スポンサーリンク

【ネタバレ有り】顔芸がスゴいSNS闇系漫画についに手を出してしまった

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

【あらすじ】

いつもみいんなに憧れられる存在でいたい…!

ブランドバッグにエステに素敵なレストラン、キラキラした私の毎日、今日もSNSで発信しなきゃ!

借金が400万あっても、部屋がゴミ屋敷でも、ペットが死にかけでも、34歳で彼氏がいなくても、輝いていられるはず…。

ねぇ、もっと、もっと私をカワイイって言って!

(リアル貧困女子アンソロジー「転落女子地獄」掲載作品)

(この本の情報より引用)

【みどころ】

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『キラキラ女子の日々をアップする為ならーー』

Twitterで話題に上がっていたので、絵のインパクトとSNS依存症というジャンルの面白さから読んだ方も多そうな本作品!

SNSが世に登場し各々の日常を切り取り、全世界の人に共有出来るようになってから、皆競い合うようにキラキラを演出…

のめり込みすぎた人は、いいね獲得の為に借金や売春(パパ活含)でそれを維持している人も多いそうでΣ(-᷅_-᷄๑)!

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『あー気持ちいい~』

この作品の明日香もその一人。

広告代理店、電報堂総務部に勤務する34歳OL。

読者モデルをやっていた事もあり、若い頃のチヤホヤが忘れられず、かつ物欲も非常に強く、

常に、欲しいバッグや行きたいレストランのランクは落とせない」という考えから、

一会社員なのに400万の借金を作ったツワモノ( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

実家暮らしでもあるのにつぎ込みすぎて笑った笑

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『え…じゃあ もう働けないの?』

“めちゃくちゃ稼いでいるのに貯金残高はいつも2万”というタイトルで、

渡辺直美さんがかつてしくじり先生で登場した回では、度重なる浪費から苦しみ、悟り、放たれた言葉、

「credit card is not magic card. 」(クレジットカードは魔法のカードではない)

というセリフが印象的でした( ˊ̱˂˃ˋ̱ )

しっかり管理すれば現金を使うより遥かにお得なクレジットカードですが、

「使った」・「お金が減った」感覚が薄れるところが危険でもありますもんね。

親名義のカードを魔法のカード、いや、湯水のごとく使いまくる明日香。

当然楽園(キラキラパラダイス)は長く続くはずもなく…。

大黒柱であった父親が倒れたことにより収入は途絶え、カードはストップ。

本当に浪費すること(彼女のなかではキラキラした存在でいるための自己投資)しかしてこなかったので、自分のことでさえ身の回りのことは一切できずあっという間に困窮

でも、支払いの為にも、お金が欲しい…。

そう考える明日香は、

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『ーー運命、かもしれませんね。』

取引先の人に体を売って給料以上のお金を稼ぐこと。

若い頃からずっとそうやって問題解決してきたから、それ以外の方法が思いつかなかったんだろうね…。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『いつまで自分のこと“女の子”よばわりしてんだって感じー。』

せっかく体を張って稼いだものの(?)、

自分の中での価値と市場価値(※容姿や年齢)が食い違っていたためか、相手から貰えたのはホテル代別のタクシー代の3000円のみΣ(-᷅_-᷄๑)

しかも、

その様子を偶然見ていた後輩のサヤに、盗撮&ネット上に晒されてしまう羽目に!

一緒にご飯を食べた時、明日香の財布に現金が全くなかったことから、

本当はまったくお金を持っていないこと、無理してキラキラ女子を演出しているんだろうと見破るサヤ。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『明日香ちゃんに使えるお金は、もう一銭も残ってないのよ…』

サヤに面白がって嵌められたことに気付いた明日香は、サヤの恋人である徳井(アートディレクター)を自分の魅力で略奪しようと色仕掛けで近付くも、

『キモいっすよ』のひと言で逆上、暴れ出し、クビにwww

どんな会社員…(´・ω・`)

収入の無くなった明日香ですが、過去にお姉ちゃんを裏切っているのでもはや家族にも泣きつけず(女としてのマウンティング目的)。

職なし金なし家なし(家と言っても実家の敷地内に建ててもらったプレハブ小屋?笑)で、

完全にウシジマくんの世界の住人となった明日香チャン。

ちょっと転落し過ぎじゃ?と途中思ったりもしましたが、多分人徳が無くて家族以外に救いの手はなかったんでしょうね…。

落ちぶれても周りに人が居ればまだ何とかなったりするもんですが(´;ω;`)

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私(小学館)

『こんなの私じゃない。』

明日香に残された道、

それは、くも膜下出血で要介護となった父親の世話をすること。

もちろんカードは全て取り上げられ、姉夫婦に養ってもらっているのかな?

どんなにクズでも見捨てたりしないのがこの家族の優しいところ。

明日香はやっぱりSNSが大好きなので、拾ってきた画像で人生を偽ってでもキラキラし続けます。

悲しすぎる結末。。゚(゚´ω`゚)゚。。

彼女の人生を切り開く力のなさが物悲しいです。

このお話はオムニバスで短編集の一作品だそうです、ほかの「貧困女子」「転落話」もちょっと気になる…!

【感想】

作画担当の池田ユキオさん、別の作品で作画担当をしていて当時より上手くなった絵に惹かれて読んでみたのも何割かあります。

かわいい絵柄なのに喜怒哀楽の表情がしっかり描かれていて、この作品の主人公の性格や感情を如実に描写出来ているところも大きな魅力。

なかなかこの綺麗な絵柄であんな豊かな表情見れません笑

SNS、たしかに投稿するのも見るのもすごく面白いからハマっちゃうのも分かるし、実際こういう人いっぱいいるんだろうなぁ

(GENKINGさんもその一人であったとか)

反面教師的な意味合いで手を出してみましたが読後が少し悪くなっただけでした笑

ついつい気になってしまうネットの漫画広告、読むのはほどほどにしておきます…。゚(゚´ω`゚)゚。

既刊リンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 元読者モデルをしていた明日香(あすか)は34...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー1』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 もっと見て!あたしはみん...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー2』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 チヤホヤされて契約ゲット...

併せて読みたい記事

『添加物まみれの母性』河東ますみ(著)家庭サスペンス(笠倉出版) 【あらすじ】 幼い頃に母親に逃げられた主婦の亜衣は、その反動から幸...
『あいだにはたち 1巻』 さおとめ やぎ(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 高校3年生の夏。 受験勉強に励む18歳の男子...
『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 儚くも美しい官能物語ーー開幕。 天涯...
『オタクだよ!いかゴリラの元気が出るマンガ』いか ゴリラ(著)ホーム社書籍扱コミックス(ホーム社) 【あらすじ】 読めばとにかく元気...

コメント

  1. 通りすがり より:

    チワワはSNS用のネタ→画像のわんちゃんはチワワではなくトイプードルですよ。

    • ポエリ より:

      通りすがりさん

      ご指摘ありがとうございます。
      確かにトイプードルですよね、タイトルにもなっているのに何で間違えたんでしょう・・・