小説 感想

アルコールが狂わせた男の一夜、日本で絶滅したはずの(?)密室殺人をコミカルに楽しみませんか?

投稿日:

『ちょっと一杯のはずだったのに』志駕 晃(著) 宝島社文庫 「このミス」大賞シリーズ(宝島社)

【あらすじ】

秋葉原FMの人気パーソナリティの西園寺沙也加(さいおんじ さやか)が殺された。

彼女に最後に会ったのはラジオディレクターで沙也加の恋人でもある矢嶋直弥(やしま なおや)だった。

死体の首には、矢嶋が沙也加から貰ったものと同じネクタイが巻かれており、警察は矢嶋を疑う。

矢嶋は否定するも、泥酔して記憶がない。

さらに殺害トリックを暴けない警察からは「お前が作った密室現場の謎を解け!」と迫られ……。

(裏表紙より引用)

 

【みどころ】

熱いお湯が全身を滴り落ちると、やっと体の震えも落ち着いて徐々に昨日の記憶が蘇る。
(中略)
あっという間に五合の焼酎瓶が二本空いて三本目を頼んだはずだ。
しかし、その後の記憶が曖昧だった。
いや、曖昧というよりも、きれいさっぱり覚えていない。
そのままタクシーに乗って家に帰ったか、それとももう一軒行ったのか……。
(本文p5より引用)

『秋葉原FM』でラジオディレクターを務める八嶋 直弥は29歳独身。

矢嶋の恋人である、西園寺 沙也加は6歳年上で、億単位で稼ぐ人気漫画家。

文化人としても成功を収め、ラジオ内でも人気の『西園寺沙也加のミステリーナイツ』という番組を任される、ラジオパーソナリティでもあった。

矢嶋は日頃からかなり飲んでは記憶を無くす癖があり、この日も自宅の玄関で目を覚まし凍えてしまう始末…

 

12月のある日、生放送があるにも関わらず、ギリギリになっても沙也加が現れない。

本業が漫画家であるため、作業が深夜まで及ぶこともあり…

沙也加の遅刻は番組が始まって以来4回目だったのでもう驚く関係者はいない。

ディレクターである矢嶋が、放送局からほど近い沙也加の自宅まで起こしに行くことに。

 

「西山さーん。矢嶋さんが来ましたよ。ラジオの生放送の時間ですよ。遅刻しますよ」
森はどんどん廊下を進み、正面のリビングに続くドアを開けた。
矢嶋もすぐに森を追って、暗い廊下を足早に進んだ。
(中略)
そこはかとない異臭がするのが気になりつつも、矢嶋は壁にあるスイッチを入れた。
天井の灯が一瞬にして部屋を照らす。
(中略)
「沙也加」
リビングの床の上には、変わり果てた西園寺沙也加こと西山沙綾の白い死体がうつ伏せに横たわっていた。
(本文p21より引用)

矢嶋は管理人の森に頼み、西園寺沙也加(こちらはPNで本名は西山沙綾)の部屋のスペアキーで中に入らせてもらう。

二人で部屋の中へ進んで行くと、思いも寄らない事態に。

 

遅刻ではなく沙也加は殺されていた。

 

しかも思わず抱き起すと、彼女の首には見慣れたネクタイが…。

それはかつて、沙也加が矢嶋に贈ったものだった。

なぜ、今、これがこの場所に???

 

「矢嶋さん。ひょっとして矢嶋さんは酩酊して沙也加さんを殺害した挙句、その記憶を無くしてしまったんじゃないですか」
まさか、そんなことがあるだろうか。
「いや、確かに酔っ払って記憶は曖昧ですが、そんなことをしていたら、さすがに覚えているでしょう」
(本文p86より引用)

知人の弁護士である兼田に、恋人の殺害容疑を掛けられていることを相談する矢嶋。

  • 沙也加が殺された日に矢嶋は訪問している
  • その後に部屋に入った者はいない
  • 数日後、第1発見者は矢嶋と管理人の森
  • 遺体に巻き付けられたネクタイは矢嶋のもの

