スポンサーリンク

翔真と吉乃、二人の衝撃の出会いと原点ーー。

『二人は底辺』小西 明日翔 (著) ZERO-SUMコミックス(一迅社)

【あらすじ】

主人公の染井吉乃は13歳。

ヤクザの家の娘ということで、学校でも浮いた存在だった。

そんなある日、彼女の祖父が翔真という少年を引き取ると言い出しーー…。

吉乃と翔真の出会いのエピソードが43ページにわたり描かれています。

『来世は他人がいい』(刊行:講談社)

『春の呪い』(刊行:一迅社)などで大人気の小西明日翔のデビュー読み切り、気鋭の新人のフレッシュな魅力をお楽しみ下さい。

※コミックゼロサム2015年9月号に掲載された『二人は底辺』と同じ内容になります。

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

小西 明日翔 :二人は底辺(一迅社)

『あれ…あの人どっかで…』

染井吉乃は13歳で、ヤクザの家生まれ。

組長である祖父の指示で連れて来られ、大の大人が手を焼くその少年、

『どこかで見たことある人…』

と既視感を覚える吉乃。

小西 明日翔 :二人は底辺(一迅社)

『実は折り入って吉乃に頼みがあるんや』

彼が、同じ中学に通う二つ上の素行の悪い先輩だと気づく。

名前は鳥葦翔真、年は15歳だという。

父親が覚醒剤を売って儲けている最中、その元締めが吉乃の祖父であると思い込み、クズの父親もろとも単身でカチコミにいったというツワモノ。

翔真のその捨て身の根性が気に入ったらしく、

クズの父親とは金で引き剥がし、組に入れたいという祖父。

組に入れると言っても、

構成員としてでなく息子として面倒を見たいらしい。

いきなりの祖父の提案に呆然とする吉乃…。

小西 明日翔 :二人は底辺(一迅社)

『アイツがうまくやっていける場所なんか もうここしかないやろ』

祖父の提案に当の翔真は、

『どうでもいい』(クズ親の元に居てもここに来てもどっちでもいい)

と人生に対して投げやりな様子。

自分の人生なのに、どうしていい加減に生きているのか分からない吉乃に対し布袋は、彼の生い立ちを吉乃に明かす。

母親が幼い時に亡くなってから3回は育てる人間が変わり、最終的に現在の父親の元に引き取られたが、その理由も親戚からお金が貰えるからという最低な理由だった。

大人の都合でたらい回しにされ今回も親に迷惑を掛けられ、金でヤクザに売られたとなったら…

希望を持つことや不遇に抗う意思をもって生きることが、もはやバカバカしいと思っているのかも知れない。

ヤクザの家に生まれようとも人と向き合い、自分の意見を持っている吉乃とは対照的な翔真の境遇が、彼女の言葉に表れているような気がする。

小西 明日翔 :二人は底辺(一迅社)

『底辺が底辺を受け入れんくてどうすんねん』

親父もクズだが彼も相当のクズ、行き着くところまで来たという意味でも、染井家でうまくやっていくしかない。

破落戸集団のようでいて、彼らなりの、ヤクザなりの愛情が人間に対してあるのかも知れない。

社会からはみ出し行くあての無い人間の行き着く場所が極道。

小西 明日翔 :二人は底辺(一迅社)

『お前なんか親父とちゃうわ……』

布袋の覚悟とセリフで、翔真を見る目が変わり、気にかける吉乃。

フラッと出ていった翔真を追い掛け夕飯を届けようとしたら、父親と話す翔真を発見。

『組の世話になるならそれで構わないけど』『金の工面をして貰えないか』と言い出す父親。

父親に対し組長直々に翔真の身元を引き受けたいと申し出て、持参金も用意したというのに、この父親はそれをひと晩で使ってしまうというクズっぷり…(金額は不明)

顔を合わせれば迷惑を掛けられ金をせびられ、翔真の堪忍袋の尾が切れてしまった。

立ち聞きしていた吉乃、思わず翔真を止めるが…。

小西 明日翔 :二人は底辺(一迅社)

『我が子に金せびる父親がどこにおんねん!』

父親を殺したくて仕方ない翔真を、

『代わりにわたしが今から殺す』と申し出る吉乃。

翔真は15歳、吉乃は13歳なので刑事責任を問われず。

※刑法が科されるのは14歳が基準で、13歳の場合は犯罪として扱われない。

こんなカス、一人殺したくらいで良心も何も痛まないと続ける吉乃。

それでも自分は父親なんだとのたまうクズに対し、

翔真を思って吉乃が取った行動とは…。

吉乃、男らしいというか肝が座り切っているというか…。

そりゃあ翔真、成人しても追従しちゃうわ…。

底辺なりの愛…!

【感想】

作者さんのpixivに載っていた作品が今回配信されたみたいですね。

ゴミトイプ3話の少し前に販売されていたかと思います。

タイトルや表紙がpixivのままだったのですぐに分かったんですが、表紙がカラーになって、描き下ろしている頁などもあるそうです♫

契約の兼ね合いから今回電子版のみの配信で、今後短編集だったりコミックスに収録される予定も無いそうなので、アナログ派は歯痒いと思いますが43pで216円だったので、ファンなら割と手を出しやすい価格かと思います(同人誌感覚)。

愛を知らない翔真と愛されて育った吉乃の対比が面白く、布袋さんの『底辺を受け入れられなくてどうする』という覚悟のあるセリフも良かったなー。

短いなりにも事の起承転結がまとまっていて、現在にもちゃんとつながっていて、満足の内容でした╰(*´︶`*)╯♡

今日もお読みいただきありがとうございました

既刊リンク

『春の呪い』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、 夏美...

併せて読みたい記事

『来世は他人がいい 1巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社) 【あらすじ】 出会ったのは、ヤクザよりも危険な男。 ...
『マイホームヒーロー 1巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 一人娘の零花を愛する...
『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん 1巻』真鍋 昌平(原著)山崎 童々(イラスト)ビッグコミックススペシャル(小学館) 【あらす...