スポンサーリンク

結婚一周年♬ 今日も二人は自分たちらしく、一歩ずつ絆を深める!

『ラララ 5巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス

【あらすじ】

美人で外科医の石村亜衣と、

“元リーマン”専業主夫・桐島士郎の結婚生活は、

桐島家の親戚が一同に会す新年会で大波乱!?

さらに近所の放置子を“かまって”しまい……。

入籍から1年、夫婦の決断は!?

【みどころ】

「だいたいの人間はいい奴が好きで 嫌な奴が嫌いだ」

前巻に引き続き親戚問題!

石村さんの事が気に入らない親戚とは、桐島の父親の姉である伯母の晴美。

先に宴会を始める事で桐島夫婦が遅れた形にしたり、

親戚の間でも問題のある子を、石村さんにけしかけたりと、やりたい放題笑

しかしそんな子供じみた作戦が石村さんに通用する筈もなく…

むしろ、子どもを叱ってやり諭し、かえって石村さんの株を上げる結果に(`・ω・´)!

「後は死ぬだけだからな!」

宴会場で揉めた晴美おばさんと石村さんが大浴場で遭遇!

旦那さんとのトラブルで桐島に固執していた晴美さん、それならば、我慢をせずに思い切り無茶して生きたらどうだ?とまた諭されてしまう笑

家族のために、子供のために…とずーっと我慢してきた人生、、

自分の気持ちのために生きたっていい。

なぜなら、後は死ぬだけだから笑

こんな分かりやすくて痛快なアドバイスある?

このシーンめっちゃ好きです笑・:*+.\(( °ω° ))/.:+

「闇そのものだ」

近所の公園で最近よく見かける子が気になる桐島。

主婦仲間の仲井さん曰く、「親に構ってもらえない放置子」である可能性が高いんだとか。。

直接話し掛けてみると、お母さんが出ていって、お父さんが忙しく働くご家庭である事が判明。

闇を抱えてそうな見た目というか、闇そのものだって台詞には笑ったw

「この子供に対し生半可な覚悟ではないんだろう?」

近所にそういう子…三宅くんの話をしたら石村さんは同情で他人の子供に関わるとロクな目に遭わない」とバッサリ。

買いものをする為に外出したら、夜遅くにまだ外にいる三宅くん。

放っておけない桐島は家に連れ帰ってしまう。

忠告したのに連れて来たということはそれ相応の覚悟があってのこと…ならばと三宅くんと向き合う事を決めた石村さん。

「こんな夫婦が1年もよく持ったなあ!私に合わせるのは大変だったろう」

三宅くんと「家族クラブ」をすることになった桐島夫婦。

放課後に家に寄って、桐島から家事全般を教えてもらい、石村さんが居る時は勉強を教える。

母親のいない家に住む三宅くんは、捨てられたという不幸を募らせただ父親の帰りを待つのではなく、二人と一緒に人生の建て直しを図ると決めた。

三宅くんは根は真面目で優しい子なので、二人に懐いて手伝いもよくやってるみたい。

桐島家でみんなで過ごす姿にほっこり・:*+.\(( °ω° ))/.:+

三宅くんから見ても、お互いを思いやるいい夫婦に見えるらしい桐島ら

あとはこれで夫婦生活があれば完璧!と思うような、それで本当にベストな状態なのか迷いがあるのも事実…。

揺れるまま、「何かして欲しい事はないか?」と聞かれ、つい答えてしまう桐島。

…どうなる?

【感想】

痛快な5巻でした!

ならず者である子供に諭す石村さんもカッコよかったけど、結婚生活に耐えている晴美さんに独自の目線で(?)アドバイスする姿も良かった笑

石村さんははちゃめちゃなように見えて、だいぶまとも。

本音で付き合う人って気が抜けないけど信頼度は抜群な気もします

なかなか現実世界では出会えないけど…。

人との向き合い方、自分の人生という時間の使い方を今一度考えさせてくれる作品でもあるんだよなぁ。

6巻の感想はup済みなので、7巻が待ち遠しい!

既刊リンク

『ラララ』ヤングガンガン(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 結婚から始まる奇想天外ラブストーリー? 突然リストラされてしまっ...
『ラララ 4巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 美人で外科医の高スペック嫁・石村...
『ラララ 6巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 近所の放置子だった三宅くんの意識...

併せて読みたい記事

『凪のお暇 1巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! ...
『ちょっと一杯のはずだったのに』志駕 晃(著) 宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ(宝島社) 【あらすじ】 秋葉原FMの人気パーソ...
『孤独のグルメ 1巻』久住 昌之 (著) 谷口 ジロー(作画)SPA!コミックス(扶桑社) 【みどころ】 「ウン うまい」 ...