スポンサーリンク

新たな復讐劇の幕開けーー密の過去と、ある少女との邂逅ーー

『復讐の未亡人 2巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社)

【あらすじ】

復讐は気持ちが良いーー

その美貌と狂気を武器に、夫を追い詰め自殺に追いやったブラック企業の面々への復讐を果たした鈴木密ーー。

現在は、亡き夫の後輩、斎藤真言の子をお腹に宿し、平穏な日々を過ごすべく新居のマンションで真言と新生活を始める

だが、密の頭の中には、幼少期の“暗い出来事”が度々フラッシュバックしてきて心をかき乱すのだった。

過去、そして現在から忍び寄る“恐るべき悪意”から大切なものを守るため、新たな復讐劇がいま始まる!!

(この本の情報より引用)

【みどころ】

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『美月…』

密が、改名する前の本名、『美月』と呼ばれていた幼少期から2巻はスタート。

夜半に美月の元へ近付く二人の人物は、父親と兄弟?

炎から過去のことを思い出す密…。

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『僕も…一緒じゃダメですか!?』

復讐がすべて終わり会社を去る密に対し、一緒に居たいと懇願する斎藤真言

一度は突き放した密だったけれど…真言に惹かれていたこともあり、身も心も許すことに。

義弟で復讐を手伝ってもらった陽史には、真言の素性を調べてもらった上で一緒にいる。

『再婚だなんて面倒』と言って密だったが、子どもが出来た事もあり、籍を入れたのかな?

詳述は無し。

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『今ここに』

新居として選んだマンションで、お隣さんの家でお茶をする密。

お隣の坂本さんは旦那さんを亡くされて、息子さんも結婚して現在は一人暮らしをされているそう。

すこし面倒そうな性格をしているけど…悪い人ではないないみたい

初回で性格を見抜いた真言は親しくしすぎない為に距離を取るが、密は処世の為にも愛想良く付き合う。

前作でもそうだったけど、警戒されたり嫌われない為に、基本的に良い人をベースとしている密。

その方が自分にとって好都合だと分かっているからだろう。

お腹に赤ちゃんがいる事を報告した密。

しかし実は今回の妊娠は初めてではないようで、過去に優吾との間に子を宿していた様子(二人とも学生服なので学生時代?)

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

突如始まったつわりから、自分の家へ帰る密と真言。

その途中、非常階段を上がるランドセルを背負った少女と目が合う二人。

何かを物語るその瞳に、釘付けになってしまう。。

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『私を…殺して…!』

何かを感じ取った密は、さっきの少女を見てくるように真言に頼む。

案の定、ある程度登り切ったところで飛び降り自殺を図る少女

間一髪のところでキャッチ!

しかし少女の慟哭は止まらない。

必死の思いで『殺して欲しい』と叫ぶ少女の思いとは…?

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『違うよ』

少女の名前は

小学校何年生かは不明、友達の名前は萌愛(もえ)

クラスでいじめに遭っている様子だけど、大人に比べたら子どもの力や嫌がらせなんか気にならない』

と、しっかりとした性格。

そんな子が自殺とは結び付かないんだけど、日常的に何者かに暴行を受けている様子…。

母親のせい…?

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『母親失格だなぁ!!』

凛の家は物が散らかり、食べ物も何もなかった。

母親・日美子はスマホを握りしめ、凛が帰って来たことも気に留めていない…。

再婚相手、やっちゃんと呼ばれる男性に日常的にDVを受けているみたいで、見た目はボロボロ。

日美子はやっちゃんに依存しているけど、彼は凛に夢中になっているので、母親は凛の事を敵視しているという家庭内三角関係および地獄絵図っぷり。

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『おねえちゃん』

小さな弟、俊にも凛にも、家族全員に暴力を振るうやっちゃん。

一度腹を立てた彼を止められる者はおらず、ただそれをやり過ごすしか為す術がない。

母親は殴られ、凛は陵辱を受け、そのさなか、家から外に出てしまった俊は近くの線路に入り込み、電車に轢かれてしまう。

死んでしまった俊が凛に、

『ぼく オバケになれたよ』

『これでアイツをやっつけるんだ』

と話し掛ける姿はもう人間の形をしていなかった…。

黒沢R:復讐の未亡人 2巻ス(双葉社)

『許さない…絶対に殺してやる…』

俊の葬儀中に、母親である日美子の元を去るやっちゃん。

俊が亡くなって、凛の帰って来ない家、日美子の預金の残高も減り、彼にとっては利用価値が無くなったみたい。

凛が自殺して祟り殺したいのはこの男。

彼さえ現れなければ、私たちは幸せだった…と回想する凛。

密は彼女の思いを黙って聞いている。

真言は凛の只ならぬ様子に事情を汲むも密に、妊娠中ということもあり『無茶はしないで』という。

本当は首すら突っ込んで欲しくない筈だけど…。

何かを企む様子の密、彼女の胸中は…?

2巻、怖すぎる…。

【感想】

ゴミトイプ同様、続くと思っていなかったシリーズ(?)が続いているのは、びっくりしつつ大変嬉しいですね!

密の過去と、ある少女との出会いで再び始まりそうな復讐劇…

電子版2巻は4話しか入っていないので話数自体は短いのですが、中身が濃いので十分インパクトのある内容に。

ネットのレビューでは『もう密さん関係ないんじゃ』とか、『未亡人というタイトルに違和感』との声が散見されました。

一理あるなぁと思いつつ多分、コナンくんみたいに彼いるところに事件あり、という感じで…密の関わる人の事情と復讐劇、みたいな様相を呈していくんでしょうね。

新生活を始めて穏やかな雰囲気の中にも忍び寄る狂気が本当に怖い

子どもが痛い目に遭う話は苦手なんですが読んでしまう…。

密の過去もこの先のことも分からないまま終わっているので3巻が早く読みたい!

今日もお読みいただきありがとうございました╰(*´︶`*)╯♡!

 既刊リンク

『復讐の未亡人』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 復讐は気持ちがいいーー とあるIT企業に勤務する、有能な...
『復讐の未亡人 1巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 復讐は気持ちがいいーー とあるIT企業に勤務す...
『復讐の未亡人 3巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 復讐は気持ちが良いーー その美貌と狂気を武器に...

併せて読みたい記事

『マイホームヒーロー 1巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 一人娘の零花を愛する...
『来世は他人がいい 1巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社) 【あらすじ】 出会ったのは、ヤクザよりも危険な男。 ...
『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 儚くも美しい官能物語ーー開幕。 天涯...