スポンサーリンク

【ネタバレ有り】暴走するサヤの承認欲求…そしてついに黒幕登場か!?

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

【あらすじ】

営業部に異動し、港区会デビューしたサヤ。

キラキラした日々は偽造裏アカによって崩壊し、ストーカーに襲われても止めないSNS…。

“映え女子”の闇を描いた話題作『ゴミ屋敷とトイプードルと私』(池田ユキオ)、新章第5話!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『サヤのフォトスタマジでヤバいんだから。』

泉さん復活!(`・ω・´)

全治2週間だったはずなので、あれから2週間、

停職なうのサヤの承認欲求は拗れに拗れてた笑

こんな形でも『ネット上で大多数に注目されること』って麻薬みたいに刺激的で癖になるんだろうなぁ。

自分を突き落とした相手、サヤじゃないって分かっている辺りやはりただ者じゃ…(泉さん)

そして懸命にサヤを擁護したり火消し(のフリ)を買って出る詩織さんの胡散臭さよ…笑

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『映え映え~~』

一方その頃のサヤニャンwww

割と楽しそうに過ごしてて良かった笑

サヤの異常なフォトスタを目の当たりにし、心配した二人が様子を見に来てくれました。

彼女の部屋のドアに『SAYAあいしてる』と書かれた落書きを撮っていたんですが、

ストーカーの仕業ではなく“もっと注目されるため”のサヤの自作自演じゃんと呟く泉さん。

※サヤ、スプレー缶持っちゃってますからね…。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『みんなサヤちゃんを応援(いいね!)してるわ。』

心配で見に来た言いつつ、ストーカーに立ち向かうサヤもそんなサヤのフォトスタも世間が大注目で良い感じじゃん!とサヤが喜ぶワードで煽ってしまう詩織さん。

こんな面白い人間、潰れたら退屈ですもんね~~~

‎(◞∩՞ټ՞∩◟)

そんな二人の茶番を静観する泉さん、詩織さんの歪んだ綺麗事を、さらにすごい顔で受け止めています笑

泉さんのこんな顔見たくなかった…。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『misakiのようになりたい。』

大嫌いな泉さんに会ってしまって情緒不安定なサヤピ…。

あと一歩でmisakiのようになれていたはずなのに、、

実家も友達も頼れないサヤの心の拠り所はあくまでmisaki。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『どうして無視するの?』

勝手な仲間意識からか、感極まってストーカー被害についてmisakiの投稿にコメントしてしまうサヤ。

目立つ人=おかしな人が寄ってきやすいっていう勘は当たってるけど、

みんながみんなそうじゃないwww

注目されて喜んだり実際の被害にあって苦しんだり忙しい子やね(`・ω・´)

面識無いし唐突なコメントに返事があるはずもなく、期待が外れてまたしても暴走するサヤ。

憧れがやがて憎しみに変わってしまうの悲しいな。

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『あたし…ブロックされたの!?』

罵倒コメントを寄せたことで、misakiの投稿は見られなくなってしまう。

misakiとはお近づきになれず、代わりに(?)寄ってきたのはストーカー、、

自作自演したからか変態の怒り(と言う名の愛?)を買うサヤ面白すぎる(´;ω;`)…

にしてもパニックついでに出た、『ウソよっいやよッ。』ってセリフなんなん?笑

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー5(小学館)

『お疲れサマ生贄ちゃん♡』

あれだけ罵倒していてもやっぱり大好きなmisaki。

どうしても会いたくなって、彼女がよく出没するバーに飛び込むサヤ。

そこに居たのはmisakiではなく、いつも一緒にパーティしている会社の面々(港区会女性部)

パーティがあったことすら知らされていなかったため動揺するサヤに、

『期間終了』

『サヤが枕したおかげで無傷だった』

と吐き捨てる詩織さんたち。

うーんよく分からないけど(3回読んだのに)、

  • サヤが体を張ってくれたためパパたちを喜ばせられた
  • ↑おかげでタダで遊べた
  • もちろん枕する必要なし

とかそんな感じ?

サヤがどういう子か分かった上で誘ったんだろうなぁあの会に。

サヤにとってはキラキラするため、仕事のために体を差し出してきたけれど、

結局は仕事にならなかったり、偽造裏アカで貶められたりと失うものも多かった。

どこまでが彼女らのメリットかよく分からないけど、後半は面白がってやってたのかなぁ。

裏アカを運営するのが詩織さんと判明したわけでは無いけど、

職場の親切な先輩では無いことは確か。

また気になるところで終わっちゃって!

サヤ、おバカだけど不幸にはなって欲しく無いんだよなぁ

【感想】

ゴミトイプも5話目、引き伸ばされている感じが否めないですが、やはり大好きな作品。

今回もとても面白かったです(`・ω・´)♬

泉さんの隻眼、詩織さんの魂胆と、続々と周りのキャラクターにも脂が乗ってきて、より状況を盛り上げてくれている感じがまた良い!

救いの無い結末で終わるのか、misakiや泉さんがサヤを改心させるキッカケをくれるのか、本当にどう決着つくんだろう。

サヤはアホで悪い子だけど、救いのある結末だったら嬉しいな。

はやく色々と明らかにならないかしら…!

それを願うばかり笑

あと…

明日香チャンまだ?

次回6話配信は11月30日だそう、次も楽しみです!

