スポンサーリンク

思い出の味、お気に入りの味、グルメを味わいたくなる大盛りな1冊♫

『はらぺこ万歳! 家ごはん、外ごはん、ときどき旅ごはん』たかぎ なおこ(著)コミックエッセイ(文藝春秋)

【概略】

何かおいしいものが食べたい~!

子どもの頃から食いしん坊。

お酒もたしなみ、B級お珍味もペロリ。

日々ごはんから旅グルメまで、大盛りの一冊です!

  • 適当自炊
  • スペシャル納豆
  • ヘルシー定食
  • 思い出のお菓子
  • B級冷やし中華
  • etc…

(帯文より引用)

【みどころ】

家ごはん外ごはん、あと旅ごはんの思い出やエピソードがたっぷり詰まった、文字通り大盛りな一冊!╰(*´︶`*)╯♡

著者のたかぎなおこさん2003年ごろに出た一人暮らしのエッセイを書かれていた時から大好きで、だいたいの本を持っていますし、新刊が出ると買ってしまいます♫

ファンにとっては彼女は食いしん坊という認識で間違いないというくらい、食べ物エピソードが豊富かつこだわりがあって、イラストも凄く美味しそうで、読み終わる頃には何かしら食べたくなっています…笑(凄い影響力)

『おお~コロコロ丸っこくて なんかかわいい~!!』

ライブ目的で来た大阪で、たこ焼きを楽しむたかぎさんと担当のババさん。

1泊2日で行った大阪で文字通り食いだおれ!・:*+.\(( °ω° ))/.:+

1日目は、ライブあとに2件たこ焼きのお店に行き、

2日目は、

  • レトロ喫茶でタマゴサンドとホットケーキの朝食
  • しょうゆ、マヨソース、ねぎぽん酢、塩味のたこ焼き(昼食?)
  • 串カツのお店
  • 醤油出汁系のたこ焼き

と、大阪グルメを堪能しまくっていてめちゃくちゃ羨ましい笑

実際の画像もかなり載っているのでこれは目に毒(´;ω;`)

ここから一年後は、大阪から足を伸ばして兵庫県の明石市へ行き、明石焼きを堪能しています!♡

滞在時間の兼ね合いから4時間しか取れず、『何件明石焼きのお店を回れるか!?』耐久レース(?)をババさんと開催笑

やっぱりこっちもめちゃくちゃ食べたくなる~~~(´;ω;`)

ふわふわとろとろの生地が多いみたいで、飲みたくなりました…笑

『どれも不思議なハーモニーでとってもおいしい』

毎年恒例のお花見が出来なかった二人は、ゴールデンウィークに青森旅行へ♫

『桜前線を追いかける』名目以外の理由が、以前一緒に働いていた人、モモセさん(実際のお名前はハヤセさん)のお店が青森にあるという事で、お伺いする為にだそう。

このエピソードは、たかぎさんが地元の三重県からイラストレーターになるべく上京し、バイトや絵の仕事を得るまでを綴った『浮き草デイズ 1 』に収録されているお話で、まさかこんな後日談があるとは笑

それだけにこの回はとても印象的でした。

作品のどれもが実話だとは分かっていても、繋がっている話はあまりないので…╰(*´︶`*)╯♡

出てくる料理もとても美味しそうで行ってみたいし、そのあとは観光でお祭りに行ったりアップルパイを食べたり海鮮丼に舌鼓を打ったりと…!青森自体の魅力も満載でした♫

とくにお気に入りの2つのエピソードを書きましたが、

  • 家族みんなが大好きな、スペシャル納豆
  • 衝撃と憧れの味、ピザとの出逢い
  • 鶏の産みたて卵の味
  • 日本一うまい塩辛inひもの銀座

などなど、このほかにも沢山のお腹がなることうけあいの(?)グルメエピソードが満載♫

はらぺこ万歳!

【感想】

読み終わった後に思いましたが、結構分厚いのでエピソードの多さにもうなづけます笑

コミックエッセイは1000円台が多いのですが、いっぱい載っているのでお得感あります(`・ω・´)!

たかぎなおこさんの本は読むとほっこりして、何かしら影響を受けるので読んでいて楽しいです。

とりあえず今回はパスタが作りたくなりました笑

ごはんや食べる事が大好きなので、同じくグルメな方に届いたら幸いです♫

今日もお読みいただきありがとうございました!

既刊リンク

併せて読みたい記事

『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』わたなべぽん(著)コミックエッセイ(KADOKAWA) 【概略】 生まれてこのかた...
『脱・三日ぼうず!続かない女のための続ける技術』剣持まよ(著)サンクチュアリパプリッシング 【概略】 続かないのには理由があったーー...
『部屋は自分の心を映す鏡でした。』伊藤 勇司(著)日本文芸社 【概略】 部屋は自分自身。 片付けとは自分を知る作業です! ...