スポンサーリンク

一日を締める、心の洗濯。冬の酒と肴であったまろ♪

『ワカコ酒 12巻』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店)

【あらすじ】

しっとり嗜む冬の酒。

滋味が溢れる冬の肴。

村崎ワカコ26歳。

酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに

今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。

今日も明日も明後日も。

仕事終わりの心の洗濯。

(裏表紙より引用)

【みどころ】

新久 千映:ワカコ酒 12巻(徳間書店)

『天国への往復切符じゃあ!』

☆ビフカツ×強制メガハイボール

職場の上司が出張とのことで、羽を伸ばす職場一同笑

ワカコも例にもれず、今晩のお酒のアテは少し奮発したビフカツ♪

半生でレア気味、サクサクでジューシーで美味しそう(`・ω・´)!

いいお肉、食材って本当にシンプルな調理で幾らでもいけちゃいますよね…!

泣くほど美味しいっていうのもめちゃくちゃ分かる(;’∀’)=3

私の場合は牡蠣ですかね…泣くほど好きです…

新久 千映:ワカコ酒 12巻(徳間書店)

『贅沢にえびのみそだけをしそでくるんで天ぷらに』

☆えびみそ大葉天×冷酒

海老みそと大葉と天ぷら???

全部大好きなので、どんな味なのか想像がつくけどこれは強烈に食べてみたい!

こういう癖のつよい肴には冷酒が合うでしょうね~

魚介系と日本酒は間違いない!(米と魚だから?)

柔らかい味噌をうすい大葉で包んで揚げるのは大変そう。

そんな丁寧な仕事に癒されるなぁ(∩´∀`)∩♡

新久 千映:ワカコ酒 12巻(徳間書店)

『みんなすごいなあ』

☆白菜重ね蒸し×焼酎水割り?

ワカコの職場の先輩、紺野さん。

共働きの奥さんと息子の3人暮らし。

妻の実家で大量にもらった野菜を、重ね蒸しにして一人酒。

まわりの人間の欲求やエネルギーと自分の欲求を比べては達観したご様子…。

新久 千映:ワカコ酒 12巻(徳間書店)

『”おれはもう持っている”』

欲しいものがあるというのは強いパワーを宿している証拠。

自分にはもうそこまでの欲はなくて、なんでかって言ったら『欲しいものはもう大抵持っている』と気付いたから。

欲しいものはもう持っているし、

何かを求めたとして、似たようなものを得てしまう、とも。

紺野さんの最大の宝物は掛けがえのない家族の存在。

彼らを守るために粛々と生きる穏やかな日々。

ただ、気付く…それだけでいい。

紺野さん!

12巻まで読んでいてアレですがこのキャラクターにあんまり覚えがない…。

ワカコの周りの人間にスポットを当てるシリーズ、好きです。

それぞの人生観や美学があってカッコいい。

女性陣へのスポットは一人だけなので、あちらサイドも期待したいなぁ。

新久 千映:ワカコ酒 12巻(徳間書店)

『料理はしたくないし』

宅飲み回!

料理したり自分のペースで飲んだり、普段よりかなりマイペースなワカコが見られて個人的に好きなシリーズ笑

…といいつつ飲まない日あるのかな?

飲みに行くには微妙なタイミング、料理するのはめんどくさいし…。

な、ワカコが、以前買ってあったシェンタンで簡単お料理を開始!

料理するのは面倒だけど、『食べたい』は最高の原動力

って独白があるんですが名言だなぁ笑

【感想】

今日発売♪

外出帰りに立ち寄ったコンビニで見つけたので買いました(`・ω・´)

いつも同じ書店で買っているのですが、ワカコ酒は我慢出来なかった笑

今回は宅飲みも収録!久々なので嬉しいです♪

サクサク読めて、しっとり癒される、今回も面白かったです(∩´∀`)∩

今日もお読みいただきありがとうございました!

既刊リンク

『ワカコ酒』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店) 【あらすじ】 誰でもない贅沢。 ただのお客になれる夜♪ ...
『ワカコ酒 10巻』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店) 【あらすじ】 村崎ワカコ26歳。 酒呑みの舌を持って生ま...

併せて読みたい記事

『ダルちゃん 1巻』はるな 檸檬(著)単行本(小学館) 【あらすじ】 「ふつうの人」になりたくて今日もわたしは擬態する ...
『花のズボラ飯 1巻』久住 昌之(著)水沢 悦子(著)コミックス(秋田書店) 【あらすじ】 とにかくかわいい! とにかくおいしそう!...
『孤独のグルメ 1巻』久住 昌之 (著) 谷口 ジロー(作画)SPA!コミックス(扶桑社) 【みどころ】 「ウン うまい」 ...
『やせる味覚の作り方』小倉朋子(著)文響社 【概略】 あなたの思う 「おいしい」は 思い込み かもしれない。 ...
『極主夫道 2巻』おおのこうすけ(著)BUNCH COMICS(新潮社) 【あらすじ】 伝説のヤクザ、不死身の龍。 そんな彼が...