スポンサーリンク

ひと山乗り越えて、絆を深める麻子と香太郎。初めての旅行にワクワクドキドキが止まらない!

『あせとせっけん 3巻』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社)

【あらすじ】

女性に人気の化粧品&バス用品メーカー・リリアドロップに勤める、汗っかき女子・八重島麻子。

同じ会社でせっけんの商品開発を担当している超絶嗅覚の持ち主・名取香太郎と始まったお付き合いも、カップルとしてかなりこなれてきた…!

しかし毎日逢引きを重ねていた二人は、名取の3泊4日の出張で離ればなれになってしまう!

しかもその出張は後輩女子・一瀬と二人きりで…!?

スーパー純愛においフェチラブコメ、第3巻!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

山田 金鉄:あせとせっけん 3巻(講談社)

『気に入ってたものを諦めなきゃいけないのがなんだか申し訳なくて…』

大阪出張へきた名取と後輩のこりす。

初めてということもあってか、やたらと気合の入っているこりすに対して、

目当ての商品や気になる企業があるのか名取が尋ねると、

『うちの商品を気に入って使ってくれている友だちの生活環境が変わっても、同じ商品を届けたい』

という熱い思いがあることが判明。

育児中で固形せっけんが使いづらく、安価で手軽な液状ソープを使っているという彼女に、

かつてお気に入りだった商品の液状版が出せないか?と思案する。

形状を変えて商品化することは、コスト面など課題も多くあるそうなので、こういうエピソードはリアリティあって面白い!

商品開発する方々は、【誰に】【どんな商品を届けるか】を常々考えているんだろうなぁ。

山田 金鉄:あせとせっけん 3巻(講談社)

『…そんな子が急にノロけるほど夢中なのが 貴方なのよ』

名取の出張中の麻子はというと、同じ課で上司の大蔵部長に恋愛相談中♡

名取とつり合いが取れているか、

過去の恋人たちと比べて自分は上手くやれているのか、

どういう理由でお別れに至ったのか、

見合う女性になりたいという欲が高まるほどに、そんなことばかり考えてしまうらしい。

麻子の純真さに胸を打たれつつ…

好きな人のことを知りたいと思うのは自然なことと語る部長。

名取の恋愛遍歴を詳しくは知らないけれど、20代でヒットを出すような仕事人間だったのに、(社員旅行の際に)今は麻子のことでノロけるくらい、夢中になっているのも事実だと説明。

モテる恋人だから、彼を狙っている人や過去のことが気になるのも無理は無いけれど、

今の恋人は麻子で、大事にしてくれている彼のことを信じてあげるのが一番!

と人生経験豊富なアドバイス(≧▽≦)

こんな知り合い欲し~!ってくらい頼りになる大蔵部長…

個人的に好きなキャラクターの一人です笑

山田 金鉄:あせとせっけん 3巻(講談社)

『俺の仕事の…ライバルになってほしいと思ってるんだ』

ホテルのロビーで麻子と通話したことにより、

ついにこりすに二人の関係がバレてしまう!

…麻子よりもずっと前から名取を想っていて、彼のことを見てきたこりす。

今までの恋愛相談に乗ってきたり、他愛のないじゃれ合いをしてきた二人。

名取の何気ない行動に振り回され、一喜一憂してきたこりすは、

ひた隠してきた恋心を明かしてしまう。

恋仲にはなれなくても、誰よりも近くにいて、入社して3年間、他の子よりは特別な存在だと思ってきたこりすに名取は、

他の人と比べて特別な思い入れがあったことは確かだし、でもそれは【仕事仲間として】尊敬できる面を評価してのこと。

尊敬しているし信頼している人間だからこそ、自分の弱い部分を見せられたり、腹を割って接していたという名取。

好きな相手にされたら辛いことだけど、名取の考えていることも分かるなぁ。

山田 金鉄:あせとせっけん 3巻(講談社)

