スポンサーリンク

ただれた関係のゆくえはーー? ついに自分の足で歩き出した凪、今からが本当のスタート!

『凪のお暇 4巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店)

【あらすじ】

「おまえは絶対変われない」

元カレ・慎二の言葉をきっかけに、

隣人・ゴンへの気持ちを整理しようと目覚めた凪。

だけど、道のりは険しく…。

(裏表紙より引用)

【みどころ】

コナリミサト:凪のお暇 4巻(秋田書店)

「ゴンさんといれない時 息 してないみたいだった」

隣人・ゴンに惹かれて肉体関係を持った凪。

晴れて恋人同士!と思いきや、お互いを確かな存在にするような…いわゆる恋人になるべく気持ちの確認みたいなのは一切なくて、

ゴンの知人のエリィからの忠告や、新たな犠牲者(ゴンに溺れる女の子)の存在により…自分の価値さえ見失い、どんどん堕ちていってしまう。

そんな姿を元カレ・慎二に見られてしまい、

「(誰かれ構わず関係を持つような人を好きになって)見たくないものにフタをして、自分をないがしろにしている」

と、ど正論を突きつけられる。

好きになった人が、どこで誰と何をしているのかを考えない為に、

部屋で引きこもって良い加減な生活をしていた凪に、慎二の言葉が突き刺さる…。

コナリミサト:凪のお暇 4巻(秋田書店)

「自分の意志で自分の足で一人で 海に行かなくちゃいけないんです」

同じアパートに住むうららちゃんのお母さんに、ゴンさんとの恋愛を聞いてもらって、自分の性格をことさらに思い知った凪…。

「今までの人生で、一度も自分の意志でどこかに行きたいって思ったことがない…」

自分から動こうとせず、誰かに乗っかってどこかへ連れて行って(頑張りたくはないけど愛されたい)欲しいと思っていた凪は、

ゴンさんとの恋を決別すべく、自分の意志で思い出の海へと急ぐ。

道がわからなくなって、意を決して入ったバーの女の子たちに励まされ、決意を新たに…。

コナリミサト:凪のお暇 4巻(秋田書店)

「やっと辿り着いた目的地の海は なんていうか フツーだった」

ゴンさんとの思い出の海にやっとの思いで辿り着いた!

膝を怪我して、

買ったばかりの自転車はパンクし、

変な人に声を掛けられたりもしたけど…。

「青い鳥」は意外と近くにいた

じゃなくて、

自分の意志で、自分の運転で、辿り着いた。

その事実が凪をより強くするのかも!

コナリミサト:凪のお暇 4巻(秋田書店)

「鍵 お返しします」

凪が海へチャレンジした次の日かな?

となりの部屋のゴンを訪ねて合鍵を返すことに。

その数時間前にも、別の女の子から別れ話をされていたゴンにとって、凪からの別れは、

また、好きになった人から捨てられる、同じことの繰り返しの筈だった。

「ゴンさんは、私にとって色気たっぷりの女子中学生(魅力的だけど手を出しちゃダメ)みたいなものです!」

と凪に豪語され、

「さすがにそれとは関わっちゃダメだね!」(お縄だよ!)

と理解するゴン笑

ゴンは純粋過ぎるのか、奉仕欲が強いのか、「好きになってくれた人」・「好きになった人」に尽くし過ぎてしまう。

結果、その甘過ぎる行動に、相手がガマン出来ずに壊れてしまう事が多かったんだけど…。

凪は丁度いい距離感に戻りたいと宣言し一歩引いて、壊れることはなかった。

今度はゴンが、そんな凪を気になってしまい…?

コナリミサト:凪のお暇 4巻(秋田書店)

「自分がどこにいるのか わからなく なっちゃいませんか」

サイドストーリー、ゴンに続き二人目は就活友達(?)の、坂本龍子、28歳。

実はT大出身だという彼女。

在学時の就活につまずき、高学歴ながらも「地頭」の悪さに悩んできたという。

決まって周囲には、「これだから高学歴は使えない」とマウント取られてきた彼女の恨みは根深い。

だから、そんな声に負けて、後ろ向きな言葉を吐いたり、頑張ること・前向きに生きること」を辞めてしまったら、

今の自分がみじめでとても見てられない…

と泣きじゃくる彼女。

いつも明るくて前向きな坂本さんの、涙を流す姿はつらい…。

坂本さんから見たら凪は、非効率で頭の悪い行動を取ることも多いみたいだけど…

そんな凪の姿勢に彼女が救われていることも事実で。

凪と居ることで何か変化が起こるかも知れないし、期待したい。

凪のあまりに方向転換にショックを受けてモヤモヤする慎二の元に、現れた新人さん、可愛い顔に慎二好みのサラサラヘアで、

慎二の明日は…?

凪のお暇、脂乗ってきました!!!

【感想】

発刊ペース早いなぁと思ったけど、半年に一冊なら普通かな?

前巻の凪の落ちっぷりで正直、読むのは迷っていたんですが、

4巻で盛り返したので、安心しました!笑

話のテンポがよく、セリフのセンスやキャラクターの目立ち方など

この方の作品はあまり読んだ事がないのですが、良さが活かし切れている感じが存分にありました。

ようやく自分の人生に集中すべく前を向いた凪と、変化を起こす周囲のやり取り、続きが読みたくてたまらない!

既刊リンク

『凪のお暇』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! 場の...
『凪のお暇 3巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 心の底から、自分を変えたい。 他人に合わせ...

併せて読みたい記事

『恋は雨上がりのように 1巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 橘あきら17歳。高校2年生。 感情表...
『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、...
『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 儚くも美しい官能物語ーー開幕。 天涯...
『ゆうべはお楽しみでしたね 5巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 ついにゴローさ...