スポンサーリンク

ズボラ主婦の孤独のグルメ♫ 食いしん坊の日常が愛おしいー!

『花のズボラ飯 1巻』久住 昌之(著)水沢 悦子(著)コミックス(秋田書店)

【あらすじ】

とにかくかわいい! とにかくおいしそう!

谷口ジロー先生もジョージ朝倉先生も今日マチ子先生もTAGRO先生も…みんな花が大好き!連載開始時から話題騒然!

単身赴任の夫を持つ主婦、駒沢花(こまざわ・はな)、30歳。

花は今日も自分のためだけに、ズボラだけど美味しいご飯を作ります!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

ズボラなご飯なんじゃなくて、

ズボラな人間が作るズボラご飯。

この部屋の荒れ様は空き巣とかそういうのじゃなくて、主人公の通常運転です笑

『おまたせしました!! ピザトーストのシャンチョビ味になりまーーーす!!』

駒沢花、30歳。

夫の単身赴任により一人暮らし中だけど、陽気に楽しく暮らす、とにかく明るいキャラクター笑

冒頭のイラストから分かるように、片付けが苦手でズボラで、作るご飯もほとんどがズボラ飯Σ(-᷅_-᷄๑)!

美味しいものが好きだけどズボラ、食いしん坊だけどダイエットも意識していたりと、等身大でリアリティあるアラサー女子。

『あ ゴロさんの匂いがする!!』

赴任先からたまに帰ってくることもある旦那さん(ゴロさん)。

お寿司にしゃぶしゃぶと贅沢外食続きだったのでこの日は、

  • 丸美屋ののりたま
  • 松茸のお吸いもの
  • バナナチョコレートケーキ

という清貧(?)っぷり笑

まあ現実的にもこんな感じよね…お金を使った次のタイミングの食事は質素になりがちw

『ステキなポトフ!』

パート先から仕事を終えて帰宅、今日の夕飯はポトフ!

たんにズボラかと思いきやちゃんと料理する回もあって、しかも作りたくなる美味しそうなメニュー♫

ちゃんと作ってるやんと思ったけど花いわくこれも『ズボラ飯』しい。

なんだか線引きがよく分からなくなってきたぞ(`・ω・´)?w

『野菜投入!!塩コショウ!!』

なんかびっくりマークのセリフがあるところばかりチョイスしてしまた笑

花はどれも本当に美味しそうなものばかり食べているけど、私が一番好きで読むたびお腹がグーグル鳴るのはコレ!╰(*´︶`*)╯♡

その名も『サポイチ塩の野菜炒めドカのせ!』

(訳;サッポロ一番塩らーめんに野菜炒めてんこ盛り)

『インスタントを作っているとは思えない料理感』というセリフを花が呟くんですが、分かる笑

ただ野菜を切って洗ってるだけで料理してる感じを得てしまうの、ズボラ飯に毒されているよなぁ_(:3 」∠)_

『14皿め』

話ごとに何を食べたか書かれているんですが、14皿目は

  • iPhone
  • メニュー

という謎の表記で内容は話の方に丸投げ笑

ここでの紹介も伏せておきます(`・ω・´)!

ゴロさんが居るとき以外はほとんど自炊かもらい物で済ませる花の自堕落ズボラライフを覗いてみませんか?

セリフが面白くて顔もくるくる変わる可愛い花の日常に癒されること間違いなし♫

今日はズボラ飯♡

【感想】

ずっと気になっていて、買ったのは発売から数年経ってからだったと思います。

お店でもかなり動く作品という印象がありましたが、期待した以上に面白かった!

主人公の花がかなり個性的なキャラクターで、夫の単身赴任で一人暮らしをしているにも関わらずかなり陽気でマイペース笑

そんなパート主婦、花が愛するご飯が数々紹介されて…となりますが、ほとんど外食はせず自炊か『モライモン(貰い物)』というリアリティが凄い。

子無し主婦の日常ってほとんどこんな感じなので、モデルがいるのかというくらい1巻にして強いキャラ立ちです笑

ズボラと言っているだけあって、トーストで済ませたり貰い物で凌いだり、はたまた友人とデリバリーを頼んだりと、他のグルメ漫画と一線を画するゆるい孤独のグルメ。

…と思いきや、レトルトにも頼らず一からしっかり料理を作っている回もあって、そこは気分やお腹の具合で決めているのかな?と想起させるような現実的な展開がまた緩急ついてて面白い。

発売当初はかなり賛否両論あった作品という認識はあるけど、どんな人間も大体こんな感じの日常を過ごしているんではとだと思うのは私だけ?

グルメ漫画のみんなが常に自炊していたり外食にやらた詳しかったりするかは、各キャラクターの個性や置かれた背景にも寄るんじゃないかな、と思います。

ドラマになったりレシピ本が出たりと、やっぱり良さは世に認められている感じのある花のズボラ飯。

2、3も近いうちにupします!

ちなみ4巻は来年の夏頃でるかも予想が出ているそう笑

今日もお読みいただきありがとうございました♫

既刊リンク

併せて読みたい記事

『ワカコ酒 10巻』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店) 【あらすじ】 村崎ワカコ26歳。 酒呑みの舌を持って生ま...
『孤独のグルメ 1巻』久住 昌之 (著) 谷口 ジロー(作画)SPA!コミックス(扶桑社) 【みどころ】 「ウン うまい」 ...
『はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん』たかぎ なおこ(著)コミックエッセイ(文藝春秋) 【概略】 何かおいしいもの...