スポンサーリンク

妻を溺愛する夫と、夫の距離感に戸惑う妻の違和感…

『裏アカ破滅記念日 18巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館)

裏アカ破滅記念日 18巻

【あらすじ】

優しくてイケメンで、非の打ちどころの無い夫。

でも…。

ふと元カレとの思い出がつまったTwitterを開いてしまい…!?

それを知った夫の取った行動は―!?

あなたの夫の愛情、歪んでませんか?

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

裏アカ破滅記念日 18巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 18巻(小学館)

『私だけでかけて悪かったかな』

主婦友だちと集まると、話題に上るのは家族の、それも旦那さんの愚痴。

公務員、イケメン、そして優しい夫を持つ早紀には、愚痴ひとつ出ない。

ある意味(?)肩身の狭い思いをして帰宅すると、友人との飲みを断って自宅待機する夫の達也の姿が。

健気なようでいて、そんな夫が実は重たい早紀。

裏アカ破滅記念日 18巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 18巻(小学館)

『合わせなきゃいけない気がした』

好意を無下に出来ない早紀は、優しい達也が合わせているようで実際は達也の思うつぼ。

結婚したタイミングで変えたスマートフォン、暗証番号もお互いの誕生日というニコイチっぷり。

そうなんだー私は違うのにするね、って言わないのが早紀の優しいところ笑

裏アカ破滅記念日 18巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 18巻(小学館)

『別れてから放置してたアカウント』

早紀の好きな映画を二人で観ていたら、元カレのことも思い出した早紀。

達也が眠ってしまったタイミングで、元カレと付き合っていた頃のアカウントに触れてみると、あの頃の気持ちも一気に蘇ってしまう。

鍵垢だし、放置して3年経つし、まあ誰も見てないでしょうって気持ちで適当に呟いてみる早紀。

これを境に、夫婦の仲も昔の恋仲も一気に動き出す…!!