スポンサーリンク

パクって加工して炎上して――画面越しの偽りの世界へハマる女たち

『SNSに溺れる女たち』青咲るそう(著), ほの香(著)(NINO)

【あらすじ】

「キラキラしたい」

「私は特別」

SNSにハマった女たちが迎える”最後”とはーー?

大手企業に就職が決まった女子大生は友人に過去の悪行を晒され、

仕事一辺倒だったOLは自撮り写真を加工してマッチングアプリにのめりこむ。

さらに大勢のフォロワーを抱える女子は、「いいね!」欲しさに他人の投稿をパクりはじめ……。

SNSが招くトラブルを3本収録したオムニバス短編集。

(この本の情報    より引用)

【みどころ】

今からあなたを晒します

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

『地味すぎて女子アナなんて絶対無理』

大手放送局から内定が出たばかりの女子大生・小池七葉は、

人気読者モデルでもあるとっても可愛い女の子。

幼馴染の真帆に試験対策をやらせたり、地味な見た目を内心見下したりと、

同じく女子アナを目指している彼女に何らかのアドバイスをするわけでもなく、ただただ自分とは格が違いすぎ(≧▽≦)☆と貶す。

可愛い顔面とは裏腹にめちゃくちゃ腹黒い女子でもある(`・ω・´)

しかし自己PR文に誤表記があったりと、七葉はかわいい以外は空っぽの様子…?

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

『身の程知っとけ』

真帆が気になっている男の子のことを聞く七葉。

彼とどこまでいったのか窺うようでいて…実は七葉はもうその男の子の家に泊ったらしい。

こういうことは初めてではなくて、何度も何度も何度も、真帆の好きな人を奪ってきたらしい。

まわりの人間の中で、自分がいつも一番でないと気が済まない七葉。

真帆の好きな人以外にも読モのツテを使ってか、アイドルともモデルとも関係してきたらしい。

若くしてやりたい放題である(`・ω・´)…。

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

『これが 七葉の真実』

内定おめでとうパーティーを友人たちに開いてもらった七葉。

そこに、真帆の意中の人を呼んで二人で抜け出してしまう七葉に、これ以上ない憎しみの表情を浮かべる真帆。

今までのこと、全部全部気付いていた様子の真帆、、

『七葉被害者の会』

というアカウントに載せられる七葉の悪行や本当の姿の数々。

真帆以外にも恋人を奪われた子たちがいるってことかな?

いつも人生楽勝(≧▽≦)☆

と生きてきた七葉、真帆にされたこの仕打ちに…?

加工写真で恋はじめました

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

『瑞希先輩はガンガン働いてカッコイイんだから いい人見つけて癒されたっていいでしょ』

画像加工に抵抗がある会社員の新田瑞希

職場のみんなと撮る写真を加工されると、”いいね”ボタンも押しづらい…という真面目な彼女に、後輩の大野は、

『どう見ても詐欺だから”いいね”できないとか真面目なこと考えてんでしょ』

『綺麗に加工してみんな夢見たいんです』

と、真面目な瑞希を、現代っ子らしく(?)諭す笑

そしてついでに、婚活パーティーで収穫のない瑞希を心配して、”出会えるSNS”への登録を勧める。

仕事一辺倒で身なりにあまり気を遣わず、女っ気のない瑞希に幸せになって欲しいと願う優しい大野。

口は悪いけど素直で良い子(`・ω・´)♡

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

『私が可愛くないから?なんで返事ないんだろ…』

大野の言葉に感化された瑞希は、さっそく加工アプリを使って自撮り。

肌のトーンを上げてそばかすを消し、

目を大きくして、

輪郭をいじり、

可愛くなった自分に感動!

マッチングアプリに投稿するとさっそく、男性会員から称賛の数々をもらい気分が良くなる瑞希(≧▽≦)♡

現実の人生でもらったことのない言葉をかけられ優越感に浸った彼女は、良い感じの人も見つけて、

どんどん画像加工&自撮りにのめり込んでいく…!

青咲るそう:SNSに溺れる女たち(NINO)

『手にしたと思った夢は 脆くて 淡くて 一瞬で散って消えたーーー』

行き過ぎた加工を行ったことで起きた悲劇…。

あまりに残酷で、悲しい結末ーーー…。

だけど、このお話だけはなんとHappy END!

