スポンサーリンク

大人になる程に増す防御力ーー打ち破れるのは彼女が若いから

『恋は雨上がりのように 3巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館)

【あらすじ】

店長への想いを募らせてゆくあきら。

その真っ直ぐな想いに戸惑いながら、なくしたはずの感情を呼び起こされていく店長。

人生に一度しか訪れない少女の17歳の夏は、その青さを増してゆくーー

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「なんで橘さんがウチにいるんだ?」

2巻で勇斗に言われるままに押入れで待機していたあきら(近藤を驚かせるため?)

暑さに耐えきれず飛び出すあきら、勇斗の持ってきた麦茶で服を汚されてしまい、近藤のシャツを借りる事に!

いいなぁ好きな人のシャツ…

「あたし、 店長のこともっと知りたいです。」

告白されて、映画館デートして、それで全て終わったと思っていたのに…。

近藤の家を訪れた際にあきらが見てしまった部屋、

それは机や畳に散乱した原稿に、天井近くまである本棚にぎっしり詰まった本、うず高く積まれた本、本、本。。。

近藤は純文学を、学生時代から今までずっと愛していたのだ。

『職場で見る彼』の『知らない一面』

あきらはますます惹かれてしまう…。

「カポッ」

脚を怪我で傷めてから離れていた陸上。

いつしか中学時代の親友、はるかとの距離も離れて…。

あきらの本心は描写されていませんが、はるかは少なくとも現状の距離感に戸惑い、もっと離れてやがて縁が無くなってしまうんじゃないかと焦っている様子

そんな折、持っていると好きな人と仲良くなれるという噂のキーホルダー』ガチャガチャで手に入れるようとするもシークレットのため惨敗のあきら…。

はるかもそれを知って、こっそり回し、出てきたシークレットをあきらに投げわたす。

おまじないに縋ってでもあきらとの縁を大事にしたはるかの気持ちが綺麗で切なくて、大好きだなぁ

思い切り自分の気持ちをぶつける、表現することをだんだんとしなくなってきたなぁ。

「どこかで橘さんを呼んでいる本があるのかも知れない」

近藤の好きな“純文学”が気になって図書館に来たあきら。

偶然にも近藤と出会って、オススメを聞いたらこの回答。

自分の悩みや感情に呼応してくれる本が見つかる事が確かに本屋さんでも図書館でもあるから、この感覚分かるなぁ。

昔何かで読みましたが、本屋さんを散策している人の頭の中は、何気ない気持ちよりも、

『面白い本ないかな』

『こんな感じの本が読みたいな』

と、積極的に買いたい、情報を得たい気持ちで店内を歩いてるそうです。

印刷された本を買う人は減り、電子書籍の数字が伸びているようですが…きっと昔も今も、本好きの人はこれ!という本と出会いたいと思って生きていると思っています。

近藤の本に対する思いがよく分かるセリフ、いつか子供に同じことを聞かれたらこんな風に答えそうだなぁ笑

「君が俺の何を知っているの」

シークレットキーホルダーを手に、近藤ともっと仲良くなりたいあきら。

近藤が図書館で借りた本は、学生時代の友人が書いたものだという。

知り合いに作家がいること、沢山本を読んでいて詳しいこと、あきらが出会う人の中ではキラキラ輝いて見えていた。

でも近藤は…。

近藤自身は、

純文学を愛するゆえに失ったもの、それでも愛する気持ちに折り合いを付けられず、時々執筆しては立ち止まり、パッとしない日々。

あきらが思うような人物ではないんだと度々思い知らされることもあったかも知れない。

だから、何も知らずに褒めてくるあきらを、体裁も取り繕わず初めて拒絶した。

近藤の暗くて繊細な内部へあきらが触れた瞬間。

気まずいまま、天気も荒れて、近藤が夏風邪を引いたところで3巻は終了。

恋は、苦くて甘くて、やっぱり苦い…。

【感想】

店長の繊細な心の奥へと入ったからこその、初めての拒絶。

このリアクションが見られた時は私は嬉しかったです。

それまで大人として、そつなく当たり障りなく…彼女の前で生きてきた近藤の弱い部分。

長く生きてきた分、触られたくない部分には全力で拒否してしまう大人のスタンス、分かるなぁ。

あきらからしたらショックかも知れないけれど、“本当の彼”に肉薄した瞬間でもあると思います。

それでも諦めない行動力が、凶と出るか吉と出るか?

4巻も近いうちに!

既刊リンク

『恋は雨上がりのように』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 橘あきら17歳。高校2年生。 感情表現が不器用...
『恋は雨上がりのように 2巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 いつも寝ぐせがついてて、 たまにチャ...
『恋は雨上がりのように 4巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 ずっと一緒だった 親友・喜屋武とのす...

併せて読みたい記事

『ゆうべはお楽しみでしたね 1巻』金田一蓮十郎(著) ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 オンラインゲ...
『Bの戦場 さいたま新都心ブライダル課の攻防』ゆきた志旗(著)集英社オレンジ文庫 【あらすじ】 さいたま新都心に位置するホテルブライ...
『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 儚くも美しい官能物語ーー開幕。 天涯...