スポンサーリンク

共働きワーママの憂鬱…!セクハラ&嫌がらせ被害に遭う円に、市来は??

『深夜のダメ恋図鑑 7巻』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館)

深夜のダメ恋図鑑 7巻

【あらすじ】

ダメンズ王子・諒をも凌ぐ『ダメ女』降臨!

『究極のダメンズ』として全国乙女をおののかせた男・諒。

佐和子に振られ、独り身だった彼についに新彼女が!

しかしこの新彼女、諒が泣いて逃げ出すほどの『ダメ女』で…!?

他、『セクハラ&パワハラ上司』『元ヤン女・円と女性不信男・市来のまさかのラブフラグ』など、7巻も阿鼻叫喚&スカッとぶった切り充ち満ちた1冊です!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

深夜のダメ恋図鑑 7巻

尾崎 衣良:深夜のダメ恋図鑑 7巻(小学館)

『7時前 旦那と子どもが起きてきます』

円の大学時代の友人、郡元ゆうこ26歳

働く一児の母である彼女には、結婚生活に不満がいっぱい!

毎朝5時半に起きて、自分の身支度、洗濯もの、朝食作り、保育園に行く子どもの身支度準備、お弁当を作って朝食準備をして、家族の起床…

と、朝からやること盛りだくさん!

5巻で番外編として描かれたキャラクターが本編入り♪

これは共働き家庭である作者さん自身の思いの丈かな…?と思わせるリアリティ笑

子どもを一人でも持つ、仕事をしている人ならこのせわしなさはピンとくるはず(; ・`д・´)

深夜のダメ恋図鑑 7巻

尾崎 衣良:深夜のダメ恋図鑑 7巻(小学館)

『帰宅です』

毎朝、子どもを保育園に連れて行くのは旦那さんの仕事。

着替えが済んでないことに文句を言われるゆうこさんだが、朝からやること目白押しなため、自分の支度と朝食しかすることがない旦那さんのことだから、登園のための着替えくらい文句も言わずやってくれ…(怒)

と、こっそり思うゆうこさん笑

仕事の休憩の合間に夕飯の献立を考え、子どもを迎えに行って買い物を済ませ急いで帰宅。

帰ってからも休まることなく夕飯づくり、園で出た汚れものを片付け、朝に干した洗濯物の取り込みなどなど朝同様やること盛りだくさん。

ちゃきちゃき動き回るゆうこさんの動きを止めるのは息子の拓海くん。

…を、見る気の無い旦那さん笑

スマホ見ながら子どもに向かって『(ママの邪魔したら)ママごはん作れないだろーー』という旦那さんを、

声の出る置物?

と言うゆうこさんwww

深夜のダメ恋図鑑 7巻

尾崎 衣良:深夜のダメ恋図鑑 7巻(小学館)

『そのとき言いなよ………』

夕飯がいざ始まっても、サラダのドレッシングを用意したり家族のお茶を用意したり、宅配便を受け取ったり、子どもがこぼしたお茶を拭いたり、自分のご飯も食べる暇ないゆうこさん。。

…を、そっちのけでご飯にありつく旦那さん笑

自分が今、ダイニングテーブルの椅子に初めて腰かけたことを自覚すると同時に、この状況で自ら立ち回ることもせず、平穏に食事する旦那さんを羨ましいと思う反面…

今何をすべきか自分で少しは考えたりやって欲しい気持ち持つゆうこさんは、

『学くんも、もう少しいろいろやってくれても良くない…?』

と、気持ちを口にすると、

『手伝って欲しいなら、その都度そう言って?』と反論する旦那さん。