スポンサーリンク

【ネタバレ有り】あっさり終了したちえと月美の友情w 今も昔も、野心メラメラなまなみに、ちえは…!

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館)

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3

【あらすじ】

頑張らなくていい生活って、ラク…。

可愛い親友、引き立て役の私。

そんな生活からようやく解放されたけど…!?

勝つために手段を選ばない、あざと可愛いまみりこと、親友ちえのドロ沼友情物語最高潮!

「ゴミ屋敷とトイプードルと私」(池田ユキオ)

「#負け組女子会」第3話!

(この本の情報 より引用)

☆2話おさらい

引き裂かれた初恋の真実はヤリサーの彼!?

ずっと続くと思っていたまなみとの腐れ縁、一方的に切られたと思ったら突然のアイドルデビュー宣言!

モラトリアム真っ只中のちえは…?

『ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 2』池田ユキオ(著)ワケあり女子白書(小学館) 【あらすじ】 いつ...

【みどころ】

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3(小学館)

『わかってる。』

まなみから、

アイドルデビューのおしらせ☆

を急にもらったちえ。

高校卒業以来、まなみと連絡することも会うことも出来なかったちえにとって、無視してもいいはずの連絡…。

だけど忘れることの出来なかった彼女の存在を、確かめずには居られない!

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3(小学館)

『まなみはたった1人だった。』

なんでか付いてきた月美w

小さなライブハウスに現れたまなみは、他のグループと違ってたった一人で活動している模様(キャッチコピーは”ぼっちのフリーアイドル”笑)

フリーアイドルのため、メイク、衣装、歌のすべてをセルフプロデュース。

月美いわく、『フリーっていうか野良?』だそうな笑

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3(小学館)

『イタイ。イタイよ、まなみ。』

歌も衣装もスカスカの客席も、これが今のまなみの実力

と思うと、痛々しくて見ていられなくなってしまうちえ…(なんか分かる)。

近くで見ると相変わらず可愛いけれど、専門学校の授業で関わったモデルや東京の街中で見かけた芸能人と比べると案外普通?と、思い出が美化&補正されていたことに気付いてしまう。

ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3

池田ユキオ:ゴミ屋敷とトイプードルと私 #負け組女子会 3(小学館)

『だからね、もう誰にも頼らないって決めたの。』

舞台後の握手会で判明したぼっちの所以。

少し前までアイドルグループに所属していたが、その事務所がブラックのため、賃金や待遇に盾着いたところ、地方ツアー移動中の山中に置き去りにされたんだとか!(実話っぽいなこれ)

まなみがしゃがみ込んでる山中にクマや野良犬がいるのがメルヘンでちょっと可愛い笑

描かれているのがツキノワグマとすると本州~四国あたりのツアー?

地方と表現しているから関東地方では無さそう、まなみの衣装から見るに東北の可能性は薄そう。

手酷い扱いを受けたことから、かえって野心を燃やしたまなみ。

こういう経験から心折れないところがまなみっぽい!