スポンサーリンク

ひとりって自由で美味しくて、贅沢。至福のひとり時間羨ましい!笑

『ワカコ酒 11巻』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店)

【あらすじ】

誰でもない贅沢。

ただのお客になれる夜♪

村崎ワカコ26歳。

酒呑みの舌を持って生まれたがゆえに

今宵も居場所を求めてさすらう女ひとり酒。

定番メニューは絶対おいしい。

変わり種メニューも結局おいしい。

呑兵衛女子の幸せ酒場は

今夜もしみじみ、ひとりでおいしい♪

(裏表紙より引用)

【みどころ】

『骨から身をはずして食べるおもしろさ』

鯛の骨蒸し×冷酒

骨から身をはずしていただく魚料理、

めんどくさいけど間違いなく美味しい♫

子どもの頃から魚料理が好きで、チマチマ解しては骨をしゃぶって身をすくって食べていた私としては、とてもよく分かる回╰(*´︶`*)╯♡

外だと人目が気になってあまり追求しきれないのが残念だけど…

骨蒸し、鯛以外もあるのかなぁ。

めちゃ食べたい笑

『散らばった明太子が歯を刺激する』

明太子入りウインナー×酎ハイ

博多から取り寄せているというこちらのメニュー、見た目は普通のウインナーだけど、ウインナーの中に明太子も入れちゃったという変わり種♫

どちらもずっと前から知っているけれど、まさかコラボ食品がこの世にあったとは笑

皮もプリプリ、中身もプリプリで弾ける食感がたまらなく美味しそう~!

どんなお味なんだろう…Σ(-᷅_-᷄๑)?

『1時間数百円で借りられる完全個室』

カラオケ酒!Σ(-᷅_-᷄๑)

カラオケは歌うのがメインでフードメニューはついで程度だと思っていたけど…

完全個室×飲める×歌える×ご飯もの×スイーツもok

となるとカラオケ店、めちゃくちゃ有能な空間に思えてきた笑

人目を気にせず寛いで、好きなお酒と食べ物をお供に歌うワカコの発想に脱帽!

いや意外とひとり飲みさんにはメジャーな手法なのかな?

みんなでゲームするために集まって遊んだ時に行ったカラオケではから揚げとかポテトとか頼んで、思った以上に美味しかったし楽しかったから、飲まなくても遊ぶ空間として有りやね(`・ω・´)!

『ワイン飲み放題だよ』

イタリアンの料理教室で体験が500円、ワインも飲み放題!

大手クッキングスタジオとか?

今巻ではこの料理教室とカラオケ回が異色な感じで好き♫

美味しい料理を学べて、作っている途中からワインが飲めるという自由な空間なのも良かったなー

料理を学ぶといえば家庭科の調理実習だけど…。

あんまり楽しくなかったイメージがあるけど、これは楽しそう。

やりたくて来ている人が多いからかな?

大人になるって自由で楽しい╰(*´︶`*)╯♡

イタリアンの体験教室ですが、何を作ってワインを楽しんだかはコミックスに譲ります♫

なんだか何処かで飲みたくなってきた!

【感想】

今巻も内容の安定感は抜群♫

定番メニューも変わり種も食べた事のないメニューも、毎度のごとくどれもが食べたくなっちゃう笑

ワカコの日常を描いているけど、生活の面とか仕事面での話がもう少し読みたいかなぁ。

元々多くなかったけど今回はとりわけ少なくてさみしい…_(:3 」∠)_

このまま描かない路線で終わったりして、恋人も一向に出てこないし笑

だけど、カラオケでのひとり酒やお料理教室でのワインなど、エピソードの方にも『変わり種』があったので満足度は高い♫

特にカラオケ酒はやってみたい!

時間も発想も自由なひとり酒、憧れるな~・:*+.\(( °ω° ))/.:+

飲めなくても良いけどその空間に行って癒されたい!

12巻は来年2月ごろ!

既刊リンク

『ワカコ酒 10巻』 新久 千映(著) ゼノンコミックス(徳間書店) 【あらすじ】 村崎ワカコ26歳。 酒呑みの舌を持って生ま...

併せて読みたい記事

『花のズボラ飯 1巻』久住 昌之(著)水沢 悦子(著)コミックス(秋田書店) 【あらすじ】 とにかくかわいい! とにかくおいしそう!...
『孤独のグルメ 1巻』久住 昌之 (著) 谷口 ジロー(作画)SPA!コミックス(扶桑社) 【みどころ】 「ウン うまい」 ...
『やせる味覚の作り方』小倉朋子(著)文響社 【概略】 あなたの思う 「おいしい」は 思い込み かもしれない。 ...