スポンサーリンク

38歳超美人・ミサさんの正体は精子泥棒! 純情な玲於奈は時すでに遅く彼女に溺れる…

『あいだにはたち 2巻』 さおとめ やぎ(著)モーニングKC(講談社)

【あらすじ】

大学院生の兄の名前を騙り、38歳の超美人・ミサさんとセフレになった男子高校生・高江玲於奈。

だが、嘘をついていたのは彼だけではなかった。

ミサさんは優秀な遺伝子をモノにしようとする精子泥棒だったのだ……。

ミサさんの目的に気づく訳もない玲於奈に、兄バレの危機、そしてミサさんの昔の男(?)出現と、次々に難題が降りかかる……!

歳の差20歳、体と嘘が重なるラブ・テラー!

(この本の情報 より引用)

【みどころ】

さおとめ やぎ:あいだにはたち 2巻(講談社)

『ここの大学の学生に…成りすましてます…』

ミサさんに、『デートしよう!』と、セフレを一歩超えた(?)

提案をされたと思ったら、

【玲於奈が通っている(と騙っている)大学で学食を食べたい】とのことだった。

ミサさんへの想いが募る玲於奈の質問攻めを避けるため、妊娠できるまで心と体を繋ぎ止めるための、ミサさんの巧妙なテクニック。

兄・一作が本当に通っている大学なので、目立った行動は避けたい玲於奈だったが、

兄の知り合いに見つかり、自然と兄にも潜入していることがバレてしまう…。

そして、年齢を偽っていること、大学に通っているという嘘をついて生きていることを兄に説明することに。

当然、彼女(?)がいることも知られてしまう。

万事休す感あるけれど、一作は玲於奈の味方な筈だから、知られた方が心強いはず…!(少なくとも親とかに知られるよりはいい)

さおとめ やぎ:あいだにはたち 2巻(講談社)

『本気で子供が欲しい だからあなたとはもう本当に終わり』

ミサさんのことは、実は以前顔を見たことがある一作。

大学内でのデート終わりの彼女を尾行していくと、子ども服を選んでいる姿が。

そこから=ミサさんは既婚者では?と推測し玲於奈に告げる。

玲於奈が、彼女の名前と年齢以外何も知らないことも不審がって、身元を暴いてくれるらしい笑

ミサさんが、年上でエッチな独身のお姉さんなだけだと思っていた玲於奈はショックのあまり尾行……そして彼女のマンションで郵便物のチェック。

そこには、【伊佐美 賢司】と書かれた郵便物が……???

郵便物を取っていたのはミサさんの夫(別居中?)で、二人はまだ一応婚姻関係にあるのかな?

現時点では不明(`・ω・´)

さおとめ やぎ:あいだにはたち 2巻(講談社)

『知らず知らずのうちに僕は間男に…』

ミサさんのポストから郵便物を抜き取ったイケメンのスペックを調べる玲於奈。

親が開業している動物病院の獣医師で、年齢は36歳。

整った顔立ちに申し分の無い経歴、

かたや自分はただの高校生(しかも未成年)。

リングにも上がれないスペック差に打ちのめされ、一作に言われた

『慰謝料請求されるかも』

『今からそんな境遇で社会的に(進学とか)大丈夫か』

という言葉も気になって、ミサさんとの交際に暗雲立ち込める……!

さおとめ やぎ:あいだにはたち 2巻(講談社)

『バレたらしょうがないね』

関係に集中できない玲於奈は、次の逢瀬のタイミングでミサさんに疑問をぶつける。

本当のところは、関係はとっくに破綻していて、

でも家族の欲しいミサさんは、優秀な遺伝子のもと子供をもうけることに固執している…ということらしい。

本名、素性、恋人との関係などをこれ以上探られたくない彼女は、

さらなる嘘をつくことで玲於奈の詮索を回避する。

その嘘によって、【ひとつ真実を話してくれた】と感じた玲於奈。

いつか自分も、【本当は18歳の高校生】であると伝えなければ…と思い至る。

噛み合っているようでずれている二人の嘘と真実。

うーんこのギリギリ感好きや(`・ω・´)

さおとめ やぎ:あいだにはたち 2巻(講談社)

『それは精子の若さ…』

同棲を解消している筈の賢司から、『精子提供してもいいよ』との申し出。

一緒にいる間、何年も徹底的に避妊され拒まれ、最終的にはセックスレスになり破綻したはずの二人。

認知はしないが、『気持ちいいならしてもいい』とのクソのようなコメント笑

賢司のスペックを考えると魅力的な提案だけれど、より精子(肉体)が若い玲於奈に軍配が上がる!

この二人のやりとりではっきりしたけど、夫婦じゃなくてこれただの恋人だ。

ミサさんの本名は大場望美、恋人は伊佐美賢司。

マンションは彼名義、ミサさんが旧姓に戻したとは考えにくい…。

さおとめ やぎ:あいだにはたち 2巻(講談社)

『え!?』

9月の時点で模試がC判定の玲於奈…。

ミサさんと付き合い始めてから堕落の一途を辿り、【大学生であるということが嘘になりかける】プレッシャーの募る中、

通学路の帰り道に出会った二人!?

白衣を着ているミサさんは、学校の飼育施設などを往診する獣医。

玲於奈が高校生とバレた!?

一触即発の危機を乗り越えられるのか?

ミサさん…!

【感想】

2巻目やっと買いました!

ミサさんの素性が少し分かって、恋人の存在や兄ちゃんの活躍など、二人の周辺が賑わってきましたね~めちゃおもしろ!(`・ω・´)

玲於奈以上に真面目かつ硬派なお兄ちゃんが好きです笑

言葉遣いも武士みたいでかっこいい笑

ミサさんが思った以上に悪女で、精子提供に固執していることが分かったわけですが…

妊娠したあとは本当に何もかも終わりにするのか・できるのかなぞです。

今このお話がどんなふうに進んでいくのか本当に楽しみ!

今日もお読みいただきありがとうございました!

だいぶ間が開いてしまいすみませんでした(>_<)

既刊リンク

『あいだにはたち 1巻』 さおとめ やぎ(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 高校3年生の夏。 受験勉強に励む18歳の男子...

併せて読みたい記事

『二人は底辺』小西 明日翔 (著) ZERO-SUMコミックス(一迅社) 【あらすじ】 主人公の染井吉乃は13歳。 ヤクザの家...
『ゆうべはお楽しみでしたね 5巻』金田一蓮十郎(著)ヤングガンガンコミックス(スクウェア・エニックス) 【あらすじ】 ついにゴローさ...
『エロスの種子 1巻』もんでんあきこ(著)ヤングジャンプコミックス(集英社) 【あらすじ】 ”エロス”ーー理屈や理性では計れない、人...
『深夜のダメ恋図鑑 1巻』尾崎 衣良(著)フラワーコミックスアルファ(小学館) 【あらすじ】 「俺は可愛くもないババアのATMになる...
『美魔女の綾乃さん 1巻』相原 瑛人(著)モーニングKC(講談社) 【あらすじ】 綾乃39歳、主婦。 美しくて、優しい綾乃さん...