スポンサーリンク

クズ系イケメンホストの初めての純愛!?が向かう破滅と真実――

『裏アカ破滅記念日 15巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館)

裏アカ破滅記念日 15巻

【あらすじ】

歌舞伎町№1ホストの輝(かがやき)はキャバクラ通いが趣味。

指名もせず、安酒を飲みながらキャバ嬢をお持ち帰りする日々ー。

そんなある日、№1キャバ嬢の聖羅にひと目惚れするが…!?

順風満帆なホスト人生が少しずつ狂っていく…!

【みどころ】

裏アカ破滅記念日 15巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 15巻(小学館)

『俺 ホストに来る女嫌いなんだよね』

前話、くるみチャンがハマっていたイケメンホスト、輝(かがやき)回。

3話連続で関係性のある人間の転落劇を描いている模様の裏アカ破滅。

自分にハマる女性にお仕事sexを繰り返し、金ヅルに仕立て上げていくクズ系イケメンホストの輝。

ホストクラブに来るような女性を蔑み嫌っているようだけど、持ち前のルックスと甘言で女性をメロメロにしていく魔性の男…!(魔性って男性にも使うのかな?)

裏アカ破滅記念日 15巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 15巻(小学館)

『めっちゃタイプ!!』

あることないことを嘯く天才、輝クン。

本音は裏アカにぶちまけて、可愛い子と飲みたい時にはせっせとキャバクラ通い。

そんな時に出会った、聖羅

容姿端麗な彼女に一目惚れして、なんとか繋がりたいとTwitterアカウントを書いた紙(名刺)を渡してアピールするが…

裏アカ破滅記念日 15巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 15巻(小学館)

『えっ…ええ~~!?』

安酒を楽しんでサクッと帰宅するも、聖羅からのフォローは無し。

自分に食いつかない女がいるなんて????

と動転するあまり、聖羅の店で待ち伏せ&直接口説きに掛かるが、それも一切効果なし。

真面目に仕事をしている様子の聖羅に、この業界では会ったことのない人種かも…と、びっくりしつつも、その人柄にのめり込んでいく(単純でかわいいな)

裏アカ破滅記念日 15巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 15巻(小学館)

『俺 ホストじゃなくてただの男になってる』

選り取り見取りな女の子の中から、聖羅が良いと自分の気持ちに気付いた輝。

いつもはしない指名をして、なんとか聖羅に近付こうとする。

『百戦錬磨の自分が落とせない女なんていない』

と、プライドにかけて近付いたつもりが、きつめな印象の聖羅のギャップに、益々のめり込んでしまう輝(単純でry)

純粋にキャバクラを楽しんじゃって、案外輝の中身も純粋?

裏アカ破滅記念日 15巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 15巻(小学館)

『いつも強気な聖羅が こんなに泣くなんて』

太客がいることで、なかなか二人の時間が作れないことがつらい輝。

指名を重ね、逢瀬を重ねても自分のものに出来ない不安から、

『太客以上のバースデータワーを入れる』と躍起になった輝は、店に前借をし、自分のお客さんからお金を巻き上げ、聖羅のためにせっせとお金を作っていく…。

裏アカ破滅記念日 15巻

桜井 美也:裏アカ破滅記念日 15巻(小学館)

『もうこんな汚い世界からはさよならさ』

そして店一番のタワーを入れ、太客の鼻を明かす輝、と、それを喜ぶ聖羅。

輝の思いが通じて、結ばれた二人は、歌舞伎町を去る約束をする…。

…が…

そんなキレイに纏まるはずもなく、

どこかでズレた歯車が再び噛み合うことはなく、

輝はどん底へ、、、!!

聖羅の二面性にもゾッとした今回。

【感想】

夜の世界の作品は色々読んでいるのにも関わらず、未だに指名の制度やシャンパンタワーがなんなのかよく分かっていません笑。

指名しないこと=安酒飲み

というのも今回初めて知りました笑

食い散らかしてきた割にハートがピュアな輝クン。

14話、くるみチャンには追われていましたが今度は追う立場に。

でも、やってること(マインド)はくるみちゃんそのもの。

こういう世界では弱肉強食の頂点に立つのはホストとよく言われていますが、そのホストがハマっている女が一番の頂点かも知れません(ネタバレ)。

今日もお読みいただきありがとうございました♪

既刊リンク

『裏アカ破滅記念日』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 キラキラ女子のマリエは、裏アカの秘密を握られてーー ...
『裏アカ破滅記念日 14巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 デビューを夢見て地下アイド...
『裏アカ破滅記念日 16巻』 桜井 美也(著)フラワーコミックス(小学館) 【あらすじ】 『世の中、金。』№1キャバ...

併せて読みたい記事

友情、恋愛、結婚…刺激的な人生を追体験!?『和田 海里』おすすめマンガ5選! 【概略】 レディコミと言えば(?)和田海里先生! ゴ...
『信じる者は、救われない!~博美36歳は、占い依存の女~』池田ユキオ(著)ストーリーな女たち(ぶんか社) 【あらす...
『深夜のダメ恋図鑑 6巻』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 祝・諒くんメイン表紙!...
『すぐ泣く女に機関銃』和田 依子(著)恋するソワレ(ソルマーレ編集部) 【あらすじ】 『毎日つまらないのは、あな...
『あいだにはたち 6巻』 さおとめ やぎ(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 欲しかったのは、あなたの優秀な...