スポンサーリンク

人生を立て直すのが先か、恋に溺れるが早いかーー凪、迷走中!

『凪のお暇 3巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店)

【あらすじ】

心の底から、自分を変えたい。

他人に合わせてばかりの日々をやめ、

心地良い新生活を送っていた

大島 凪28歳。

だけど、何かと優しい隣人・ゴンとの関係が

深まるにつれて、気持ちが揺らいで…?

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「正直、最初から彼を肩書きでしか見てなかった気がする」

前巻で前職の人と婚活パーティーで偶然遭遇した凪。

あまりにモテる凪に対し

「扱いやすそうな女の元に程度の低い男が集まるのは滑稽」とバカにされたので、

「そういう男の人たちの経歴を見て笑っているなら、経歴次第では付き合うってこと?

それは条件次第で集まってくる男の人たちとどう違うの?」

と熾烈なバトル…!

だけど彼女を言い負かす矢を放ったつもりが、巡りめぐって自分に刺さる…。

「自分だって、慎二(元カレ)のこと、肩書きでしか見てなかったし、好きなところだって思い出せない…

打算で付き合っていたこと、本当は自分がどうしたかったのかが分からなくなってしまう凪…。

「理想の家族ショーをおっ始める」

慎二の家も難ありとな…!

だから人目を気にして空気を読むのが上手くなった慎二。

家庭料理が得意で優しい凪に心底惚れていたのはそういう背景が理由かも知れない。

実のお母さんはほとんど料理をしないみたいだしね。

「どうしてお母さんの電話に出ないの?」

凪そっくり! 逆か?笑

過干渉気味のお母さんのことが凪は少し苦手みたい?

「ちゃんとした人生・大人になってね」

と凪に詰め寄る母…

娘からしたらうざったいだろうけど、恐らく心配からきているんだよね。

この親娘に関係改善が訪れるとしたら、凪が変わった時だろうなぁ。

「今夜お部屋に遊びに行っても良いですか…!?」

ちゃんとした人生を歩まなければと強く思ってきた凪にとって、

母親の期待に応えるとか、

まわりの空気をよむとか、

そういうのから遠ざかって自分の思う通りに生きてみるって言うのは魅力的なんだろうね(`・ω・´)

隣人で自由人、ふわふわしたゴンは凪にとっては気になる存在で…

ある日、意を決してついにお部屋にお邪魔してしまう。

脱線の始まりである笑

「老若男女問わずガバガバだから」

ゴンと男女の仲になってから、爛れた日々を送る凪…。

おい!人生立て直しは???

仕事終わりにご飯を作って待っているとゴンと約束したところ、帰ってきたのはゴンの仕事仲間のエリィ(エリ?エリー?)

付き合っているのかどうか、自分たちの仲がよく分からない上に、誰にでも部屋の鍵を渡しているって……?

ゴンと仲良くなれて幸せのはずの凪、でもゴンは普通の幸せをくれるような存在には程遠くて。。

凪、闇落ち!!

【感想】

3巻は凪とお母さん、慎二とお母さんと言うように、それぞれが親とわだかまりを抱えていることが判明。

まさかそこまで闇が深いとは…。

そして凪が人生を立て直す前に恋に溺れてしまう。

仕事に打ち込むより、大切な人に支えて貰うことも時として人生には必要かも知れない。

だけど、相手は到底そういう人生の大切な時間を費やして良いような相手とは…私は思えませんでした。

凪の大切なお金や時間をどんどん消費して、消耗していく様は本当に悲しいし、こういう時に力になってくれる人こそ本当に大切な人だと思う。

これからどうなっていくのか…ますます目が離せない(´;ω;`)!!

既刊リンク

『凪のお暇』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! 場の...
『凪のお暇 2巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 私、人生やり直し中。 他人に合わせすぎて、...
『凪のお暇 4巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 「おまえは絶対変われない」 元カレ...

併せて読みたい記事

『ゆうべはお楽しみでしたね 1巻』金田一蓮十郎(著) ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 オンラインゲ...
『恋は雨上がりのように 1巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館) 【あらすじ】 橘あきら17歳。高校2年生。 感情表...
『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、...