感想 漫画

愛を知らない悪魔と愛に飢える彼女の、崩壊していく関係…

投稿日:2018-07-08 更新日:

スポンサーリンク

『この愛は、異端 2巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社)

【あらすじ】

そのまま快楽に溺れてーー私に心を委ねろ

 

淑乃が悪魔ベリアルと交わした契約、それは

一つの願いと引き換えに一つの対価を支払う事。

やがて淑乃への独占欲から次第に対価がエスカレートしていく。

そのベリアルのもとへ、ある日サタンが現れる。

その目的は一体? そして最後に警告を残していく。

「あの子に情など移すなよ」

(裏表紙より引用)

 

【みどころ】

森山 絵凪:この愛は、異端 2巻(白泉社)

「目的は牽制か…」

 

ベリアルの居る日本へ、上司のサタンと後輩のセーレがやってきた

淑乃も含めて食事をし、談笑し、遊びに来たのかと思いきや、

きっちり魂を回収しろ との警告。

 

ベリアルが淑乃と長く密に過ごしている事から、その関係性を勘繰るのも無理はない。

彼ら堕天使の中には、人間の女性に情を移して天使から堕ちた者もいるそうな。

ベリアルは、

「労力をかけたぶん、あの魂の絶望こそ甘美」と答えるが果たして本心なのか…。

森山 絵凪:この愛は、異端 2巻(白泉社)

「…。」

 

ベリアルの天使バージョン!

 

表紙の中世的な天使のようなイラストはベリアルだったのね。

黒くて醜悪な見た目の方はあえて化けてああなっているんだとか。

天使の見た目から悪魔姿に人間姿にと変幻自在すぎるし魔力めちゃあるなぁ笑

 

森山 絵凪:この愛は、異端 2巻(白泉社)

「一人でできるから…」

 

淑乃の大学の友達のあいりちゃんちも父子家庭。

あいりちゃんはお父さんに冷たいけど、育ててもらった恩を感じているからこそ、そろそろしっかりしたところを見せて自立したいと願う。

そんな友達に影響を受けてか…自らの甘えん坊ぶりに気付いてきた淑乃。

ベリアルもまた、あいりちゃんの父親の深い愛情からくる言葉によって揺れ動いてしまう。

助けを借りようとせずに頑張る姿にベリアルも焦りを感じるが、二人の閉じた世界は外部の人間関係によって次第に崩れていく…。

 

森山 絵凪:この愛は、異端 2巻(白泉社)

「私と叔父の事?」

 

淑乃に近づく旭を遠ざけるべく、彼に酷い幻覚と幻聴を見せてきたベリアル。

ついにそれが淑乃にも知れてしまう…。

旭は本気で、叔父(ベリアル)に酷いことをされているんじゃないかと心配してくれるんだけど、かえってその想いが淑乃に本心に向き合わせるきっかけを与える事になる。

1巻から読んでいて淑乃は旭に惹かれていると思っていたけど、本心に蓋をしていたからこそ、魅力的な人を好きになりたい気持ちになっていただけなのかも。

 

森山 絵凪:この愛は、異端 2巻(白泉社)

「私は……」

 

旭にキスを許してしまった淑乃。

影から見ていたベリアルは、「近づいた罰」として旭を殺すと宣言。

それなら、貞操を捧げるので彼を殺さないで欲しい

と“お願い”をする。

(ひとつの願いにひとつの肉体的対価)

必死になる淑乃に、そうまでしてあの男を守りたいのかと憤慨し契約は、

貞操を捧げることではなく淑乃が彼に近付かないという宣言で締結

 

一度めは心、二度目は体を拒否された淑乃は、彼を、ベリアルを男として愛してしまっていると気付いてしまう…。

 

想いは一緒である筈なのに通じ合えない二人。

家族のいない淑乃は、

「愛されたい・本物の家族が欲しい」と強く渇望するがゆえ、

ベリアルを愛しているからこそ、これ以上一緒には居られない…と

貞操と魂を捧げるのでこの関係を終わらせたいと提案する。

 

この先も一緒に居られると思っていたのか、激しく動揺するベリアル…

彼のリアクションは?

というところで2巻は終了。

 

かつてないほど人間くさいなベリアル…笑

 

【感想】

ついに淑乃の本心が明らかに!!

ベリアルも、上司であるサタンに釘を刺されるくらい、情が移っているのは確かで…。

「人として生きて、人として死ぬ」と望んでいる淑乃の願いをベリアルはどう受け取るのか。

ずっと一緒にいたいという気持ちはお互いに通じ合っている筈なのに、心も体もすれ違っていてもどかしい!!!

3巻が早く読みたいです笑

 

 

既刊リンク

悪魔と彼女の、すれ違う純愛

 

併せて読みたい記事

【ネタバレ有り】個性的すぎる広告にしてやられ、噂の顔芸がスゴいSNS闇系漫画についに手を出してしまった

生きる目的を見出せないエリートと、最愛の妹を失った姉の、形式上の恋愛関係

「ちゃんと生きる」ってどうやるの? 人間関係に疲れて何もかも断捨離した主人公の、新しい幕開け!

 

-感想, 漫画
-, , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

わが子を妊娠した日をきっと思い出したくなるはず…!あなたの『初産』と重なる、ある70代夫婦に起きた奇跡

スポンサーリンク 『セブンティウイザン 1巻』タイム 涼介(著)BUNCH COMICS(新潮社)目次1 『セブンティウイザン 1巻』タイム 涼介(著)BUNCH COMICS(新潮社)1.1 【あら …

ある意味エッセンシャル思考。一番大事なのは…自分の家族、ただそれだけ

スポンサーリンク 『マイホームヒーロー 4巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社)目次1 『マイホームヒーロー 4巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCス …

明らかになる霧島の本性と、新キャラ登場で地獄の三角関係勃発!組同士の関係性も不穏な空気…

スポンサーリンク 『来世は他人がいい 2巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社)目次1 『来世は他人がいい 2巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社)1.1 【あらすじ】1.2 …

清廉でミステリアスな彼女の、熱すぎる恋心 ー澄んだ瞳を失くして何年経つだろうー

スポンサーリンク 『恋は雨上がりのように 1巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館)目次1 『恋は雨上がりのように 1巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館)1.1 【あらすじ】1.2 …

二重恋愛コメディいよいよ完結!

スポンサーリンク 『ライアー×ライアー10巻』金田一蓮十郎(著)講談社目次1 『ライアー×ライアー10巻』金田一蓮十郎(著)講談社1.1 【あらすじ】1.2 【感想】1.3 既刊リンク 【あらすじ】 …

ポエリ
さいたまで3人暮らし。
更新は夜半中心です。
漫画とコミックエッセイ、実用書が好きだけど、小説やノンフィクションの世界にも足を踏み入れたい。
マイブームはアーモンドピーク

プロフィール詳細