スポンサーリンク

明らかになる霧島の本性と、新キャラ登場で地獄の三角関係勃発!組同士の関係性も不穏な空気…

『来世は他人がいい 2巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社)

【あらすじ】

所詮同じ人間なんだから底が知れてる

とか思ってた。

大阪のヤクザの孫娘・吉乃は、東京のヤクザの孫息子・霧島と

婚約を結ぶことになってしまった。

いざ吉乃の東京生活は始まったが、早速ヤクザの揉め事に巻き込まれてゆく……

しかし霧島は妙に楽しそうだ。

この男、何をたくらんでいる!?

一緒にいたら、いつか地獄に突き落とされるかもしれないーー

でも、こんなところで逃げてたまるか……!

スリルも笑いも加速中!

クレイジーな恋物語。第2巻!!

【みどころ】

「身体中の骨 へし折ったらしいです 」

四六時中霧島と行動を共にする筈が霧島が葬儀に参列するという事で…

構成員の一人に、ドライヤーを買いに送ってもらう吉乃。

車中では霧島の話に。

小さい頃から獰猛な性格だったのか、とある事情から暴力事件を起こしてしまったんだとか。

小学生で、20人相手に身体中の骨をへし折ったという逸話を聞いてゾッとしてしまう…。

どこかで、『所詮は同じ人間』…分かり合えるかも?と思っていた自分の甘さを自覚する。

「お前が死ね!!」

行方不明になったらしい、第三次団体の娘を発見した吉乃。

すぐさま霧島に連絡を取り、自分らのシマではないクラブに潜入してしまう二人。

(構成員ではないとはいえ、無茶するな???)

VIPルームで発見された彼女は攫われた訳ではなく、マフィア相手にイカサマを仕掛けて5億の金を巻き上げ行方を眩まし、翌日には海外へ高飛びする手はずとなっていた。

ただの家出や誘拐ではなく何かがおかしい、、と踏んでいた霧島には見当がついていた様子。

護衛の為につけたヤクザに殴られてしまう吉乃、、

弱い自分と強過ぎる霧島を比較して自己嫌悪に陥るも、こんなところで逃げてたまるか…!」とキレて反撃!

吉乃カッコいい…・:*+.\(( °ω° ))/.:+

「もちろん!」

問題が片付いて、5億もゲット!笑

マフィアとの手打ちで実際には半額ゲット

迷惑をかけた方々へ払い、霧島と吉乃の元へも報酬として一千万円が。

(二人は構成員じゃないのに…?)

全部あげることが自分なりの誠意と擦り寄る霧島に、それは要らないから、ヤクザを一人ぶん殴った時に壊れたドライヤーを買い直したいから付いて来いという吉乃。

少しだけほのぼのするワンシーン?

「だってメッチャ嫌われてるじゃん」

年上のお姉さんから、「アンタは好きかも知れないけど、相手の子は物凄く嫌ってるんじゃない?

と言われる霧島、考えた事なかったのか…?(;`・ω・´)

「みッ…三つ編みしてる…!!?」

離れにあって、施錠もしてあるはずの吉乃の部屋。

夜な夜な気配を感じる…

と思ったら、やっぱり霧島が!!!!!

そして何故か吉乃の髪で三つ編み????

イカれてんなやっぱ…

「しかも いくらでも 吉乃のこと眺められる」

お姉さんに言われた、

怒ってる=嫌われてる

と不安になった霧島は、夜な夜な吉乃の部屋に忍び込んでは寝顔を眺めたり髪を愛でていたっぽい?

イカれてる癖に発想が小学生とかちょい萌え…

怒られたくないんじゃなくて、好きな人の「怒ってない時の顔」も見たいって感じらしい。

好きな人っていうかお母さんに怒られてる小学生男子みたいな発想やな…。

「わかりました また探しときます」

鍵のコピーまでして忍び込んでいた霧島に対し、

「用があるならインターホン鳴らせ」ということで決着した二人。

そこはそれでいいんだ…笑。

そして吉乃サイドの新キャラ登場!

おじさんか強面ばかりだったので、若い上にイケメンは期待出来るけどまあ、みんなヤクザだよね笑

「じゃあ吉乃さんの代わりに俺が深山霧島のこと殺したる」

新キャラは鳥葦翔真と言って、吉乃の家で幼い頃に入ってきた一構成員のようだけど、とっても仲良さげ。

吉乃の部屋にあるアルバムを東京まで届けに来てくれたり、日常的に連絡を取り合っているっぽい?

実家の人間と関わったことで、普段のストレスや愚痴が溢れてしまう吉乃。。

話を聞いている限りでは婚約者である霧島は碌な人間じゃないんじゃ…と思った翔真が、「代わりに殺してやる」と提案してくれる。

彼なりの愛なのか…?

感情が表に出ないので何を考えているかイマイチ読めないけど。。

最後は霧島が吉乃の居所を突き止め、翔真と邂逅し、火花を散らしたところで終了。

翔真は1日だけ東京にきただけなので、翌日には新幹線で京都へ。

その様子を見ている霧島がまた恐ろしい…。

ドロドロしてきました!

【感想】

第3巻、来年の春頃だそうなので、まだまだですね…。

構成の甘さなのか、ちょいちょい矛盾点が気になりますが、概ね面白い!

1巻よりも、それぞれの背景が描かれてきたので少し内容が濃いめになっていますね。

こちらの記事もいつもより画像数が増えてしまいました。

少しずつだけど見えてきた霧島の性格が可愛いと思う反面、吉乃が言うように何を仕出かすか分からないので…側にいるのヤダなぁと思う気持ち分かるかも笑

新キャラ翔真、吉乃を好いてるのかな?

こちらもまだ本心は見せず…

霧島の思惑は単に吉乃と結婚したいだけなのか、そうでないのか相変わらず読めず。

どう転がっていくんだろう、次巻が気になる。。。

既刊リンク

『春の呪い』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、 夏美...
『来世は他人がいい 1巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社) 【あらすじ】 出会ったのは、ヤクザよりも危険な男。 ...

併せて読みたい記事

『二人は底辺』小西 明日翔 (著) ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 主人公の染井吉乃は13歳。 ヤクザの家...
『この愛は、異端 1巻』森山 絵凪(著)ヤングアニマルコミックス(白泉社) 【あらすじ】 儚くも美しい官能物語ーー開幕。 天涯...
『おじさんはカワイイものがお好き 1巻』 ツトム(著) ポラリスCOMICS(フレックスコミックス) 【あらすじ】 イケメンで仕事も...