スポンサーリンク

誰かの為ではなく自分の為に生きる。ーーそれが、呪いへの道であっても。

『春の呪い 2巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社)

【あらすじ】

たとえ、呪い殺されても。

果ては地獄でも。

あなたと二人なら。

亡き妹・春への執着から、

無自覚に冬吾を傷つけていたことを自覚する夏美。

罪悪感に苦悩する中、夏美は「アキ」という名でSNSに綴られていた春の日記を見つけてしまう。

病への不安と共に記された、姉・夏美と

恋人・冬吾への想いはーー。

衝撃のラブストーリー、堂々完結!!

(裏表紙より引用)

【みどころ】

「ふたりとも…周りをよく見てるんだ…」

「春と行った場所を巡る」条件で付き合っていた夏美と冬吾。

デート先が尽きた時、また、それぞれが本当の思いに気付いてしまった事もあり…婚約者だった春への罪悪感から、別れに至る二人。

自分の言動が冬吾を傷付けていた事に後から気付いた夏美は、自己嫌悪からネットを徘徊していたら、偶然妹の春らしきSNSアカウント『アキ』を見つけてしまう。

そこへ綴られていたのは、病気への不安と、姉への思い、冬吾への思い。

夏美も知らない春の生身の感情に、日記を読む手が止まらない…。

「死んだ人間にフられるとは…」

「姉と恋人はお似合いに見える。やがて二人は結婚するかも知れない…」

病に勝てず、恋人と添い遂げる事も出来ない事を悟った春は、

何が何でも二人を引き離したい。

地獄へ道連れにするなら姉を、

恋人だけは生きて幸せになって欲しい、

だから写真だけでも棺の中で一緒になりたい

春の紛れも無い本音だった。

「ーー後ろを振り向くことすらできない」

なぜ、春が死んだ時に冬吾と付き合うのをokしてしまったんだろう?

春のことを本当に思っていればそんな事は出来ないはずなのに。

付き合う前の自分に戻りたい。

冬吾といて、楽しいと感じてしまっていた自分を悔いる夏美。

あんなにも会いたいと思っていた春に、今は顔向けできない…と思いつめてしまう。

「一生許してもらえないのに柊さんと一緒にいても 春のことを思って辛くなるだけだわ」

生きていたら、気持ちを打ち明けたり喧嘩ができるけど、相手はもう居ない…。

春が死んだという事実が夏美に重くのし掛かる。

死をどう受け入れるのか、夏美が母の言葉に何を思うのか…。

言われなくても散々分かりきっていたこと。

冬吾を想っていた頃の春に似てきた夏美。

わずかな変化に気付いた母が、夏美を不幸にしまいと足掻くが…。

「俺は あいつに会いたいのか」

別れた冬吾もまた、苦しんでいた。

立ち止まる気持ちとは裏腹に、新しい婚約者をあてがわれるも、目的を持たない人生への虚しさ、夏美への想いを消せずにいた。

婚約者とのデート中、若い女性が線路に飛び込んだと知り現場に急ぐ冬吾。

まさか、夏美なんじゃ…と焦るさなか、かえって自分が事故に遭ってしまう。

飛び込んだ女性は夏美ではなかった。

冬吾が怪我をしたという報せは夏美の耳へも届いた。

「春だけでなく あの人まで失ってしまったら…」

会うまいと決めていたのに、居ても立っても居られず、冬吾を探し出し病室に駆け込んでしまう。

再び巡りあう冬吾と夏美ーー。

二人の想いは…。

【感想】

スパッと終わってしまったので、もう少し読みたかったかな…というのが本音。

レビューにもそういう意見がチラホラ。

とはいえこの作品の雰囲気大好き。

陰鬱としているのにどこか笑えて、物悲しい。

死人に口なし、死んだ人へ恥ずかしくない、後ろめたい生き方をしていないか?と考える夏美の気持ち分かるなぁ。

何処かで彼/彼女が見ている気がしちゃうんだよね。

夏美が感じる後ろめたさ、罪悪感、呪いのようなものはやがて消えていくんだと思います。

それが成長なのか時間の経過なのか?

誰にも分からない。

正しく生きるより自分たちの思いを優先させた二人。

幸せになって欲しいな。

既刊リンク

『春の呪い』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、 夏美...
『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 妹の思い出を辿るため、...

併せて読みたい記事

『来世は他人がいい 1巻』小西 明日翔 (著) アフタヌーンKC(講談社) 【あらすじ】 出会ったのは、ヤクザよりも危険な男。 ...
『凪のお暇 1巻』 コナリミサト(著)A.L.C.・DX(秋田書店) 【あらすじ】 元手100万、人生リセットコメディ!! ...
『マイホームヒーロー 1巻』山川 直輝(原著)朝基 まさし(著)ヤンマガKCスペシャル(講談社) 【あらすじ】 一人娘の零花を愛する...