以上から、警察の捜査は矢嶋に迫ることに。

 

これらをひっくり返す証拠や人物が出てこないこと、矢嶋自身に当日の記憶が泥酔状態から無いことからかなり積んだ状態に。。

ひとつ謎が残るとすれば、彼女が殺された部屋は玄関の鍵が施錠された『密室』であること。

警察から見れば矢嶋は十分にアヤシイ。

しかし、『密室殺人』が成り立ってしまっているので、彼も警察もこれを瓦解出来ない。

 

窮地に立つ彼に、沙也加の顧問弁護士であった手塚が味方につき、共に密室殺人の謎を1から解いて行く。

 

誰が沙也加が殺したのか?

矢嶋が泥酔した日に、沙也加が彼に伝えたかったことは?

沙也加の残した遺言のテープの真相は?

 

コミカルなミステリーを是非!

 

【感想】

マイホームヒーローで、すっかりミステリーにはまりました笑

小説はほとんど読んだ事がないのに、いきなりミステリーはハードル高いかなぁと思ったけど、初めての自分にも本作品は、

  • 魅力的な登場人物
  • 状況説明
  • 謎について

などなど分かりやすくて、ミステリー小説第一歩?にぴったり!とっても面白かったです・:*+.\(( °ω° ))/.:+

日常で面白い作品に浸れる時間が本当に楽しくて、スキマ時間に心地よい海に浸かって潜ってはまた上がる(やるべき事をやるなど)ように楽しめました♫

 

…警察の取り調べが割と強引なのが今回得た知見で…実際の警察もこんな感じなのでしょうか?

やってもいない犯罪について自白を強要されそうな機会がもしあっても、自分の行いを貫きたいと強く思いました(`・ω・´)

向こうは仕事の一環だろうけど、こっちは人生かかってますからね笑

 

今回新刊棚でこちらを手にしました、前作の『スマホを落としただけなのに』も、気になるので読んでみようと思います♫

映画化も今年の冬にされるそうですね・:*+.\(( °ω° ))/.:+

 

 

併せて読みたい記事

親として、あなたならどうする?知略と殺意の純愛物語

絶世のブス!?ハートはいい女度高めな痛快お仕事小説!

生きる目的を見出せないエリートと、最愛の妹を失った姉の、形式上の恋愛関係

 

↓応援よろしくお願いします!

人気ブログランキング
↓ブログ村もやってます!
にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村







-小説, 感想
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

夫婦のターニングポイント? 人を愛するって難しくておもしろい

『ラララ3巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス)目次1 『ラララ3巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス)1.1 【あらすじ】1.2 …

一緒にいる事で自分が変われる、強くなる。そんな結婚が一番理想的♫

『ラララ 4巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス)目次1 『ラララ 4巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス)1.1 【あらすじ】1. …

一年半のシェアハウス、ついに終幕! 癒しの日々をありがとう♫

『ストレッチ 4巻』 アキリ(著)ビッグコミックスペシャル(小学館)目次1 『ストレッチ 4巻』 アキリ(著)ビッグコミックスペシャル(小学館)1.1  【あらすじ】1.2 【みどころ】1.3 【感想 …

ひたむきな片思いはやがて相手を揺り動かす、ーー誰にどう思われても

『恋は雨上がりのように 2巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館)目次1 『恋は雨上がりのように 2巻』 眉月じゅん(著)ビッグコミックス(小学館)1.1 【あらすじ】1.2 【みどころ】1. …

生きる目的を見出せないエリートと、最愛の妹を失った姉の、形式上の恋愛関係

『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社)目次1 『春の呪い 1巻』小西 明日翔 (著) IDコミックス ZERO-SUMコミックス(一迅社)1.1 …

ポエリ
さいたま在住、一児の母
更新はいつも子どもの寝た時間に…
好きなことは家族とのんびり過ごす休日
近況メモ:
子どもの写真で画像フォルダがいっぱいになる

プロフィール詳細