『思ってたよりずっと…女の子なんだなぁって…』

出張が終わって、再会した名取と麻子。

出張中にあったこりすとの出来事を包み隠さず話す名取に麻子は、恋人のことを信じて正面から受け止められるように。

お昼のタイミングで偶然遭遇したこりすと麻子。

お互いの気持ちを知って、何があったか分かっている分気まずいが…

こりすが思うほど完璧な人間でも素敵だと憧れられるような人間でもないと率直に話す麻子に、ガッカリするどころか好意を示すこりすも、素敵な女性の一人。

むしろ、こりすの存在があったからこそ、二人の仲が羨ましくて自信を持とうとあらゆる努力をした麻子。

恋愛をすることで、少しずつ変化していく描写がとても素敵( ;∀;)

今回の件でこりすが泣いてばかりで、感動しちゃった。

山田 金鉄:あせとせっけん 3巻(講談社)

『名取さん…これまでにないくらい神妙な顔してる…』

www

このシーンはめちゃ笑いました笑

ショッピングデートにタイミングで名取の誕生日プレゼントをチェックしにきた麻子だけど、欲しい物や好みを把握するのはなかなか難しく…

思い切って、何が欲しいか切り出すと、欲しい物というより、

丸一日一緒に過ごせたら良くない…?という流れから、

有給使って初旅行!

お宿を検討していたら、【露天風呂付き客室】という魅力的なワードに遭遇した名取。

そこで、一緒に入浴できるし体洗うところとか見放題じゃ…?

と想像して、唐突に賢者タイムへ…笑

山田 金鉄:あせとせっけん 3巻(講談社)

『めちゃくちゃ楽しい…』

やってきました北海道!

観光して、食べ歩きして、ショッピングして、食べ歩きして、

食べる率高くてめちゃ楽しそう笑(≧▽≦)!

結局【露天風呂付き客室】を予約した名取だけど、

それをまだ伝えていないため、難色を示されたら…?

と、そのパターンを想定してプレゼンを考えておく周到っぷり笑

宿の予約もサプライズを用意したのも名取だけど、元々この旅は【誕生日プレゼント】も兼ねてるはずじゃ…?

まー何はともあれ

楽しそう&相変わらず仲いいから、見ている方も幸せになってしまう(∩´∀`)∩♪

3巻は波乱なし!笑

【感想】

波乱が波乱に感じられない3巻、やはり抜群の安定感です笑

初々しさ、敬意がある関係って素敵ですよね、見ている方も幸せになってしまいます(≧▽≦)

恋のライバル登場!?かと思いきや、むしろ二人にとってのスパイスになった気がします笑

麻子さんが、愛されていることでどんどん自信を持っていく描写がとっても好きです。

卑下している時はやり過ぎじゃないかなぁと正直思っていたんですが、自信が持てないとか自分が好きじゃなかった時っていくら人から愛されてもそれが自分の中に入って来ないのとか、凄く分かるなぁと今なら思います。

なんかいつ終わっても納得出来るくらい(?)落ち着いた作品ですよね笑

いずれ同棲も結婚もするんだろうなぁ、最後までこの二人を見届けたい!

4巻の発売はまだ未定でした。

今日もお読みいただき、ありがとうございました♪

今日は雨降りの一日でした(‘ω’)ノ

既刊リンク

『あせとせっけん』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メーカー・リリ...
『あせとせっけん 2巻』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 女性に人気の化粧品&バス用品メーカー・リリ...

併せて読みたい記事

『あいだにはたち 4巻』 さおとめ やぎ(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 「高校生から精子を盗んだ私はと...
『あそこではたらくムスブさん 1巻』モリ タイシ(著)ゲッサン少年サンデーコミックス(小学館) 【あらすじ】 気になるあの娘...
『ダルちゃん 1巻』はるな 檸檬(著)単行本(小学館) 【あらすじ】 「ふつうの人」になりたくて今日もわたしは擬態する ...
『着たい服がある 1巻』 常喜 寝太郎(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 「ロリータ服を着たい」 それは、女子大生・...
『妻がオッサンになりました』yasu33yasu3939 (著) 神山 アキコ (イラスト) 単行本(あさ出版) 【あらすじ】 なぜ...