ここまでお読みくださりありがとうございました♬

既刊リンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 元読者モデルをしていた明日香(あすか)は34...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #港区会デビュー4』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 枕営...

併せて読みたい記事

定額制雑誌読み放題サービスの6社比較まとめ 『雑誌読み放題サービス』とは? 定額料金で雑誌、コミック、書籍、小説、洋書などが、スマホ...
『おばさんSNS中毒』伊東爾子 (著), まるいぴよこ (著), 宮崎明子 (著), 川島れいこ (著), 和田海里 (著) ストーリーな女...
『あせとせっけん 1巻』 山田 金鉄(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 女性に絶大な人気を誇る化粧品&バス用品メー...
『裏アカ破滅記念日 1巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 キラキラ女子のマリエは、裏アカの秘密を握られ...
『オタクだよ!いかゴリラの元気が出るマンガ』いか ゴリラ(著)ホーム社書籍扱コミックス(ホーム社) 【あらすじ】 読めばとにかく元気...

コメント

  1. ヨシュア より:

    先のコメントにはご返信くださってありがとうございます
    やっぱり「それはあかんやつや!」なんですね・・・

    主人公を港区会に誘った先輩の腹は主人公に枕させることで自分たちは無償で「港区会」で“キラキラ“できるってことですか

    なかなかえげつない展開になってきましたね!

  2. ヨシュア より:

    すみません

    「明日香ちゃん」は誰ですか?

    • ポエリ より:

      こんにちは!

      こちらこそまたまたコメントありがとうございます♬

      サヤはまんまと嵌められたようですね…。
      面白いんですが、だんだん悲しくなってきたのでどこかに救いを求めている自分がいます_:(´ཀ`」 ∠):

      明日香は初代ヒロインです!

      港区会編は、『ゴミ屋敷とトイプードルと私』という読み切りの中に出てきた後輩・サヤの物語なんです( ◠‿◠ )
      https://su-nyan.com/archives/377

  3. ふぇいく より:

    はじめまして、ゴミトイプで検索してお邪魔いたします
    ふぇいくと言います

    感想を拝見いたしましてツッコミ所が
    私とほぼ似ていたので笑ってしまいましたw

    そして私なりに考察してみたのですが
    misaki=港区女子一同(除くサヤ)かなと思っています
    misakiの読み方はミサキ、漢字で書くと御先
    御先は(wikiによれば)高位の神霊等のお使い
    このマンガの場合、高位の存在は富裕層のおっさん
    そのお使いとして生贄を調達する御先が港区女子達
    なんて構図が思い浮かびました

    泉さんは無関係のいい子であると思います
    でなければ2作に渡って不憫枠のイケメンくんが
    救われませんし…
    泉さんが「無関係ですから」と答えたのは
    頭が切れる故に自分を突き落としたのが詩織さん
    (若しくは港区女子の誰か)と見抜いたために
    自分は何も知りませんし言いませんよという暗喩かなと
    あと、サヤが泉さんにしたことや会社への損害、自作自演で
    サヤに対して「仏の顔も三度まで」状態なのかもしれません

    長文になってしまい、申し訳ありません
    ポエリさんの癖になる軽快な文章での感想・考察、
    楽しみにしております!

    • ポエリ より:

      ふぇいくさん!
      初めまして、お会いできで嬉しく思います╰(*´︶`*)╯♡

      お褒めいただきありがとうございます!
      記事を読んでもらえること、こうしてコメントを寄せていただけることが何より嬉しい今日この頃です!

      ふぇいくさんの考察かなり面白いですね、教養ある視点だと感じますΣ(-᷅_-᷄๑)
      あの港区連中がどこまで何を考えて行動しているかの全容はまだまだ見えないですが、
      そういう要素を以って動いているとしたら驚愕ですねw
      misakiアカも、ストーカーも、裏アカ運営もまだまだ謎のまま…。
      年内にまとまるのか?コレ笑

      そして泉さんに関しては私も同意です。
      イケメン=徳井さん(ですよね?)には私も幸せになって欲しいと願うばかりです…!

      この作品の続きを待ち望んで、そして楽しんでいる人が多いことを実感しますね!
      こちらこそお読みいただきありがとうございました♪

      またお待ちしております!( ◠‿◠ )

  4. 熊五郎 より:

    明日香は最後まで出てこないと思います・・・あの最後の状況で、そんな事したらこんどこそ実家叩き出されるでしょうし。
    ストーカーはサヤ母では?個人的には最後、中山は実はmisakiなだけでなく、社長クラスから依頼された港区会の被害者を探る為の仕事人(只野仁みたいな)で、詩織と徳井は中山に纏めて制裁され、サヤは実家の方の支店へ左遷で終わりそうな気がします。
    よくよく考えたら、社内の揉め事の明日香が首で、損害賠償モノのサヤが停職っておかしい。中山が裏で差し止めていたからならば納得ですし。

    • ポエリ より:

      熊五郎さん( ◠‿◠ )

      ストーカー=サヤ母
      泉さん=misaki &仕事人

      凄い考察力ですね!
      作中に出てきた人物が余すところなく使われ、そんな要素をもっていたとしたら…。
      『キラキラ女子』の転落劇というか、大手企業の不祥事まとめみたいな作品になりそうですね!
      被害者の会は確実にありそう…。

      コメントありがとうございます!