個人的にこの作品が一番好きです(∩´∀`)∩♡

パクリ女の末路

ほの香:SNSに溺れる女たち(NINO)

ほの香:SNSに溺れる女たち(NINO)

『せっかくここまでフォロワーも増えてきたのよ』

会社員の長野春香は、SNSにアップする画像が有名ファッション誌のウェブサイトに載るほど注目を集める、人気者。

普通のOLの春香が好きなものを好きなだけ買い、好きな場所に行けるのは実家がお金持ちだから。

欲望のままに何もかもを手に入れてきた春香に訪れた突然の悲劇は、親にカードを止められたこと。

そのために希少性の高いブランド物のバッグが手に入らなかった春香は、どうにかして得ることが出来ないか検索すると、

自分が欲しかったバッグを買った人のアカウントを見つける。

フォロワー数の少ない彼女の画像を、つい思いつきでパクって自分のアカウントに載せてしまう春香。

ほの香:SNSに溺れる女たち(NINO)

『いーじゃんパクリ画像 お金も時間もかけずにキラキラできる☆』

多少の罪悪感はあれど…。

格段に増えた”いいね”の数、オリジナルの画像よりも自分のアカウントで紹介した方が、出来事にもスポット当たって良い感じでしょ。

と、謎の理論で悦に浸る春香。

そのうち同僚女性の画像もパクリはじめ、『パクリじゃなくて慈善活動』とのたまう笑

この時点でアンチも批判コメントもきていたが、それよりも”いいね”の数の方が多かったことで安心しきっていた。

ほの香:SNSに溺れる女たち(NINO)

『今日はいいパクリができたわー 私のフォロワー数だと当たり前つーか勝ち組の余裕よね』

いつも通り人の画像をパクって加工して、自分のアカウントに載せる春香に届いた一通の警告メッセージ。

パクってもいつも何とかなっていたはずなのに…

とりあえず様子を見ようと無視して眠りにつくと、翌朝、いいねの数より多いアンチコメント、常習的にパクっていたことが多くの人にバレている事態に!

ほの香:SNSに溺れる女たち(NINO)

『SNSの中でどれだけキラキラしていても リアルの春香はコレ』

今までパクリをしてきたことがまとめられたサイトの存在、

消しても消しても大量にくる中傷コメント、

そして、運営に通報されたのか、パクった画像は次々に削除されていった。

画面越しのキラキラした世界を楽しんでいたはずの春香。

だけど次第に、現実世界を蝕んできて…。

仕事が手につかず、見た目もやつれてきて、どんなにSNSではキラキラしてみせようとも、現実の春香はこれ。

同僚女性にキツく諭されようともそれでも春香のパクリ癖は治らなくて、

お金はない

もう人の投稿はパクれない

行き着く先は…

SNSにのめり込んでもいいことなし( ;∀;)

【感想】

一時期Twitterの広告で頻繁に流れていて、とても気になっていた漫画がついにアマゾンに!

以前はどこかの漫画サイトで独占配信だったので嬉しい限りです(`・ω・´)

3作品収録中、しょっぱなの作品は正直SNSに溺れている感じはあまりないのですが笑、それでもまあ面白かった!

結末が劇的ということはなく現実的な終わり方をしてるので、リアリティあって楽しめたかな?

2作品目は良い終わり方なのが、転落系が多い最近の作品の中では珍しく、読後もとっても良かったです(∩´∀`)∩

ああいうのももっと増えたらなぁ

スマホ&SNS系のお話はまだまだこれからも出続けるのかな?

今後も楽しみです(≧▽≦)

今日もお読みいただきありがとうございました!♡

天気がいい日が多くて気持ちいいです。

既刊リンク

『SNSに囚われた女たち』青咲るそう(著),縛(著),ほの香(著)(NINO) 【あらすじ】 他人のSNSに上から目...

併せて読みたい記事

友情、恋愛、結婚…刺激的な人生を追体験!?『和田 海里』おすすめマンガ5選! 【概略】 レディコミと言えば(?)和田海里先生! ゴ...
『ヒメゴト~十九歳の制服~ 1巻』 峰浪 りょう(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 周囲から男っぽく見られている女子大生...
『深夜のダメ恋図鑑 1巻』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 「俺は可愛くもないババアのATMになる...
『おばさんSNS中毒』伊東爾子 (著), まるいぴよこ (著), 宮崎明子 (著), 川島れいこ (著), 和田海里 (著) ストーリーな女...
『情熱のアレ 1巻』花津 ハナヨ(著)クイーンズコミックスDIGITAL(集英社) 【あらすじ】 同棲歴3年。セックスレス歴...