スポンサーリンク

【ネタバレ有り】ちえさんの口から語られる、まみりことの出会い。衝撃配信にまみりこは…!

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11

【あらすじ】

『まみりこが人殺し?』

ちえの突然の暴露に、ザワつくネット界隈…!

過去の自分を認めた謝罪配信で再浮上のチャンスをつかんだまみりこ。

しかし、暴走するちえに注目が集まり…?

元地下アイドルから有名ライバーに成り上がったまみりこの暗い過去とは…?

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuberまみりこ』(池田ユキオ)、第11話!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11(小学館)

『そんな私をなぜかまなみは、”親友”に選んでくれた。』

逆転復活を狙って謝罪配信を始めたまみりこに対し、真実を話すという体で暴露配信を始めたちえさん。

ライブ配信同士でガチ喧嘩を始めた2人に集まる世間の注目。

【まみりこが殺人を犯したらしい】

というワードに惹かれ、それがウソかホントか、どっちが勝つかを見守る聴衆たち…!

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11(小学館)

『ザコと友達になっても意味ないし。』

小学校3年の頃、ちえの住む地域に引っ越してきたまみりこことまなみ。

あまりの可愛さにクラス中がまなみに熱中し、そんな状況を遠巻きに眺めるしかなかったというちえ。

自分のことを、地味で取り柄もない子どもだったと振り返るちえだけど、

『そんな私を”親友”に選んでくれた!』

と恍惚した表情で振り返る。

クラスメイトの中からちえを【親友に選んだ】ことにより、男子からは優しくされ女子からは嫉妬されてしまう事態に陥るが、、

そんないじめっ子クラスメイトに対し、ゲーセンで仲良くなったという不良中学生を駆逐に使ったりと、この歳の頃から如才ない様子のまなみ。

誰と仲良くなると自分にとって得かのみを考えて振舞っていたみたい…。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11(小学館)

『私にも同じことを求めた。』

男子や強い者には媚びていたまなみだけど、ちえ以外の女の子の友達を頑として作らなかったんだとか。

そして、ニコイチの関係をちえにも求め、彼女が他の子と仲良くしようものなら鋭い眼光で睨みつけ&一週間は口を聞かなかったらしい笑

うーん、ちえさんを友達に選んだ理由、

  • 人畜無害
  • 扱いやすそう
  • 依存しやすい

とかそんな感じで、決して彼女が好きとかそういうんではないのが9歳時点ではっきりしてるな、、、

いや他人と比べて好きな気持ちは多少なりともあるんだろうけど、一般的な友情とは違う気がする。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #キラキラtuber まみりこ 11(小学館)

『父と2人きりの夜が増えた。』

7歳のとき母が再婚し、厳しい父親と同居することになったちえさん。

12歳の頃にリストラされた父親は、ヤケになって昼間からお酒を飲みゴロゴロ…

そして仕事に没頭する母親に放って置かれた父親は、次第にちえさんを性的な目で見たり、感情のままに罵倒したりと、虐待を繰り返していくように。

コメント

  1. ブタロー より:

    ポエリさん、こんにちは。
    今回の作もいろんな話が明らかになってきましたね。どんな結末になるのか早く知りたいですね。ただ個人的にはいろんな話が多すぎて、だんだん訳が分からなくなってきてます(^_^;)
    聖子さんや香などとっくの昔に記憶のかなたに飛んでしまい、いったい何のために出てきたキャラだったっけ?みたいな…他にもかなえさんとか聖子さんを追い落とすために重要なキャラだったけど誰もが完全に忘れてると思います。最後にまた何かで登場するのでしょうか?話が長期になってきているのでそろそろ結末見えて欲しいところです…σ(^_^;)

    • ポエリ より:

      ブタローさんこんにちは♪
      聖子さん、かなえさんがあんなにキャラ立ちしていたのに過去の人っていうのは分かります_:(´ཀ`」 ∠):
      キラピカママch自体、まみりこの人物像を掘り下げるとかキャットファイト要因だった傾向がある気がします。
      七香さん然り…本当のバトル相手であったちえさんが出て来たことで、核心に迫っていることは間違いないので、最後まで見守りたいところです!

  2. サシス より:

    まみりこだけじゃなく、ちえさんの過去も親父に虐待受けてたと、相当重苦しかったようですね。まみりこ編の開始当初から、ちえさんが、なぜあんだけ酷い扱い受けていながら、学生でもない社会人の身で付き合っているのか疑問でしたけど、親父の虐待から救ってくれた恩人だからとは意外でした。

    しかし、この解釈はあくまで、ちえさんから見た解釈なので、実は恐ろしい真相があったとか誤解があったなんて、ショッキングな展開が待ち受けていそうで怖いです。

    それと、まみりこは、小学生の頃から既に心が歪んでいたのか、あの怖い形相で睨むシーンとか、子供のものとは思えないぐらい殺気出ていて、思わずゾッとしました。

    • ポエリ より:

      サシスさんおはようございます!
      まみりことちえ、二人の間にただならぬ過去があったことが明らかになりましたね(`・ω・´)
      ちえさん目線で語られた過去なのでまみりこの言い分は私も気になりますし、何より小学生にしてあの肝の据わった振る舞いや表情を醸し出すまみりこの生い立ちこそ気になりますよねw
      それは全く同感です…!笑

  3. 碧水 より:

    ポエリさん、こんばんは。
    今回の話で、まみりことちえの過去が明らかになりましたね。
    ちえの言った事の真偽はさっぱり分かりませんが、彼女の魂胆が
    徐々に見えてきた気がしました。
    やっぱり、まみりこに復讐したいんですね。きっと。

    次回で12話目(=1年間連載した)なので、次の話でケリつけて欲しいです。
    明日香とサヤの2人は転落したけど、まみりこはどうなるんでしょう?
    あまり落ちぶれて欲しくないなぁと思うのは、私だけでしょうか?
    それでは!

    • ポエリ より:

      碧水さんこんにちは♪
      確かに、まみりこ編ってもうすぐ一年経とうとしていますね!これは気付きませんでした笑
      そろそろフィナーレを迎えてほしい…という声はやはりあるみたいですね、サヤ、復活明日香編と比べるとだいぶ長丁場ですもんね(`・ω・´)

      ちえさんの愛が歪んだ愛かと思いきや…愛を隠れ蓑にした復讐っぽいですよね。
      あそこまでされちゃ、まみりこも汚名返上出来ないだろうし…。
      まみりこは策士ですが、爆弾を抱えている感のあるちえさんの方が一枚上手かも知れません。
      私も、ここまできたらあの二人みたいにあまり落ちぶれては欲しくないです笑
      シリーズ史上類を見ないレアキャラなので、転落以外のルートがあると面白いかなぁともw
      コメントありがとうございます!(*‘ω‘ *)