スポンサーリンク

子どもの縁は親同士の縁なのか?狭い世界の地獄ーママ友がこわい

『ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望』 野原 広子(著)MF comic essay(KADOKAWA)

ママ友がこわい 子どもが同学年という小さな絶望

【あらすじ】

仲間だとおもっていたママ友から、気が付かないうちにハブられていた主人公。

ママであることは楽しくて幸せなはずなのに、なんでこんなに孤独で不安でしんどいの?

(この本の情報 より引用)

☆ママおススメまとめ記事

頑張るママへの応援歌!的、おススメ本5選 【はじめに】 生存戦略!とも言える、人生の逆境を切り抜けた熱い本 と、 子ども...

ママ友がこわいーみどころ

子どもを産んだらおのずと、ママ友について考える機会が増えていきますよね。

ママ友はできるかどうか、できたとしたらどこで?どんな人と?

そして、幼稚園や保育園に通わせる人にとっては、同学年で近所の人と知り合いになっていくパターンが多いでしょうから、なおさら相手の人となりや距離感が気になるところ!

本作品についてのポイントを5つに分けてご紹介していきたいと思います。

☆いい大人なのに、ばかみたい

この春から、長子の幼稚園のファーストスクールが始まる我が家。

野原広子さんの著書は、離婚してもいいですか?翔子の場合を、コミックエッセイさんで読んでいたきり。

これから本格的に幼稚園でママ友付き合いが始まるのかな~と思っていたので、手に取ってみました。

郊外に住む主人公の田中サキ(32歳)は、はじめて出来たママ友の久保田リエ(35歳)と大の仲良し。

家が近所&女の子ママ同士ということもあり、毎日のようにつるんでいたけれど、いつの間にか距離を置かれ、挨拶を無視され、他人以下の扱いに…。

☆仲良くなったきっかけは、リエが声を掛けてきたことから。

幼稚園に行きたがらない子どもたちが手を取り合い仲良くしていることから、自然と親同士も急接近!

通園をぐずる子どもを宥める毎日が憂鬱だったサキとリエにとって、子どもが何とか幼稚園に行ってくれること、二人が友だちになってくれたことはこの上ない喜び!

そんな光景を目の当たりにしたサキとリエも、自然と友だちに♪ 

☆仲良しになんてならなければよかった

そうしていつの間にか下の名前で呼び合うようになり、幼稚園のある日は必ず一緒に行動するようになった二人。

しかし、変化を感じたのは子どもの学年がひとつ上がった年中になってから。

少しずつリエの態度に違和感を感じるようになり、その違和感を拭えないまま距離を置かれることに。

子ども同士の仲良し=子どものママ同士も仲良し

と、浮かれて勘違いしてしまったと振り返るサキ。

あんなに仲良しだった二人に何が???

☆どうしてリエちゃんに嫌われてしまったんだろう?

年少の夏祭り、秋のおゆうぎ会、それから冬を迎えて、変わってしまった二人の関係。

自分を仲間外れにするグループのひとりに、何が起こったのか思い切って話しかけると、些細な行き違いから、リエがサキと距離を置き始めたことが分かった。

子どもに向かって発した言葉がどこかで形を変えて親たちに伝わり、誤解され、無視されるハメに。

会って話そうにも一切取り合ってもらえず、聞く耳を持たないリエにショックを受け、おんなじ態度で接すると決め込もうとするが…

子ども同士は仲良しだし、幼稚園に通い続けはするわけで…

自分の率直な感情と、この状況で一番大事なこと、どちらも両立させるためには、事態を受け入れてなんとかやってくしかない。

それがサキの選んだことだった。

☆『親よりも夫よりもすべてをわかってくれる 共通の思いを持つ仲間だと思った』

電話のたびに二人目の催促をする義母、無神経な言葉を投げかけがちな旦那さん。

今までは家庭で辛いことがあっても、打ち明けることの出来る相手がいた。

子育て中のどうしようもない苦しみを分かち合えると思ったから、心を全開にしたサキ。

だけど、素直な心で接したことで、より深く傷ついてしまったことをようやく実感することに…。

子どもたちから、リエには二人目ができたと聞かされ、決定的に違いを感じる…

と同時に、自分は身も心もどん底なのに、幸せそうに生きているリエが許せない…!

と思ってしまうまでに。

自分の中にある、真っ黒な感情に飲み込まれそうになるサキ。

この行動がかえって転機を生むことにもなるんだけど、サキはまだまだ苦しみぬく。

物語中盤からは、リエサイドのお話。

仲良しだったサキを嫌いになってしまったきっかけが描かれているので、リエから見たサキも面白い。

サキは少し鈍感だけど前向き。

リエは真面目で一生懸命で、少し思い込みが激しい。

相手を羨ましいと思う気持ちが、いつの間にか妬ましい気持ちに転じるのがまた怖い。

でも、ステージの違いや年齢の違い、子どもの性別によって分断されやすい女の世界ならあるあるなのかな。

ほぼノンフィクションとも取れる、リアルなママ友付き合いの様子、物語の最後まで一気に読んでしまう面白さです。

ママ友がこわいー感想

ママ友って、子どもを産んで母親というステージに立ってから出来たつながりだからか、

  • 子育て
  • 家庭のこと
  • 義理の家族のこと

などなど何でも分かり合える友だちのようで、意外にそうでなかったりしますよね。

この作品は、環境が同じで仲良くなった2人が、不妊治療とか年齢とか性別とか、ちょっとした価値観の違いから相手を誤解したり憎み合ってしまう危なっかしいお話。

幼稚園の人付き合いがどんなものか、『子どもが同級生』というママ友がどんなものか、大いに参考になりました!

悪意にさらされることで、自分も呪いの気持ちに渦巻かれてしまうサキだけど、なんとか整理をつけて自分で自分を幸せにしようとする姿はとっても魅力的。

まあまた最後にひと山あるんですが、それもリアリティあって好きです笑

ママ友とはどんなものなのか、また、今ママ友との関係に悩んでいる人にもおすすめです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました♪

併せて読みたい記事

『スキップするように生きていきたい』こやま こいこ(著)MF comic essay(KADOKAWA) 【あらすじ】...
『娘が学校に行きません』野原 広子(著)コミックエッセイ(KADOKAWA) 【概略】 いまやクラスに数名は不登校児...
『女の子が生きていくときに、覚えていてほしいこと』西原 理恵子(著)角川書店単行本(KADOKAWA) 【概略】 進...
頑張るママへの応援歌!的、おススメ本5選 【はじめに】 生存戦略!とも言える、人生の逆境を切り抜けた熱い本 と、 子ども...
【はじめに】 本同様、絵本も大好きなので子どもにもたくさん買い与えたいのですが、スペースも予算も限られているので、週に一度、繰...