スポンサーリンク

他人の不幸は蜜の味!?レディコミビジョンを通して世界を見ると、もう後戻りできない…!w

『崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1』池田ユキオ(原作)紺ことり(作画)ワケあり女子白書(小学館)

崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1

【あらすじ】

そこは大人がたどり着く約束のエンタメの地…??

少女漫画一筋のアラフォー漫画家が出会ったレディコミの世界…。

気づけば世界をレディコミ目線でしか見られず…!?

要注目の新連載「崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる」

(原作:池田ユキオ/作画:紺ことり)開始!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1

池田ユキオ、紺ことり:崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1(小学館)

『そしたらうちの母親と同居してくれるよな。』

まみりこ編最終話にて告知されていた、池田先生原作、紺ことり先生作画の新連載!

少女漫画にありがちな、ハッピーエンドを迎えたはずの二人の会話が何だかアヤシイ笑

両思いだと分かってハイそこで終わりじゃなくて、

結婚したら母親と同居して欲しいとか、共働きだけど家事分担は無し、義母は嫁いびりのプロ(?)で、小姑にもマウントを取られるという

十代の恋愛にあるまじき展開に…!笑

いやーでも分かるなこれ。

レディコミ読んだ後だと、少女漫画(もしくは健全な大人女子向け漫画)を読んでも、その作品がもつ平和な世界観の中になにかアラや矛盾がないか探してしまう、、(; ・`д・´)

崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1

池田ユキオ、紺ことり:崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1(小学館)

『ハッピーエンドじゃなかったのおおお!?』 

…って有り得ない展開のち、悪夢から目覚める本作品の主人公、伊集院あまね

漫画家人生において、ヒット作を生み出すこともなく、キャリアを積んだり良縁に恵まれたりと、同級生のような幸せを掴むこともなく歳を重ねること37歳…!

崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1

池田ユキオ、紺ことり:崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1(小学館)

『あたしすっかりレディコミよ。』

典型的な(?)少女漫画好きだったあまねだけど、彼女に影響をもたらしたのは育児に奔走する妹、真子29歳

3時間おきの授乳に勤しむ傍ら、スマホを片手に漫画を楽しむレディコミ好き。

子どもが眠るまでとか、おっぱいあげてる時ってすることないから分かるなぁ!

画面を暗くしてこっそり楽しむ漫画は蜜の味…

崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1

池田ユキオ、紺ことり:崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1(小学館)

『読んだことないけど、広告だけで大体話がわかるアレのこと?』

ずっと少女漫画畑にいたあまねにとって、真子がハマっている(抜け出せない)レディコミのことはなんも知らない様子。

『読んだことないけど広告だけで内容が分かるアレ?』

って、Twitterでもよく見る呟きwww

読んだことない人は確実にいるだろうけど、衝撃的な広告から内容が推測出来るってもう鉄板フレーズw

これを描いてる側が描いてるの面白過ぎるでしょwww

登場人物の8割は性格が悪くて、イケメンは出てこない、つらいこと、気味悪い展開が多いのに、読めばなぜかストレスが消える謎ジャンル

↑真子があまねにレディコミを語る内容、その通り過ぎてぐうの音も出ませんわww

そうそうそう、実話ベースだったり救いが無いラストも多いんだけど、なぜか惹かれてしょうがないんだよなぁレディコミって。

平和な時代だから?笑

崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1

池田ユキオ、紺ことり:崖っぷち少女漫画家、レディコミ沼にハマる 1(小学館)

『レディコミを読み漁ること3日3晩…!』

ネタはいくらでもあるし、少女漫画でなくレディコミ描けば?

と真子に言われるも、怖いのとかえぐいのはちょっと…と尻込みするあまね。

いい歳して少女漫画ひと筋ってスタンスこそ怖い

とバッサリ切り捨てられ、意を決してレディコミ編集部に向かうと、口の悪いらしい編集さんに、

レディコミ描くからには悪意を持ってね☆(ゝω・) テヘペロ

と、既刊をもとに、これからどんな漫画をかくべきなのか徹底的に洗脳されてしまう笑

不幸や艱難辛苦をエンタメ化する視点こそレディコミには必須条件!

その結果、確実にレディコミ脳が覚醒してしまったあまねwww

これでいいのか分からないけれど、あまねの描くレディコミがどんなものかめっちゃ気になる!

【感想】

ママ友が出来てから、おススメ漫画とか紹介しあう機会がたびたびあるんですが、大体レディコミ笑

ゴミトイプも100%の知名度でしたw

スマホが無かった時代は、こういう結婚してからの苦労話みたいな話題って雑誌を買って読んだりしないと触れることが無かったんだろうけれど、今はスマホを持ってる以上は誰かの投稿や広告で簡単に目につくところにあるので、沼にハマる人も多いのかも?

このジャンルの魅力と中毒性、作中でも真子が語っていますが、ドロドロしているのに読むと何故かストレス解消になるんですよね笑

自分と似た境遇の主人公を探したり、同じ悩みをもつ主人公が出てきたりすると安心したり共感したりするんですよね。

現実では、人に悩み相談や不幸話をするのって申し訳ない部分も多少あるので…。

ページ数にして16ページ、ややサクッと終わりましたが、これからあまねがどんな才能を開花させるのか楽しみ…!

今日もお読みいただき、ありがとうございました(∩´∀`)∩

gw突入しましたが、相変わらずおこもりデーの日々です笑

既刊リンク

『ゴミ屋敷とトイプードルと私』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 元読者モデルをしていた明日香(あすか)は34...

併せて読みたい記事

『極主夫道 4巻』おおのこうすけ(著)BUNCH COMICS(新潮社) 【あらすじ】 買い物中、猫に荷物を...
『SNSに堕とされる女たち』廻(著),青咲るそう(著),縛(著)(NINO) 【あらすじ】 嫉妬に駆られた同僚の陰謀...
『すぐ泣く女に機関銃』和田 依子(著)恋するソワレ(ソルマーレ編集部) 【あらすじ】 『毎日つまらないのは、あな...
『信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~』池田ユキオ(著)ストーリーな女たち(ぶんか社) 【あらす...
『君に愛されて痛かった 4巻』知るかバカうどん(著)BUNCH COMICS(新潮社) 【あらすじ】 他校の高校球児...