすると逆に動けなくなるってこと!?」

筋肉痛が痛いというひびきに、朱美が提案したのは市民プールでのスイミングで全身運動。

お金持ちの朱美の家に招待してくれても…?笑

【運動前のストレッチ】、常識だと思っていたけど、かえってパフォーマンスを下げてしまうのね。

マシントレーニングをしない人にもこういう有効な情報が盛り込まれているのが嬉しいところ・:*+.\(( °ω° ))/.:+

「…………すまん。水着が敗れた。」

急におっさんと思ったらひびき!

いくら太っているからって水着破ける?????

どんな状況?????

この真面目にトレーニング解説しつつも同量くらい笑いに貪欲な姿勢……評価出来るッ!笑

「マジっすか!!? やべえじゃんそれ!! !!」

2ヶ月で結果を出すという、かのジムを指しているような解説。

【食べない】・【極端な食事制限】がどういう結果を招くか表しているんだろうなぁ。

その程度のトレーニング量じゃつき過ぎることなんて絶対にないから安心して」

ひびきと朱美の会話の隙間で街雄さんがポージングしているのがいちいち面白い笑

裏を返せば、

『筋肥大が叶うのは相当やり込んだ後』ということで、簡単な道ではないということでしょうか?

ムキムキ回避には『筋持久力』を鍛えるのが効果的とのこと、女性に嬉しい情報キター!

軽い負荷で回数をこなすことが条件みたい・:*+.\(( °ω° ))/.:+

こんな感じでトレーニングやヘルスケアの解説がある一方で、ひびきの友達の綾也香が実家のボクシングジムクラスをシルバーマンジムで開設したついでに通い出したり、世界史を担当する立花先生(趣味はコスプレ)が通い出したりと、キャラクターも増えてきたところで1巻は終了╰(*´︶`*)╯

2巻はドコを鍛えるのかな???

【感想】

「トレーニング」は軍事訓練や刑務所などでの、「課される」要素がある運動を指すのに対し、自主的に鍛える要素を含む「ワークアウト」

日本では未だに運動すること=トレーニング

と呼ばれているけれど、ワークアウトが定着する日はいつになるのか…?

ダイエットを始めたての頃に知った本作品。

最初は漫画アプリからでした。

スマホ画面からだと文字が読みづらいことも多かったのですが、コミック版なら解説までしっかり読みこむ事ができます。

基本のトレーニングをかなり丁寧に教えてくれるし、キャラクターも魅力的。

何より思いのほかギャグ要素が多くて、笑いながら読んでしまいます。

トレーニング方法が知りたいような、ギャグが読みたいような、自分でも目的が分からなくなりますが…笑

話の構成自体は安定しているとも平坦とも言えますが、これから体を絞りたい・鍛えたい方には楽しく学べてうってつけ!

マシントレーニング以外にストレッチや自重トレーニングや、血糖値、食事の摂り方などなどヘルスケア全般を扱っているので、読むだけでそこそこ詳しくはなれるのも魅力・:*+.\(( °ω° ))/.:+

シルバーマンジムは実際にはないけど、会員になったつもりで、一緒にトレーニング!

2巻も近いうちに!



既刊リンク

『ダンベル何キロ持てる?』MAAN (イラスト) サンドロビッチ・ヤバ子(原著) 裏少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ】 「ひ...
『ダンベル何キロ持てる? 2巻』MAAN (イラスト) サンドロビッチ・ヤバ子(原著) 裏少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ...

併せて読みたい記事

『くびれ母ちゃんの、最強ながらトレーニング』村田 友美子 (著) 単行本(光文社) 【概略】 ここ2年間はトレーニングや食事制限は一...
『世界一美しいくびれコアボディ』村田 友美子 (著) 単行本(KADOKAWA) 【概略】 「私の体、ヤバくない?」と 気づい...
『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』 佐久間健一(著)サンマーク出版 【概略】 1エクササイズたった1分で、 気に...