スポンサーリンク

密の救いがたい性癖、陽史との秘密。新キャラ登場で、密はどう動く?

『復讐の未亡人 10巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社)

復讐の未亡人 10巻

【あらすじ】

密にストーカー行為を続ける山下晴菜。

山下の行動をマークする凛は、彼女の底知れぬ危険さに警戒を深める。

一方、昼間の密の家には密と陽史が二人きり……。

義理の姉弟である彼らの秘められた関係とは……。

(この本の情報 より引用)

☆9巻ざっくり

真言のいる会社へ入る前の、山下晴菜の過去。

危険すぎるその人間性に、警戒を高める凛だが…。

『復讐の未亡人 9巻』黒沢R(著)アクションコミックス(双葉社) 【あらすじ】 密のパートナー・斎藤真言の会社の...

【みどころ】

復讐の未亡人 10巻

黒沢R:復讐の未亡人 10巻(双葉社)

『挙動不審な目の動き』

密をストーキングする山下を、観察(ストーキング)する凛。

山下がペンを落としたことでふいに邂逅する二人だが、凛の目には、粗の多さの目立つ山下。

姿かたちを偽り怪しい行動を取っている割には、その詰めの甘さから、

正攻法では密に勝てる相手じゃない

と咄嗟に判断。

そして、何となくの勘で、危険な人物だと認識した凛。

初めは真言に近付くために行動し始めた山下だったけれど、自分の自尊感情を傷つけた(と、捉えた)密をターゲットにした様子の彼女はとにかく危なっかしい。

復讐の未亡人 10巻

黒沢R:復讐の未亡人 10巻(双葉社)

『だから決して私を困らせることはしない』

夫、優吾亡きあとの密は復讐を果たし、凛と出会い、子をもうけて平穏な暮らしを満喫していた。

【パートナー】と形容している理由に合点がいったけれど、真言とは結婚していない様子。

義弟である陽史と真言の共通点、身籠っている子どもが実は誰の子かよく分からないあたり、密もまだまだ底知れぬ人間性を持っている感じ…。