スポンサーリンク

裏アカでの身バレ&復讐劇。身バレし過ぎで鍵アカの意味ほぼなくてワロタ笑

『裏アカ破滅記念日 1巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館)

【あらすじ】

キラキラ女子のマリエは、裏アカの秘密を握られてーー

いやっ! 知らないオジサンに体を…?

愛里の楽しみは、エッチな写真をSNSに上げてチヤホヤされること。

なのに憧れの橋本君に裏アカがバレちゃった…体の関係を強要されて…!?

彼への復讐は裏アカで…。

出会い系で女の子を弄ぶ正。

軽い気持ちで手を出した人妻…まさか母さんが!?

誰にも言えない秘密の裏アカを持つ者の愛憎渦巻く転落ストーリー!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『だってわたしはみんなの憧れの存在だから!!』

自称キラキラ女子高生・マリエ

表のアカウントではいい女風に過ごしているけど(?)、

ちょっとしたストレスを裏アカで解消する日々。

(自分の写りの悪い写真を上げられたとかそういうの)

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『リエ@毒舌JKちゃん』

しかし、ちょっとした手違いから、裏アカの存在がクラスメートにバレてしまう。

その相手が、普段パシリにしたりと下に見ている女の子だったので厄介なことに…。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『ビッチはあんたの方じゃないの?』

裏アカの存在を周囲にバラされたくなかったら、

今まで虐めた慰謝料を払えと詰め寄るいじめられっ子・田口さん。

お金はフォロワーさんから集めてこいという提案に素直に従うマリエ…。

そのフォロワーさんつながりで、田口さんの秘密を知る機会に恵まれることに。

マリエの復讐とは…。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『裏アカじゃわたしはモテるんだ』

マリエに虐められていた田口さんこと愛里。

裏アカでちょっとエッチな画像をupするのが日課。

現実の愛里は暗くて、クラスでも虐められがち。

そんな自分をネットでは否定出来る気がして、のめり込んでいた。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『え?!?!?!橋本くんーー!?』

愛里の裏アカ宛に、クラス委員長の橋本からDM!

あのアカウントが彼女だとバレていて、憧れの橋本くんからアプローチがくるなんて…と動揺する愛里。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『わたしのことなんて誰も好きじゃないんだ』

呼び出されて言ってみると、

『エロ画像ばら撒かれたくなかったら言う通りにしろ』

とクラス委員長らしからぬ(?)犯罪スレスレというかアウトの提案からの無理やり体の関係を持つことに…。

好きだった、

虐められて、惨めな自分に優しかった橋本くん。

ほんのすこしでも、自分のことを好きでいてくれたらーー。

陵辱され、一縷の望みも打ち砕かれた愛里。

橋本への最高の復讐とはーー。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『世の中みんなバカばっか』

真打登場!

3人の中では一番闇が深い男の子…笑

クラス委員長としてみんなをまとめるイイコな彼の秘密は、

出会い系で女の子探し。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『じゃあ何でもやってもらっちゃいましょうか』

出会い系で出会った子と恋仲になり、

その子を風俗に沈めるのが彼のストレス発散っていうかマイブームっていうか…笑

そんなティーンエイジャーおる???

スカウトバックをもらう橋本くん。

お金が目的なんじゃなくてあくまで、

『バカな人間でストレス発散』が好きみたい。

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 1巻(小学館)

『母さんの期待は裏切れない』

彼のストレスの根源は家族。

不器用な父への不満の裏返しから期待と愛情を一心に受ける彼は、

母親を鬱陶しくも深く愛し、その苦しみのバランスを誰かを貶める事で保っていた。

そんな彼が必死になって守ってきたつもりの母の笑顔はとっくに偽りのもので、

彼自身がしてきたことのツケも巡ってくるころ、

最悪の事態が…

この子の話が一番キツかった。。

ぜひ本編で!

【感想】

こちらの作品も人気ですよね!

Twitterではしょっちゅう広告回ってくるし、Amazonの『この作品を買った人は~』に絶対出てくるので、気になって読んでしまいました笑

50pほどで100円台なので、お手頃ですよね。

絵柄があまり好みでなかったのでなんとなく敬遠していたのですが、結構面白かったですしもっと早く読んでもよかったようなw

3人の高校生の転落劇、SNSの普及で現代はかつでないほど過激なものになっていそうだな…と感じました(私が高校生の頃はまだガラケーでした)。

自分の歪んだ性格や性癖、いろんな場で発信することが可能になってしまったので、そこから結びつく危険性を理解出来ない年頃の子には本当に危険なんだなーと痛感するばかり。

アカウントを設けるにしても裏アカを作らないとかかなぁせめてできるのはという感じ。

名前変えて鍵掛けていても文体や口調でバレたり、フォローし合っている関係から特定するのって容易みたいですしね。

部屋でノートに色々綴っているのとは訳が違って、

匿名でも非公開にしていても、

『かならず誰かが見ているし、そのうちの誰かから外に漏れる』

ので不用意な行動には出ない、というのが鉄則だと思っています。

この調子で2巻、3巻も読みます!

今日もお読みいただきありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡

既刊リンク

『裏アカ破滅記念日』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 キラキラ女子のマリエは、裏アカの秘密を握られてーー ...
『裏アカ破滅記念日 2巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 咲奈の彼氏は、Twitterでフォロワー8万...

併せて読みたい記事

『自分勝手な女たち このベビーカー見えませんか?』河東ますみ(著)家庭サスペンス(笠倉出版) 【あらすじ】 夫を会社に送り出したら、...
『マイホームヒーロー 5巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 推理小説好きのしがな...
『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 いつもみいんなに憧れられる存在でいたい…!...
『君に愛されて痛かった 2巻』知るかバカうどん(著)BUNCH COMICS(新潮社) 【あらすじ】 援助交際で承認欲求を満たしてい...